その55 大持山と子持山 ~鎌倉武士の鑑~

場所:埼玉県秩父郡横瀬町、秩父市 大持山(標高 1294.1m)、子持山(標高 1269m)、横倉山(標高 1197m)

【消費アイテム】
おでん缶(こてんぐ)1缶
ハートのチョコ 2個
ポカリスエット 1L
ボイル用水 500ml

【登山ログ】
2014年4月15日(火) 晴れ
大持山、子持山、横倉山に登らせて頂きました。

7:48 妻坂峠登山口
大持山子持山01
山中林道の終点には4台ほどの駐車スペースがあり、登山道の入口もそこにあります。
一礼をして入山します。

大持山子持山02
日の当たらない山の斜面には、まだ雪が残っていました。

大持山子持山03
登山道にも雪が残っていました。
雪で登山道が見えなくなっていて迷ってしまい20分ほどのロスタイムです。

8:44 妻坂峠(標高 839m)
大持山子持山04
ここはかつて秩父と鎌倉を結ぶ『鎌倉街道 山の道』として栄えた峠です。
武将 畠山重忠が鎌倉へ行く時は、いつも愛妻がこの峠まで見送りに来たと言う伝説から『妻坂峠』と名付けられたとか。

大持山子持山05
『妻坂峠』からは暫く急坂が続きます。

大持山子持山06
急坂を越えると穏やかな山道になります。

大持山子持山07
春の陽気に小鳥がさえずります。

9:37 大持山分岐
大持山子持山08
ここは、とても見晴らしのよい場所です。
→後ほど紹介します。

9:46 大持山(標高 1294.1m)
大持山子持山09
『大持山分岐』から10分ほどで山頂に到着しました。

大持山子持山10
木々の間から展望が開けています。

大持山子持山11
続いて『子持山』を目指しました。
この枯れ木の場所もビューポイントです。
→後ほど紹介します。

10:20 子持山(標高 1269m)
大持山子持山12
『大持山』から細尾根の岩場を30分ほど歩いて山頂に到着しました。

大持山子持山13
南側に望む武甲山は本来の姿をしています。
→北側から見ると石炭岩の採掘の為、山は削られています。

大持山子持山14
来た道を戻り『大持山分岐』を目指しました。

大持山子持山15
ここは枯れ木のビューポイントです。
中央に見えるギザギザした山は、名峰 両神山です。

大持山子持山16
とても素晴らしい景色です。

大持山子持山17
カタクリです。
所々ですが咲いていました。

11:00 大持山分岐
大持山子持山18
『大持山分岐』に戻ってきました。

大持山子持山19
素晴らしい風景なので、ここでおやつタイムにしましょう。

大持山子持山2
おでん缶(こてんぐ)
アキバ名物としてブームの先駆けとなった東京 秋葉原『チチブ電機』のおでん缶です。
串がついていて食べやすいですよ。

大持山子持山21
1時間ほど景色を堪能して下山しました。

12:00 横倉山(標高 1197m)
大持山子持山22
『大持山分岐』から10分ほどで到着しました。

大持山子持山23
穏やかな山道をゆっくりと進みました。

12:18 ウノタワ
大持山子持山24
開けていて気持ちの良い場所、かつて池があったそうです。

【注意】
こう言う開けた場所では、次に進む場所が分からなくなります。
横倉林道へ進むには、ウノタワに入って10mほど進んだら左側を注意して見て下さい。
『白い看板』が見えますので、その看板を目指して進んでください。

大持山子持山25
毒草 ハシリドコロです。
誤食すると嘔吐や筋肉の痙攣の後に昏睡状態になり、死亡する確率が高い猛毒植物です。
名前の由来は根茎が同じ有毒植物のオニドコロと似ていて、誤って食べると狂乱して走り回ることから付いたとか。

大持山子持山26
アズマイチゲです。

大持山子持山27
残雪の沢道は、沢に滑り落ちそうで怖かったです。

13:14 ウノタワ入口
大持山子持山28
一礼をして出山しました。

14:20 道の駅『果樹公園あしがくぼ』
大持山子持山29
サクラです。
下山後は『道の駅 あしがくぼ』で遅めの昼食、お花見もしてホノボノです^^

15:10 山の花道
大持山子持山30
サクラ越しの武甲山です。
美しい風景だなっと思いました。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

