その63 八幡平 ~極楽浄土~

【場所】
岩手県八幡平市
秋田県仙北市、鹿角市

【山】
八幡平(標高 1613.5m)
☆日本百名山が一山
☆東北百名山が一山

【消費アイテム】
ラムネ1ヶ
水 500ml

【装備アイテム】
雨がさ

【登山ログ】
2014年8月28日(木) 曇りときどき晴れのち
八幡平に登らせて頂きました。

11:17 頂上入口
八幡平01
ここは岩手県と秋田県の県境になります。
頂上入口の道路をはさんだ正面にはレストハウスがあります。

一礼をして入山します。

~ 八幡平山頂レストハウス ~
【営業時間】(9:00~17:00)
軽食コーナー、観光情報コーナー、物産売店ホールetc...あり
※軽食コーナー名物の源太カレーは1日50食限定!!!
その他にトイレ、自動販売機あり
駐車場あり(駐車料金500円、30分無料)
※詳細は八幡平山頂レストハウスのHPを確認して下さい。

八幡平02
頂上入口からすぐに分岐があります。
ここは左へ進み、まずは山頂を目指しました。

11:28 不思議な凹地
八幡平03
一見ただの穴のように見えますが、なぜ穴ができたのかは謎のようです。
火口跡などの説もあるそうですが確証がないそうです。

11:31 鏡沼
八幡平04
火口に水がたまってできた火口湖です。
まわりの美しい風景を写すことからこの名がつけられたそうです。

11:36 めがね沼
八幡平05
写真では分かりづらいですが、奥の火口湖と合わせて『めがね沼』の名がつけられたそうです。

八幡平06
美しい森の中を石畳が整備されていて歩きやすいです。

八幡平07
しばらく歩くと分岐があり、山頂へはあと少しです。

11:49 山頂
八幡平08
ここに展望台ができるようですが工事中でした。
っと言うより工事業者が潰れてしまい、今年完成の予定が手付かずのようです。

八幡平09
八幡平の美しい景色が見られるのはココからです。

11:58 ガマ沼
八幡平10
誠に幻想的な風景でござるなぁ~

12:16 陵雲荘
八幡平11
右手に『八幡沼』を見ながら進むと、『陵雲荘』と言う避難小屋が見えてきます。

八幡平12
『陵雲荘』から先は、美しい湿原の風景が広がります。

八幡平13
穏やかで美しい風景でした。

八幡平14
なだらかな斜面に、雲の間から陽の光が差しこみます。

八幡平15
風景を楽しみながらしばらく歩くと、また分岐があります。
右へ進むと八幡沼への寄り道コースです。

八幡平16
大きな八幡沼、その大きさは一枚の写真では収まりきりません。

八幡平17
湿原のプール『池塘』です。

八幡平18
八幡沼より先へ、もう暫く散歩してみる事にしました。

八幡平19
この先は『源太森』、『黒谷地』方面です。
鬱蒼としていて木道も無くなるので観光客の方は来ない道です。

八幡平20
『黒谷地』へ進む途中で分岐になり道標が不明瞭だった為、ここで引き返しました。

八幡平21
この木段の道は良い雰囲気で歩いていて気持ちが良かったです。

八幡平22
『源太森』の分岐まで戻ってきたのでチョット寄ってみました。

13:52 源太森(標高 1595m)
八幡平23
『源太森』の分岐から30秒で山頂に到着です。
ここは、とても見晴らしのよい場所ですよ!

八幡平24
八幡平でしょうか?
『こんなにも平らな山があるものなんだなぁ』と思いました。

八幡平25
眼下には八幡沼が広がります。

八幡平26
しかし辺は、あっと言う間に雲に覆われました。
山の天気は変わりやすいとは、こう言う事です。

八幡平27
十分に景色は堪能したので下山する事にしました。
→その間に、この日見たお花の紹介をさせて頂きます。

八幡平28
エゾオヤマリンドウです。
リンドウは、秋をつげる花でしたかね。
もぅ秋なんだなぁ~と思いました。

八幡平29
コウメバチソウです。

八幡平30
サワギキョウです。

八幡平31
アオモリアザミです。

八幡平32
ミヤマアキノキリンソウです。
八幡平に秋を知らせる黄金花だそうです。

八幡平33
チングルマです。

八幡平34
タチギボウシです。
たくさん咲いていました。

八幡平35
オクトリカブトです。
全体が猛毒だそうです。

八幡平36
花を観察していると雨が降りだしました。
虫や鳥たちの声は無くなり森は静寂に包まれました。

八幡平37
シトシトと降る雨に、草木が歓喜しているかのようでした。
『こうして森が潤っていくものなんだな』と感じます。

14:51 見返峠
八幡平38
ここは『見返峠』本来は素晴らしい景色が望めるようですが、今日は残念。
でも、十分に満足ですよ。

15:00 頂上入口
八幡平39
一礼をして出山しました。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

その62 岩手山 ~巌鷲山と鷲~

【場所】
岩手県滝沢市、八幡平市、雫石町

【山】
岩手山(標高 2038m)
☆日本百名山が一山
☆東北百名山が一山
☆岩手県の最高峰

【消費アイテム】
おにぎり 3個
おさかなのソーセージ 3本
ラムネ1ヶ
カロリーメイト(フルーツ味) 1箱
ガム1ヶ
水 1.5L
アクエリアス 1L

【まえがき】
3泊4日で岩手県にお邪魔しました。
登山日の前日(夕方)岩手県盛岡市に到着しました。
その日は、市内のスーパー銭湯『喜盛の湯』で寛いだあと
翌日は朝が早かった為、車中泊しました。
 1日目→喜盛の湯
 2日目→岩手山、岩手県立美術館
 3日目→八幡平
 4日目→高清水山の滝観洞

≪ミッション≫
全国の山に登ってみよ~!(6/47)

【登山ログ】
2014年8月27日(水) 曇りときどき晴れ
岩手山に登らせて頂きました。

5:17 馬返し登山口
岩手山01
馬返し登山口には広い駐車場があり、すでに10台ほどの車が止まっていました。
今回はデジカメのSDカードを忘れてしまった為、やむを得ずスマートフォンのカメラで撮影します。

5:21 馬返しキャンプ場
岩手山02
テント泊してる人がいますね~。
こっちにも駐車場がありました。綺麗な水場やトイレもあります。

5:40 0.五合目
岩手山03
ゆるやかに暫く歩いて0.五合目に到着です。
分岐しているので、ここは左へ進みました。
→どちらに進んでも同じ所に出ます。

岩手山04
ここは『桶の淵(こがのふち)』と呼ばれている場所です。
桶の回りを絞めたような地形をしているとか。

5:51 一合目
岩手山05
ここで分岐していた道と合流します。
尚、ここから先は九合目までベンチはありません。

岩手山06
一合目と二合目の間は木段が整備されています。

6:08 二.五合目
岩手山07
二.五合目から五合目の間は、『旧道』と『新道』を選んで進む事ができます。
何となく新道を進みました。

岩手山08
新道は、樹林帯の中を歩きます。

6:51 新道五合目
岩手山09
五合目までくるとゴツゴツとした岩が多いです。

岩手山10
旧道の方に目を向けると、ガスでかすれた『御蔵岩』が幻想的に見えました。

7:40 七合目
岩手山11
ここから先は九合目までゆるやかな登りなので楽に進めます。
開けた場所があったので、ちょっと休憩しました。

7:56 八合目避難小屋
岩手山12
立派な小屋です。
綺麗な水場やトイレもあります。
人がいたので小屋の中は見ていませんが綺麗なんでしょうね。

岩手山13
『登って感動』の文字を確認。
草なのか?木なのか?カリフラワー的な植物が生えていますね。
本来であれば素晴らしい景色が望めるはずですが、今日はガスでちょっと残念です。

8:12 九合目-不動平
岩手山14
Ohノーーッ!!ガスガスでした。
ここから、左へ進めば『不動平避難小屋』、右へ進めば『山頂』です。
とりあえず山頂を目指しました。

岩手山15
山頂までの道のり、男体山と同じく砂地で歩きづらかったです。

岩手山16
お鉢(噴火口)まわりに登りつきました。
雲の中にスーっと一本の道が伸びて、まるで夢の世界のようでした。

岩手山17
あらッ!
まもなく山頂に着く頃に雲が晴れてきました。

8:42 山頂 薬師岳(標高 2038m)
岩手山18
薬師岳と呼ばれている山頂に到着です。
こうして見ると天気が良いように見えますね。

岩手山19
山の西側に完璧な雲海を見ました。
何度か雲海を見てきましたが、ここまで完璧な雲海は始めて見ました。
本当に雲の上を歩けるかと錯覚してしまいます。

岩手山20
さらに高い空には、薄らとしたすじ雲がとても綺麗でした。

岩手山21
少し雲が晴れると眼下には不動岩が見えました。

岩手山は優しいです。
ガスっていてもちゃんと見せ場を用意してくれました。

岩手山22
しばし雲の芸術に見とれたあと、お鉢巡りを楽しみました。

9:19 岩手山神社奥宮
岩手山23
キタ―――(゚∀゚)―――― !!
岩手山のシンボル剣岩です。

9:43 九合目-不動平
岩手山24
ぐるりとお鉢を巡りを楽しんだ後、不動平まで戻ってきました。
はて?あの塔のような物は何かと思い近づいてみたら大きな岩でした。

9:44 不動平避難小屋
岩手山25
大きな岩の裏に『不動平避難小屋』はあります。
中は綺麗にされていましたが、便所は臭かったです。

岩手山26
イワギキョウです。

岩手山27
ヤマハハコです。
たくさん咲いていました。

岩手山28
ミヤマシシウドです。
七合目より先にイッパイ生えていたカリフラワー的な植物。
大きいものは180cm以上あったと思いますが調べたら草でした。

岩手山29
多分、ウゴアザミです。
アザミも多くの種類や呼び方があるので難しいですが
ここら辺の人は、このアザミを『ウゴアザミ』と言うそうです。

岩手山30
お花見も終えて、この先どうするか悩みました。
予定では綱張温泉の方へ下山するつもりでしたが、この天気ではチョット楽しめそうにないです。
悩んだ挙句、登ってきたコースから下山する事にしました。
悔しいです。そして残念です。

10:26 七合目
岩手山31
ただ、下山は旧道を歩く事にしました。
少しは違った雰囲気を楽しめることでしょう。

岩手山32
旧道はガレ場でした。
チョットどころか新道とは全く異なった雰囲気です。

岩手山33
展望が良く、眼下には美しい森や田畑が望めました。
遠くには盛岡の街も見えます。

11:51 二合目付近
岩手山34
ずっとガレ場を下り、ようやく見覚えのある場所に着きました。

12:02 一合目
岩手山35
一合目から先は、朝とは別の道を歩きました。
→こっちの方が荒れていてキツかったです。

岩手山36
枯れ葉がヒラヒラと落ちて、山ではもう秋の気配を感じます。

岩手山37
岩の隙間からニョキっとキノコが生えています。

岩手山38
やったぁ~うれしぃ~!!!岩手山からのサプライズ♪
どうしても見たかった念願のタマゴダケです。

12:37 馬返しキャンプ場
岩手山39
一礼をして出山しました。

15:50 岩手県立美術館
岩手山40
午後は時間が余ったので美術館へ行きました。
美術館の右側にチョットだけ見えるのは岩手山です。

続きを読む

テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

オニオン/

Author:オニオン/
【ステータス】
登山歴5年
・登山クラス:一般ハイカー
・Lv.20 堕落したハイカー
→もはや観光ハイカーになってしまった・・・
・経験値(登った山数) 201
・アルプス(縦走) 3
・スキル(習得した知識) 41
・満足度(トータル)1075
→満足度10000達成で何かが起きる!?

【進行中ミッション】
1.全国の山に登ってみよ~!(12/47)
青森県-岩木山
秋田県-秋田駒ケ岳
徳島県-剣山
東京都-雲取山
神奈川県-蛭ヶ岳
岩手県-岩手山
栃木県-日光白根山
茨城県-八溝山
宮城県-蔵王 屏風岳
埼玉県-三宝山
高知県-三嶺
福島県-燧ケ岳

2.日本のアルプスを歩いてみよう!(3/X)
栃木県-宇都宮アルプス
埼玉県-長瀞アルプス
兵庫県-須磨アルプス


にほんブログ村

カレンダー
08 | 2014/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる