スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その85 女神山 ~小手姫~

【場所】
福島県伊達市、伊達郡川俣町

【山】
女神山(標高 599.4m)

【消費アイテム】
水 1L
ポカリスエット 500ml

【登山ログ】
2016年2月14日(日) 曇りときどき晴れ
女神山に登らせて頂きました。

10:23 女神フラワーステージ
女神山01
東屋が設置され、春には花に囲まれながら女神山を眺める事ができる場所です。
駐車スペースもあり4台ほどは駐車できると思います。

女神山02
少し雲に隠れている小高い山が女神山です。
朝、それなりに降っていた雨が上がり女神山を目指す事にしました。

10:35 月宮神社
女神山03
地面には山砂が敷かれていて除染した後のようでした。
山砂は除染の際に放射線量が下がるまで剥ぎ取った土の代わりに敷く砂です。

10:53 登山口
女神山04
月宮神社の左側の舗装道路を暫く進むと、綺麗に整備された駐車場と東屋があります。
一礼をして入山しました。

女神山05
白い丸い缶に『ようこそ女神山へ 開けてみて!』と書かれていました。
缶の中には地図が入っていました。

女神山06
登山口から少し登ると廃屋がありました。

女神山07
廃屋から先で竹が倒れていて通り辛かったです。

女神山08
左は桑畑、右は田んぼです。

女神山09
後ろを振り返ると、とても素晴らしい風景が広がっていました。
彩り豊かで、まるで絵画のような風景だなっと思いました。

女神山10
この日はとても暖かかったので、雪から靄が上がっていました。
ここで一旦、林道に出ます。

女神山11
木が倒れ皮が剥がれていました。
まるで新築の建物の柱のようでした。

女神山12
林道から先は急坂が続きます。

11:25 月舘分岐
女神山13
急坂を登り上げ分岐に出ました。

女神山14
月舘分岐を右に進むと、さらに分岐がありました。
ここはどちらへ進んでも同じ場所に出ます。

女神山15
しかし右の道は、かなりの急坂です。
→左は穏やかな道です。

女神山16
ベンチのある見晴らしの良い場所に出ました。
ここは帰りに寄っていきましょう。

女神山17
ベンチから先は山頂まで穏やかな道です。

女神山18
またベンチがありました。

女神山19
ベンチから左へ少し登ると山頂が見えてきました。

11:44 山頂
女神山20
女神山の山頂には『小手姫(おてひめ)』が祀られています。

~ 小手姫のお話し ~
小手姫は、第32代天皇 崇峻天皇(すしゅんてんのう)の妃です。
崇峻天皇は蘇我馬子に暗殺され、息子の蜂子皇子(はちこのおうじ)は京都から東北へと流されてしまいました。
小手姫は息子を追って東北に来ましたが、蜂子皇子に会うことは出来なかったそうです。

その時に桑の木の群生地を見つけて、この地を隠れ里としたそうです。
この地で養蚕と機織りの技術を広めた小手姫は、今でも地元の方に愛されています。

女神山21
祠の後ろにある岩がご神体ですので登らないでください。

女神山22
山頂は、わりと広いです。

女神山23
今日は残念ながらガスが掛かっていて展望はありませんでした。

女神山24
山頂は風が強く展望が無かったので、すぐに下山しました。

女神山25
見晴らしの良いベンチまで戻ってきました。

女神山26
山頂から少し下がっただけで見晴らしは抜群です。

女神山27
空には雲が広がり高く広く思えます。

女神山28
ベンチで景色を眺めていると、一人の地元ハイカーが登ってきました。
地元ハイカーは、女神山の事や辺りの山の事など色々と教えてくれました。

女神山29
見晴らしの良いベンチから先は、地元ハイカーと共に下山しました。
向こうに見える山の名前も教えてもらったのですが忘れちゃいました。(;^ω^)

女神山30
とても雰囲気の良い山道です。

13:07 登山口
女神山31
一礼をして出山しました。
ここで地元ハイカーと別れ、後は林道を歩きます。

女神山32
空が晴れてきて、とても穏やかな風景でした。

13:38 御神水(鏡池)
女神山33
小手姫が容姿を整えるのに使った池のようですが、今は無いようです。

本当は、この場所の手前で林道から山道を下る予定でしたが、、、
どうやら通り過ぎてしまったようです。(;^ω^)

そして1時間以上、林道と県道を歩き
なんとか『女神フラワーステージ』まで戻りました。

女神山34
朝、女神山へ登る前に白く見える場所が気になったので来てみました。
どうやら白く凍った池でした。

女神山35
ダチョウです。
白い池を見て帰ろうと思ったら突然ダチョウが現れました。
何故こんな場所でっとビックリしました。

女神山36
近づくと、ダチョウもこっちに寄ってきました。
『あれ?ダチョウって、こんなに可愛かったっけ?』と思いました。

16:45 くぬぎだいらホテル
女神山37
翌日は休暇を取り、この日は岳温泉に一泊しました。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

その84 大霧山 ~大太坊の昼飯~

【場所】
埼玉県秩父郡皆野町、東秩父村

【山】
大霧山(標高 766.6m)

【消費アイテム】
水 500ml
アクエリアス 500ml
菓子パン 1個
インスタントスープ 1個
カロリーメイト(フルーツ味) 1箱
カイロ(小) 1コ

【装備アイテム】
スパイク

【登山ログ】
2016年1月31日(日) 晴れ
大霧山に登らせて頂きました。

7:19 西武鉄道・西武秩父駅
西武秩父駅に到着すると、秩父の街は朝靄に包まれていました。

7:52 西武観光バス・栃谷バス停
道路は除雪されていましたが、秩父の街は雪が多く残っています。

8:21 林道入口
大霧山01
バス停から歩いて約20分ほどで林道の入口に着きました。
林道入口は、この石標が目印です。

大霧山02
入口付近は除雪されていましたが、ちょっと登ると雪が積もったままでした。

大霧山03
里山の景色がとても良いです。

8:37 定峰神社
大霧山04
切餅がお供えしてありました。

8:57 時計台
大霧山05
これが噂の時計台です。
集落の旅人を思う心の表れのようです。

9:15 登山口(白山大権現の石碑)
大霧山06
登山口は白山大権現の石碑が目印です。
一礼をして入山しました。

大霧山07
登山者の杖を手に入れて、太陽の日差しを浴びながら雪の上を進みました。

大霧山08
足元には凍った枯葉が落ちていました。

10:15 旧定峰峠
大霧山09
気が付けば一時間ほど黙々と歩いていました。

大霧山10
里山とは言え雪山はとても魅力的です。

雪の上を歩くのはとても辛くて、時に命を落とす事さえ知っていても人は雪山を歩きます。
雪山はその魅力で更なる過酷な環境へと人を誘うのです。

大霧山11
美しい風景が眼前に広がりました。
強烈な風景です

大霧山12
キラキラと輝いて、とても綺麗です。

大霧山13
これは、まさに氷の芸術でござるなぁ~(σωσ)

大霧山14
『早くも三峰神社のご利益があったかなぁ~』っと思いました。

大霧山15
目の前には牧草地がひろがって、その奥には大霧山とともに『比企三山』と呼ばれている笠山と堂平山が望めました。

~ 大太坊のお話し ~
大霧山には『定峰峠』と『粥仁田峠(かゆにたとうげ)』と言う峠があります。

その昔、大太坊は武蔵野から羽黒山へ行く途中で『定峰峠』に腰を下ろし
かぶっていた笠を『笠山』に置き『粥仁田峠』で粥を煮て昼メシを食べたと言う伝説があります。
そして昼メシを食べ終わったあと、粥を煮た釜を伏せて『釜伏山』、箸を立てた所が『二本木峠』
荒川の水を含んで吹いたのが『大霧山』と呼ばれるようになりました。

大太坊はデイダラボッチなどと各地で色々な呼び方や伝説があります。
何故そんなにも各地で知られているのか気になっていましたが
実は大太坊と呼ばれている巨人は、一人ではなく大勢いたようなのです。

大霧山16
ずっと見ていても飽きる事がない風景でしたが
上からカラカラと氷の破片が雨のように降ってきて体に当たって痛かったです。
これが自然の営みなんだなぁ~っと思いました。

大霧山17
山頂まであと少しの所までくると急坂があります。
ここは少し難しかったです。

11:22 山頂
大霧山18
山頂にはベンチが置かれています。
誰も居ない山頂をしばし独り占めできました。

大霧山19
抜群の見晴らしです。
所々で雪の積もっている場所は牧草地です。

大霧山20
中央の一番遠くに見えるのは浅間山だそうです。

大霧山21
こちらは、お馴染み両神山です。

大霧山22
盆地には、秩父の街が広がっています。

大霧山23
こちらは、お馴染み武甲山です。

大霧山24
30分ほど景色を堪能して下山しました。
下山は、スパイクを装着しました。

大霧山25
数名のグループとすれ違った時、雨傘をさしている人を見ました。
氷の破片が落ちてきた時の事を思い出し『あっ!傘させば良かったんだぁ~』っと思いました。

大霧山26
左へオススメの巻道があったので、そちらに進みました。

大霧山27
なんとも心地よく歩けました。

12:25 粥仁田峠
大霧山28
あっと言う間に『粥仁田峠』に到着、後は林道を歩きます。
一礼をして出山しました。

大霧山29
林道から眺めた景色、真っ白な牧草地が広がって綺麗でした。

大霧山30
牧草地から大霧山を望みました。

大霧山31
ピラミッドのような山容の武甲山です。

大霧山32
暖かな日和、のどかな風景を見ているとなんだか眠くなってきます。

大霧山33
氷の上を歩くように、スーッと足を滑らせながら雪の上を歩けば沈みません。

13:40 西武観光バス・高原牧場入口バス停
バスを待ちながら『あ~気持ちの良い登山だったなぁ~』そう思っていました。

14:40 西武鉄道・西武秩父駅
西武秩父駅で遅めの昼食です。

大霧山34
前回の記事で、このブログを見に来て下さる目目連さんから
『わらじカツ丼』をオススメされたので食べてみました。
西武鉄道のCMでお馴染みの女優 吉高由里子さんもオススメです。

大霧山35
『開運わらじカツ丼』
金箔がのっています!(^o^)/

ボリュームが足らないですか?
いえいえ、私はそんなに食べれないので控えめにしましたが
もっと凄いボリュームのメニューもありますよ。

続きを読む

テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

オニオン/

Author:オニオン/
【ステータス】
登山歴5年
・登山クラス:一般ハイカー
・Lv.20 堕落したハイカー
→もはや観光ハイカーになってしまった・・・
・経験値(登った山数) 201
・アルプス(縦走) 3
・スキル(習得した知識) 41
・満足度(トータル)1075
→満足度10000達成で何かが起きる!?

【進行中ミッション】
1.全国の山に登ってみよ~!(12/47)
青森県-岩木山
秋田県-秋田駒ケ岳
徳島県-剣山
東京都-雲取山
神奈川県-蛭ヶ岳
岩手県-岩手山
栃木県-日光白根山
茨城県-八溝山
宮城県-蔵王 屏風岳
埼玉県-三宝山
高知県-三嶺
福島県-燧ケ岳

2.日本のアルプスを歩いてみよう!(3/X)
栃木県-宇都宮アルプス
埼玉県-長瀞アルプス
兵庫県-須磨アルプス


にほんブログ村

カレンダー
01 | 2016/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。