その54 赤城山(地蔵岳から長七郎山)~白い山ふたたび~

場所:群馬県前橋市 地蔵岳(標高 1673.9m)、長七郎山(標高 1578.9m)、小地蔵岳(標高 1574m)
☆日本百名山
☆花の百名山
☆新・花の百名山
☆群馬百名山
☆上毛三山

【消費アイテム】
ハートのチョコ 2個
アクエリアス 1L

赤城山は10以上ある山々の総称です。
その中でも今回は小沼と大沼が一望できる地蔵岳から長七郎山を歩きました。

→2013年6月30日 赤城山(荒山と鍋割山) 登頂

【登山ログ】
2014年4月7日(月) 晴れ
赤城山(地蔵岳、長七郎山、小地蔵岳)に登らせて頂きました。

7:25 登山口
0407赤城山01
登山口の前にある駐車場に車を止め入山しました。
一礼をして入山します。

0407赤城山02
朝日の中、微かな踏み跡を頼りに登りました。
雪質は固く歩いていても沈む事はなかったです。

0407赤城山03
新坂平分岐を過ぎて暫く登ると地蔵岳山頂のパラボラアンテナが見えてきました。

0407赤城山04
遠くを見渡すと一筋の白い線が見えました。
まだ雪深い山々は赤石山脈や八ヶ岳だろうか。

8:10 地蔵岳(標高 1673.9m)
0407赤城山05
この日は北風がとても強かったです。

0407赤城山06
地蔵岳の名に相応しくお地蔵さんが並んでいました。

0407赤城山07
地蔵岳のシンボルであるパラボラアンテナです。
右側のアンテナはNHKのアンテナ、球体は国土交通省のアンテナです。

0407赤城山08
大沼と赤城山最高峰の黒檜山です。

0407赤城山09
黒檜山の左側に見えるのは飛騨山脈だろうか。
今日は、この素晴らしい景色を独り占めできました。

0407赤城山10
40分も山頂の景色を堪能して、次に長七郎山を目指しました。

0407赤城山11
小沼と小地蔵岳(左側)、長七郎山(右側)です。

0407赤城山12
地蔵岳を下る途中で振り返ると真っ青な空が広がっていました。

0407赤城山13
小沼の湖畔を歩きました。

9:28 小沼[コノ](標高 1450m)
0407赤城山14
1周が約1km火口湖の小沼には『龍女伝説』と言う悲しい伝説があるそうです。
→それにしても写真がチョット左に傾いたなぁ。
こう言う広い場所を撮影する時は平衡感覚が無くなるんですね。

9:45 小沼平分岐
0407赤城山15
正面に見える案内板から右に進みました。

0407赤城山16
気が付くとコースを外れた雪の上を歩いていました。
危うく左側の崖に落ちるところでした。

10:07 長七郎山(標高 1578.9m)
0407赤城山17
何もない山頂、360度の展望が楽しめます。

0407赤城山18
遠く桐生市の街並みが望めます。

0407赤城山19
こちらは荒山です。

0407赤城山20
さっきまでいた地蔵岳です。

0407赤城山21
北側は黒檜山、その右奥に見えるのは皇海山でしょうか。

0407赤城山22
来た道を戻り、今度は小地蔵岳を目指しました。

0407赤城山23
もう少しで小地蔵岳の山頂です。

10:51 小地蔵岳(標高 1574m)
0407赤城山24
どこが山頂か分かりませんが、多分この辺でしょうか。

0407赤城山25
さっきまでいた長七郎山です。

0407赤城山26
続いて『覚満淵』を目指して歩きました。

11:44 聖地 赤城公園(鳥居峠 付近)
0407赤城山27
広い駐車場のような場所でした。

0407赤城山28
聖地から望んだ山間の景色です。

12:07 覚満淵[カクマンブチ](標高 1366m)
0407赤城山29
小さな尾瀬とも呼ばれている覚満淵は、夏には植物の宝庫になるそうです。

0407赤城山30
しかしナゼここの水は凍っていないのか不思議でした。

12:20 県立赤城公園ビジターセンター
0407赤城山31
月曜日は休館日のようです。

12:30 風の庵
0407赤城山32
山菜天ぷら蕎麦

薪ストーブがあり雰囲気の良いお店でした。
この日の気温は-5度、薪ストーブの温もりが心地よかったです。

13:28 大沼[オノ](標高 1350m)
0407赤城山33
1周が約4kmカルデラ湖の大沼、この時期は氷上ワカサギ釣が楽しめるそうです。
凍りついた湖の上に始めて立ってみました。
→ドキドキしました。

0407赤城山34
大沼の湖畔を歩きました。
→木の内側を歩けば湖に落ちる事はないでしょう。

0407赤城山35
一礼をして出山しました。

続きを読む

テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

その53 大平山 ~桜まつり~

場所:埼玉県比企郡嵐山町 大平山(標高 178.9m)

【消費アイテム】
アクエリアス 500ml

今回は、ここのブログを見に来てくださる方の記事を参考にさせて頂きました。
山頂には桜の木があるようで『春に行けば桜の花が見られるかな』と思い奥武蔵の大平山に挑みました。
※大平山(オオヒラヤマ)=地元の方は、オオビラヤマと言う。

【登山ログ】
2014年4月2日(火) 晴れ
大平山に登らせて頂きました。

9:25 東武東上線・武蔵嵐山駅(ムサシランザンエキ)
大平山01
正面に見えるのが大平山です。
※駅から大平山までは、30分程度歩きます。

10:16 千手院
大平山02
千手院では、地元の方が談笑していて和やかな雰囲気でした。
それにしても、なかなか見事な枝ぶりの桜だなっと思いました。

大平山03
この見事な花の咲き方は、ソメイヨシノでしょうか。

大平山04
やはり桜は美しいです。

10:30 六地蔵
大平山05
登山口は千手院の手前にある六地蔵の向かいです。
一礼をして入山します。

大平山06
少し登ると木段となり、この木段を登りきれば山頂です。

10:40 山頂
大平山07
山頂は地味ですが、ベンチや案内板などもあり整備されています。

大平山08
木々の間から東側に展望があります。

大平山09
上を見上げると山桜が咲いていました。

大平山10
ミツバツツジでしょうか?

大平山11
しばらく山頂の雰囲気を堪能して下山しました。

大平山12
東屋があり、ここから左に進むと『山の神』です。

11:00 山の神
大平山13
崖側が正面なので、お参りの際は足元に気を付けましょう。

大平山14
アセビです。
『山の神』の周辺に咲いていました。

大平山15
タチツボスミレでしょうか?
スミレも咲く季節になりましたね。

11:27 登山口
大平山16
一礼をして出山しました。

11:30 嵐山渓谷(月川荘キャンプ場 付近)
大平山17
大平山の麓には『嵐山渓谷』と言う観光スポットがあります。

大平山18
桜が満開でした。

大平山19
『嵐山渓谷』は秋の紅葉も素晴らしいようです。

大平山20
嵐山渓谷 冠水橋の付近です。
海のない埼玉県では、川辺りで水遊びやバーベキューを楽しみます。

大平山21
つくしです。
『春が来たんだなぁ』あらためて思いました。

12:35 嵐山槻川そば
大平山22
天ざる蕎麦+季節の野菜煮
春を頂きました。

13:15 都幾川桜堤(トキガワサクラズツミ)
大平山23
都幾川の右岸約2kmにわたり252本のソメイヨシノが植えられています。
『嵐山さくらまつり』には、多くの花見客で賑わうとか。
※写真は人の少ない瞬間を撮影していますが、この日も沢山の人が花見を楽しんでいましたよ。

大平山24
桜の木の下には、スイセンの花も咲いています。

大平山25
パステルカラーの風景は、嵐山町の名物です。

続きを読む

テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

オニオン/

Author:オニオン/
【ステータス】
登山歴5年
・登山クラス:一般ハイカー
・Lv.20 堕落したハイカー
→もはや観光ハイカーになってしまった・・・
・経験値(登った山数) 201
・アルプス(縦走) 3
・スキル(習得した知識) 41
・満足度(トータル)1075
→満足度10000達成で何かが起きる!?

【進行中ミッション】
1.全国の山に登ってみよ~!(12/47)
青森県-岩木山
秋田県-秋田駒ケ岳
徳島県-剣山
東京都-雲取山
神奈川県-蛭ヶ岳
岩手県-岩手山
栃木県-日光白根山
茨城県-八溝山
宮城県-蔵王 屏風岳
埼玉県-三宝山
高知県-三嶺
福島県-燧ケ岳

2.日本のアルプスを歩いてみよう!(3/X)
栃木県-宇都宮アルプス
埼玉県-長瀞アルプス
兵庫県-須磨アルプス


にほんブログ村

カレンダー
03 | 2014/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる