その49 蛭ヶ岳(別称:薬師岳) ~折花姫~

場所:神奈川県相模原市緑区、足柄上郡山北町 蛭ヶ岳(標高 1672.7m)
☆日本百名山 丹沢山地の最高峰
☆神奈川県の最高峰

【消費アイテム】
カップメン 1個
ハートのチョコ 3個
水 1L
アクエリアス 500ml
カイロ 3コ

【装備アイテム】
ゲーター
軽アイゼン

≪ミッション≫
全国の山に登ってみよ~!(5/47)


【登山ログ】
2014年1月12日(日) 晴れ
蛭ヶ岳に登らせて頂きました。

6:45 林道ゲート
国道413号から東野バス停を曲り集落を抜けると一つ目のゲートがあります。
その先に数ヵ所の駐車スペースと二つ目のゲートがありますが
二つ目のゲートは、朝が早いと閉まっているようなので車で入る事ができません。

7:17 登山口
蛭ヶ岳01
舗装された林道を30分ほど登ると、左手に『東海自然歩道サブルート』の登山口があります。
一礼をして入山しました。

蛭ヶ岳02
山の斜面から横に伸びた霜です。
→こんな風に伸びる霜は始めて見ました。

蛭ヶ岳03
木橋から滑り落ちそうで、ちょっと恐かったです。

蛭ヶ岳04
少し登った所で振り返ると、とても良い景色でした。

蛭ヶ岳05
このひと登りで尾根道に出ます。

蛭ヶ岳06
尾根に上がれば『姫次(ひめつぐ)』と言う場所まで平坦な道です。
→とても気持ち良く歩けますよ。

蛭ヶ岳07
木道も整備されていますが、雪があると滑りそうです。

蛭ヶ岳08
これまで歩いてきた山々と変わらないのに、、、

蛭ヶ岳09
雪があるだけでこんなにも綺麗です。

蛭ヶ岳10
コゲラです。
『カンカンカン』と大きな音を立てて木をつつきます。
→餌となる虫でも探しているのかな?

9:30 姫次
蛭ヶ岳11
とても見晴らしの良い『姫次』に到着です。
ここにはベンチもあります。

蛭ヶ岳12
『姫次』からは下りになりアップダウンが続きます。

蛭ヶ岳13
奥に少しだけ見える山が目的地の『蛭ヶ岳』です。
→まだ遠いなぁ

蛭ヶ岳14
途中、木段が整備されていますが油断できません。

蛭ヶ岳15
いよいよ目の前に『蛭ヶ岳』が見えてきました。
→ここからの登りはキツかったです。

蛭ヶ岳16
山頂にある『蛭ヶ岳山荘』が見えてきました。

11:00 山頂
蛭ヶ岳17
少しガスってしまいましたが山頂に到着です。
雲が無ければ360度の展望がある素晴らしい山頂でしょう!

蛭ヶ岳18
ガスが消えたので、隙を突いて富士山を撮影しました。

蛭ヶ岳19
少し西側には南アルプスが一望できます。

蛭ヶ岳20
富士山と南アルプスです。
雲取山では、この景色を一枚の写真に収めるが出来なかったなぁ。

蛭ヶ岳21
そして、念願だった樹氷です。

蛭ヶ岳22
青空の下、樹氷が映えます。

蛭ヶ岳23
今回、富士山を眺めながら食べたのはコレ!『八王子ラーメン』です。
中央自動車道『石川PA』で購入、美味しく頂きました。

蛭ヶ岳24
1時間ほど景色を堪能して下山しました。
ちょっとガスって来ましたが、こう言う風景も好きです。

蛭ヶ岳25
少し下ると、また晴れてきました。
百名山である丹沢山地の山々が見渡せました。

蛭ヶ岳26
『姫次』への登りです。
→この登り返しもキツかったです。

13:25 姫次
蛭ヶ岳27
『姫次』から『袖平山(そでひらやま)』方面へ少しだけ歩きました。

蛭ヶ岳28
開けた場所があったので休憩しました。
とても静かで、サラサラと草が風になびく音だけが聞こえました。
→やはり山は静かな方が良いです。

蛭ヶ岳29
今回は『袖平山』へは行かず下山しました。

14:24 八丁坂ノ頭分岐
蛭ヶ岳30
帰りは、来た道と別のルートで下山しました。

蛭ヶ岳31
山の向こうに街並みが見えました。

蛭ヶ岳32
地図にも書いてありましたが、このルートはかなり急坂です。

蛭ヶ岳33
治山工事の為に設けられたモノレールの下を潜ります。

蛭ヶ岳34
このコースに一箇所だけあるベンチです。
この先は山腹を巻いて、最後の急坂があります。

16:00 林道ゲート
蛭ヶ岳35
途中でコースを見失ってヒヤっとしましたが、直ぐに林道を見つけて無事に下山しました。
一礼をして出山しました。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

その48 雲取山 ~森羅万象~

場所:東京都西多摩郡奥多摩町、山梨県北都留郡丹波山村、埼玉県秩父市 雲取山(標高 2017.1m)
☆日本百名山が一山
☆東京都の最高峰

【消費アイテム】
カップメン 1個
おまんじゅう 1個
お菓子 1袋
水 1L
アクエリアス 500ml
カイロ 3コ

【装備アイテム】
ネックウォーマー
ゲーター
軽アイゼン

≪ミッション≫
全国の山に登ってみよ~!(4/47)
≪ミッション≫
危険な山歩き2
→雪山を歩いてみよう!転ばないで無事に下山できるかな?


【登山ログ】
2014年1月7日(火) 晴れ
雲取山に登らせて頂きました。

2014年 元日、既に多くの登山者が山頂で初日の出を拝み喜びの声を上げたことでしょう。
年が明けて1週間、遅ればせながら今年初の山登りへ行ってきました。

さぁ~2014年の山登りを始めよう!

6:45 鴨沢バス停付近の駐車場
雲取山01
空が白み始める頃、駐車場を出発しました。
※駐車場にはバス停、トイレ、自動販売機があります。

6:58 登山口へ続く道
雲取山02
一礼をして入山します。

7:16 登山口
雲取山03
あれ?この辺にも駐車スペースあったんですね。

雲取山04
朝日の眩しさの中を歩きました。
雪が無いように見えますが、足元は凍っていました。

雲取山05
しばらく歩くと、うっすらと雪がありました。

雲取山06
橋の先で落石が…危なかったぁ~(゚Д゚;)ノ!!

場所は、七ッ石小屋の分岐から左に雲取山方面へ進んだ先の橋です。
※チョットした落石だったので道が塞がれた訳ではありません。

雲取山07
しだいに雪も多くなってきました。

9:49 ブナ坂
雲取山08
ここの道は、とても気持ちよく歩けました。

雲取山09
山登りをやっていて良かったと思う瞬間です。もぉ~最高です。

雲取山10
左を見れば富士山が見えます。

雲取山11
そして南アルプスも見えます。

10:14 奥多摩小屋
雲取山12
ここでアイゼンを装着、15分ほど休憩しました。

雲取山13
小雲取山への登りかな?この坂はキツかったです。
アイゼン装着して正解でした。

雲取山14
青空の下の雪道は、本当に気持ちが良かったです。

雲取山15
山の上に小屋が見えてきました。
ゴールまでもう少し!

11:18 雲取山避難小屋
雲取山16
わりと綺麗な小屋です。外にトイレもあります。

【注意】
トイレについて、冬期は大便禁止です。(貼り紙がありました)

雲取山17
小屋から少し登ると山頂です。

11:21 雲取山(標高 2017.1m)
雲取山18
山頂に到着!おぉ~見晴らしが良いですね~

雲取山19
やっぱり富士山はアップで撮りたいですよね。

雲取山20
南アルプスも見えますが手前の山がチョ~ット邪魔かなぁ~
しかも空には『×』って雲があります。でも僕的には『○』です。

雲取山21
木々の間から見える白い山は浅間山ですかね。

雲取山22
山頂で景色を堪能した後、小屋へ下りてメシにしました。
富士山を眺めながらカップ麺です。
→普段はカップ麺を食べませんが、この日のカップ麺は最高に美味かったです。

雲取山23
1時間ほど景色を堪能して下山しました。

雲取山24
雪があると山って素敵です。

雲取山25
正面に富士山を見ながら下りました。

雲取山26
続いて正面に見えるのは七ッ石山です。
あのピークを目指し歩きました。

雲取山27
とてもキツイ登りです。
→ここ『奥多摩三大急登』に入れても良さそうですね。

13:35 七ッ石山(標高 1757.3m)
雲取山28
雪だるまがお出迎えしてくれました。

雲取山29
しばらく景色を堪能して下山しました。

13:43 七ッ石神社
雲取山30
どぉーしちゃったんでしょう?左に傾いています。

13:55 七ッ石小屋
雲取山31
只今トイレの建設中でした。

雲取山32
あれ?雪が無い…

雲取山33
っと思ったら、また雪がある。
→こんな時、アイゼンを外した方が良いか迷います。

15:51 登山口へ続く道(出口)
雲取山34
一礼をして出山しました。

Mission Complete

続きを読む

テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

新年のごあいさつ

つちゆ2014
2014 元旦 福島県/つちゆ

あけまして おめでとうございます。

☆☆☆ブログを見に来て頂ける皆さんへ☆☆☆

いつもブログをご覧いただきまして、ありがとうございます。
今年もよろしくお願い致します。

いよいよ2014年の年が明けました。
今年は、3つの目標を立てたいと思います。

1.雪山にチャレンジ
2.高山にチャレンジ
3.登山レベル20となり初心者から一般登山者へ
※このレベルと言うのは、当初は「ブログを楽しんで書こう」と思い遊びで付けていたのですが
 今は真面目に考えています。
 自分なりに厳しい設定を儲け、現状(自分自身の状態)に即していると思います。

皆様も思い思いに山を楽しめるよう願っています。
また、ハイカー以外の方においても、素晴らしい発見があると良いですね。

希望が叶わなかったり、先に進む事が出来ない時でも
その希望を諦めず共に上を目指していけたらなっと思います。


世界は この雲の向こうにあるって信じてる

テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

オニオン/

Author:オニオン/
【ステータス】
登山歴5年
・登山クラス:一般ハイカー
・Lv.20 堕落したハイカー
→もはや観光ハイカーになってしまった・・・
・経験値(登った山数) 200
・アルプス(縦走) 3
・スキル(習得した知識) 41
・満足度(トータル)975
→満足度10000達成で何かが起きる!?

【進行中ミッション】
1.全国の山に登ってみよ~!(11/47)
青森県-岩木山
秋田県-秋田駒ケ岳
徳島県-剣山
東京都-雲取山
神奈川県-蛭ヶ岳
岩手県-岩手山
栃木県-日光白根山
茨城県-八溝山
宮城県-蔵王 屏風岳
埼玉県-三宝山
高知県-三嶺

2.日本のアルプスを歩いてみよう!(3/X)
栃木県-宇都宮アルプス
埼玉県-長瀞アルプス
兵庫県-須磨アルプス


にほんブログ村

カレンダー
12 | 2014/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる