スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その76 八溝山 ~風と水~

【場所】
茨城県久慈郡大子町、福島県東白川郡 棚倉町、栃木県大田原市

【山】
八溝山(標高 1022m)
☆日本三百名山
☆関東百名山
☆茨城県の最高峰

【消費アイテム】
水 1L(金性水+500ml)
おにぎり 2個
スティックサラミ 1ヶ
チョコチップクッキー 1箱

≪ミッション≫
全国の山に登ってみよ~!(8/47)

【登山ログ】
2015年7月19日(日) 晴れ
八溝山に登らせて頂きました。

7:40 八溝山登山口
八溝山01
一礼をして入山します。
→暫くは車道の為、駐車場まで車で移動します。

8:08 日輪寺入口(森林浴コース)
八溝山02
日輪寺入口前の駐車場に車を止め森林浴コースから歩きました。
下界の猛暑とは違い、吹き抜ける風が気持ち良かったです。

八溝山03
下を見ると沢があります。
八溝山には沢が多くあり、その名の由来は八方に深く谷が刻まれているところからきています。

8:22 わさび田
八溝山04
豊富な沢の水を利用した『わさび田』です。

八溝山05
清々しく心地の良い森です。

八溝山06
大きくて立派な木が美しい森の雰囲気を作り出しています。
ガイドブックによると、これらの大木は全て天然のようです。

8:44 日輪寺
八溝山07
ここは、坂東三十三観音霊場・第21番札所の日輪寺です。
坂東三十三観音霊場は、秩父三十四観音霊場を加え日本百観音霊場とされているようです。

八溝山08
日輪寺の横にある道を進みます。

八溝山09
コクワガタ(♀)です。
※ゴキブリではありません。

とてもポピュラーなクワガタで、しかもメスです。(*´Д`)
子供の頃は、これしか捕まえられずにガッカリしたものですが、久しぶりに見て少し嬉しくなりました。
ちなみ八溝山は、虫屋さんにとって昆虫採集のメッカだそうです。

八溝山10
美しい森はさらに続き、少し笹が深くなってきました。
この辺りの笹は『ミヤコザサ』と言われるそうです。

八溝山11
ベンチのある静かな山道まで来ると、山頂はあと少しです。

八溝山12
白馬の像と鳥居があります。

9:14 八溝嶺神社
八溝山13
日本武尊が創建したと伝えられる『八溝嶺神社』は、豊作祈願の神が祀られているそうです。

9:16 山頂
八溝山14
やった!!!
茨城県の最高峰、念願の山頂に到着です。

八溝山15
山頂には天守閣を模した3階建の『八溝山展望台』があります。
→2012年11月までは有料(入場料100円)だったようですが、今は無料です!

八溝山16
展望台の中は、このような感じです。
屋根があるので、雨の日や夏の強い日差しが凌げてありがたいです。

八溝山17
西方面は雲が厚く、もしかすると遠くでは雨が降っているのでしょうか?
晴れていれば、前に登った鶏頂山や日光連山が望めるそうです。

八溝山18
南方面は薄く雲が広がり空が大きく見えます。
晴れていれば、筑波山や富士山が望めるそうです。

八溝山19
北方面には大きなアンテナが2つありますが、NTTのアンテナだと思います。
→ここ八溝山の森林は(株)NTTドコモが管理しているそうです。

八溝山20
東方面は天気が良さそうですね。
晴れていれば、太平洋まで望めるそうです。

八溝山21
1時間ほど景色を堪能して下山しました。

10:40 八溝川湧水群・鉄水
八溝山22
霊峰八溝山には日本名水百選にも選ばれる『八溝五水』と言う水場があります。
それぞれ『金性水』、『鉄水』、『龍毛水』、『白毛水』、『銀性水』と名前があり
いずれも徳川光圀公が命名したそうです。

八溝山23
美しい森だと、しみじみ思います。

10:45 八溝川湧水群・金性水
八溝山24
五水の中でも光圀公が特に賞美したとされる『金性水』です。

光圀公「助さん、角さん、水を汲んでまいりなさい」
助さん、角さん「御老公、ご自分で行って下さい」
光圀公 「

みないなぁ、やり取りがあったかは分かりませんが(笑)
冷たくて、とても美味しい水でした。

八溝山25
さぁ~まだまだ緑輝く森を歩きますょ。

八溝山26
ヤマユリです。
大きく広がった花はイキイキとして、今まさに最盛期でしょう。

11:40 八溝線林道の途中
八溝山27
道中で見られる展望です。
栃木県との県境に連なる尾根筋は、標高700m程度とは言え雄大なる風景です。

12:35 八溝山登山口
八溝山28
一礼をして出山しました。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

その75 月居山 ~水戸の御老公~

【場所】
茨城県久慈郡大子町

【山】
月居山(標高 404m)
鍋転山(標高 422.7m)
前山(標高 多分392m)

【消費アイテム】
水 1.1L
まんじゅう 2個
ラムネ 1ヶ

【まえがき】
石の上にも三年
本来、この言葉は3年ちょうどの意味ではなく、多くの月日という意味のようですが
何はともあれ、山登りを始めて3年となりました。

僕の山登りは、茨城県の筑波山から始まりました。
最近、僕の周りでは茨城県の話題が多かった事もあり
今回は初心にかえるつもりで、再び茨城県の山を歩いてみました。

【登山ログ】
2015年7月11日(土) 晴れ
月居山に登らせて頂きました。

7:50 駐車場付近
月居山01
薄曇りの空の下、奥に見える双耳峰が(左は前山、右は月居山)目指す山です。

7:53 月居山登山道入口
月居山02
車両通行止の看板があるこの場所から登山口を目指します。

月居山03
ヒルガオです。
まわりの白い花は、お馴染みのヒメジョオンです。

月居山04
オオキンケイギクです。
鮮やかな黄色で綺麗な花ですが、繁殖力が強く特定外来生物に指定されており
栽培、補完、運搬、輸入、植栽が、原則的に禁止されているようですので留意願います。

月居山05
ツユクサです。
平地で見かける事が多い植物です。

月居山06
朝日に反射し、美しく緑色に輝いていました。
※キャッツアイではございません。
これは、法面保護工のコンクリートが苔むしているのです。

8:16 林道分岐・登山口
月居山07
左上する道が登山道、右の白い建物はトイレです。
一礼をして入山しました。

月居山08
梅雨の時期ならではの、しっとりとした山道でござるなぁ~
左側が斜面になっていて道が広く感じました。

月居山09
マムシグサです。
葉に白い筋がありますが、多分マムシグサかな?っと思いますが
テンナンショウ属の植物である事は間違いないでしょう。

8:38 鞍部分岐
月居山10
ゆるやかに登り分岐に辿り着きました。
この場所は、最初の写真にある山と山の間の部分です。

月居山11
分岐からは本格的な山道になります。
この岩をよく見ると階段状に削られています。
昔の人が岩を削ったのでしょう。

8:47 月居山・月居城跡(標高 404m)
月居山12
あっと言う間に山頂に到着です。
この場所は、月居城(つきおれじょう)があった場所のようです。

月居山13
月居山(つきおれさん)より先へ、穏やかな道を進みます。

月居山14
途中で険しい山道を超え、この一登りで鍋転山の山頂です。

9:18 鍋転山(後山)・第一展望台(標高 422.7m)
月居山15
雰囲気の良い鍋転山の山頂に到着しました。

月居山16
見晴らしもナカナカのものです。

月居山17
屋根付きのベンチがあります。
ここで、ある団塊ハイカーと出会いました。

団塊ハイカーは色々と語ってくれました。
東北の山のこと、この辺りの地形のこと、飲み水のこと、昔の登山のことなど
時間が過ぎるのも忘れ1時間ほど話していました。

月居山18
団塊ハイカーと別れた後、次の目的地へと、まずは来た道を戻ります。

月居山19
途中で分岐があったので寄ってみました。

10:52 見晴らしの良い岩
月居山20
とても見晴らしの良さそうな岩場に着きました。

月居山21
こちらは、月居山(つきおれさん)です。

月居山22
下界の風景がよく見渡せて、とても素晴らしい景色です。

月居山23
こちらは、先ほどまでいた鍋転山です。
さらに遠くに見える三角の山は男体山です。

30分ほど景色を堪能して、もとの道に戻りました。

月居山24
手のひらぐらいのキノコが生えていました。

月居山25
先ほどまでいた岩場の側面は、美しく苔むしていました。

11:30 月居観音堂
月居山26
月居観音堂の門に到着、数名のシニアハイカーがいました。

月居山27
月居観音堂の近くには、大きくて立派な木が立っています。

月居山28
アジサイです。
今年は、もう見れないかと思っていましたが、いっぱい咲いていました。

月居山29
アジサイです。
こちらのアジサイの方が馴染みがあります。

月居山30
こちらが月居観音堂です。
御堂の回廊からの見晴らしは素晴らしいそうです。

月居山31
しかし観音堂には寄らず先へと進みました。
ここからは、ずっと階段です。

11:36 前山(標高 多分392m)
月居山32
静かな雰囲気の前山に到着しました。

月居山33
前山より先に進むと、なんだか見晴らしの良さそうな場所がありました。

月居山34
生瀬富士です。
わりと荒々しい山容でした。

月居山35
タマゴダケです。
傘の下に見える黒い●はカタツムリです。
カタツムリは、もぞもぞとタマゴダケを食していました。

月居山36
この先に滝があるようなので寄ってみます。

11:58 生瀬滝
月居山37
なかなか立派は滝ですが、この日のメインはもう一つの滝です。

月居山38
どんどん先へと急ぎます。

月居山39
これが、この日のお目当ての滝です。

12:13 天狗岩
月居山40
途中で天狗岩を仰ぎ見て、さらに滝が良く見える場所へと進みました。

月居山41
だんだんと観光地的な雰囲気になってきました。

月居山42
吊り橋を渡ります。

月居山43
先ほどの滝の滝壺です。
さて、無料でこの滝が見れるのはココまでです。
→これでも十分ですが、、、

月居山44
施設利用料300円を払って中へと進みます。

月居山45
まず、たき丸くんの背後に見えるのは、先ほどまでいた前山です。

12:30 袋田の滝
月居山46
日本三名瀑が一つ袋田の滝です。

高さは120m、巾は73m
袋田の滝は、四段に落下する事から「四度の滝」とも呼ばれています。

美しく迫力もあり、本当に素晴らしい滝です。

月居山47
この滝を見て、徳川光圀公は詠みました。
「いつの世に包みおきけむ袋田の布引き出す滝の白糸」
お見事です。 パチパチ

13:04 月居山登山口
月居山48
しばらく滝を眺めて、満足したので下山しました。
一礼をして出山しました。

13:10 お土産物屋
月居山49
鮎の塩焼き
よく焼けていて、とても美味しかったです。

16:00 那珂川町馬頭広重美術館
月居山50
帰りは、月居山へ向かう途中で気になった美術館に寄りました。
ここの美術館は、とても良い雰囲気です。

続きを読む

テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

オニオン/

Author:オニオン/
【ステータス】
登山歴4年
・登山クラス:一般ハイカー
・Lv.20 粋なハイカー
→粋とは意気がりの「粋」 粋に山を登りましょう。

・経験値(登った山数) 182
・アルプス(縦走) 3
・スキル(習得した知識) 41
・満足度(トータル)200
→満足度10000達成で何かが起きる!?

【進行中ミッション】
1.全国の山に登ってみよ~!(10/47)
・青森県-岩木山
・秋田県-秋田駒ケ岳
・徳島県-剣山
・東京都-雲取山
・神奈川県-蛭ヶ岳
・岩手県-岩手山
・栃木県-日光白根山
・茨城県-八溝山
・宮城県-蔵王 屏風岳
・埼玉県-三宝山

2.日本のアルプスを歩いてみよう!(3/X)
・栃木県-宇都宮アルプス
・埼玉県-長瀞アルプス
・兵庫県-須磨アルプス

カレンダー
06 | 2015/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。