スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その86 四阿屋山 ~財神関羽~

【場所】
埼玉県秩父郡小鹿野町

【山】
女神山(標高 771.6m)

【消費アイテム】
水 1L
アクエリアス 500ml
カロリーメイト(フルーツ味) 1箱

【登山ログ】
2016年2月27日(土) 晴れ
四阿屋山に登らせて頂きました。

7:59 両神神社
四阿屋山01
鶴の彫刻が何だか珍しい両神神社でお参りしました。

【ご祭神】
罔象女神(みつはのめのかみ)

ミヅハノメは、火の神ヒノカグツチを生んだときの火傷がもとで
死の病にかかり瀕死のイザナミから生まれた水の神です。

古来より水は農耕に欠かせなく
身近な存在としてミヅハノメは信仰されているそうです。

8:08 友好之林
四阿屋山02
ここは、1982年に埼玉県と中国 山西省の友好県省が締結され
その10周年を記念して1992年(平成14年)に作られた記念庭園だそうです。

登山口である鳥居山コースの入口は、この先にあります。

また、この向かい側には『花しょうぶ園』もあります。
→花しょうぶの見ごろは6月です。

四阿屋山03
梅です。
庭園内では、梅やハナモモ、ツツジなどが植えられています。

8:18 観景亭
四阿屋山04
とても立派な中華風の東屋です。
→中国の山では、こんな立派な東屋があるのかなぁ?っと思いました。

四阿屋山05
観景亭からの景色です。
向こうに見える一番高い山が、四阿屋山です。

四阿屋山06
山吹色の屋根は、「埼玉県山西省友好記念館(神怡舘)」です。
後で立ち寄ってみましょう。

四阿屋山07
観景亭から少し戻った所に鳥居山コースの入口があります。
一礼をして入山しました。

四阿屋山08
入口から少し登った所で日当たりの良い巻道に出ます。

四阿屋山09
なかなかの急坂、息を切らせて登りました。

四阿屋山10
でも、安心して下さい。
登ったところにベンチがあります。

四阿屋山11
ベンチより先に進むと、地図に載っていない『山道』の分岐がありました。
→謎の『山道』の道標は、コース上の所々で見られました。

9:02 鉄塔
四阿屋山12
見晴らしの良さそうな鉄塔のある場所まで来ました。

四阿屋山13
鉄塔の先に見える二本の角のような山は二子山です。
その右横の荒々しい山は、白石山(毘沙門山)でしょうか?興味深い山です。

四阿屋山14
木段を使わないで楽をする事も出来ますが、トレーニングの意味で木段をモモ上げで登ってみました。
→キツかったです。でも、こんな低山で楽をしていてもこの先へは行けないので頑張りました。

9:17 山居分岐
四阿屋山15
やがて山居分岐(さんきょぶんき)に着きました。
ちょっと『山居』の方へ進んでみましょう。

四阿屋山16
ガイドブックに書かれている通り、少し荒れ気味の道です。

9:24 休養園地
四阿屋山17
園内には大きな屋根の東屋がありました。
少し福寿草が咲いていましたが、残念ながら柵がありよく見えませんでした。

四阿屋山18
休養園地で少し休憩した後は、また長い木段を登りました。

9:45 両神神社奥社
四阿屋山19
木段を登り切ると、『両神神社奥社』に辿り着きました。

四阿屋山20
『両神神社奥社』から少し進むと分岐があり、地図にも載っている直登禁止のコースです。
見るからにモノ凄い急坂、『このまま登ってやろうか(`д´)』っと足が震えました。
でも、今日の所は止めておきましたぁ。。。(;^ω^)

四阿屋山21
無難に、皆さんが登るコースを登ります。
山頂付近はナカナカの岩場で、こっちも面白いです。

四阿屋山22
そして、こっちもナカナカきついです。

四阿屋山23
尾根に登り上げたら、山頂までもう少しです。

10:00 山頂
四阿屋山24
狭いですが、見晴らしの良い山頂に到着です。

四阿屋山25
西側には両神山が大きく、そして二子山も見えます。

四阿屋山26
後から二人ぐらい登ってきましたが、無言で写真を撮っていました。
つまらないので、さっさと下山しました。

10:14 つつじ新道分岐
四阿屋山27
登ってきたのは『薬師堂』方面、下山は『つつじ新道』を下りました。

四阿屋山28
ナカナカの細尾根は、低山とは言えスリルがあるでござるなぁ~(σωσ)

四阿屋山29
しかし、見晴らしが良く楽しめます。

四阿屋山30
いぃ~風景でござるなぁ~(δωδ)

四阿屋山31
山頂より良い眺めかも!?と思いました。

四阿屋山32
『つつじ新道』は鎖場の多いコースです。
7mの垂直下降、ここが一番ドキドキしました。

四阿屋山33
難所を超えると、穏やかな風景が広がっていました。
安心したのか大きなくしゃみを一つ、いよいよ花粉の時期かなっと思いました。

四阿屋山34
少し先に、見晴らしの良さそうな場所があったので寄ってみました。

四阿屋山35
のどかな良い風景です。

四阿屋山36
足元を見ると、もう若い草が芽吹いていました。

12:00 つつじ新道登山口
四阿屋山37
一旦、四阿屋山を離れて、本日のお目当て『セツブンソウ』を見に行きました。

12:10 せつぶん草自生地
四阿屋山38
登山口から徒歩10分、ここは日本一のせつぶん草自生地です。
多くの観光客が、大きなカメラを持って来ていました。

入園料:300円

四阿屋山39
高貴なる花 セツブンソウです。

花言葉は『気品』、『ほほえみ』、『光輝』、『人間嫌い』だそうです。

四阿屋山40
これは、種類の違うセツブンソウのようです。
券売所のおばちゃんが言うには、ここでは6種類ぐらい?のセツブンソウが咲くそうです。

四阿屋山41
これも花弁が6枚あり、種類の違うセツブンソウのようです。

四阿屋山42
これは花弁が7枚、同じく種類の違うセツブンソウのようです。

四阿屋山43
セツブンソウは、小さいですが美しく素晴らしい花です。

四阿屋山44
3年前、このブログを見に来て下さる方のブログを拝見してセツブンソウを知りました。
それ以来この場所に来たかったのですがナカナカ機会が無く、この日やっと来る事が出来ました。

まだまだ満開ではなさそうですが、けっこう咲いていました。
満開の時期はセツブンソウで真っ白くなるそうです。

13:21 押留コース登山口
四阿屋山45
セツブンソウを堪能した後は、再び四阿屋山へ登りました。

四阿屋山46
一旦、下山してからの登り返しは結構シンドイです。

13:45 福寿草園地
四阿屋山47
ロウバイです。
『福寿草園地』に到着すると、まだロウバイが咲き残っていました。
→ちょっと嬉しかったです。

四阿屋山48
福寿草です。
さすが『福寿草園』沢山さいていました。

四阿屋山49
梅です。
福寿草園から登山道への途中に咲いていました。

14:07 薬師堂コース入口
四阿屋山50
再び登山道へ入ります。

四阿屋山51
『薬師堂コース』は、なんとも穏やかなコースです。

14:15 ふれあい歩道薬師コース(指標-D)分岐
四阿屋山52
ここで『薬師堂コース』と遊歩道に分かれるようなので、遊歩道へと進んでみました。

四阿屋山53
よく整備されています。

14:21 ふれあい歩道薬師コース(指標-C)
四阿屋山54
この先に展望東屋があるようなので寄ってみました。

14:22 展望東屋
四阿屋山55
立派な東屋です。

四阿屋山56
麓にある『道の駅』の駐車場が見えました。

四阿屋山57
良い見晴らしです。

14:40 遊歩道入口
四阿屋山58
一礼をして出山しました。

ここからは、わずかで『道の駅 両神温泉薬師の湯』へ辿り着きます。

15:07 埼玉県山西省友好記念館 神怡舘(しんいかん)
四阿屋山59
先でもお伝えしましたが、ここは埼玉県と中国 山西省の友好県省10周年を記念して建てられた記念館です。
→近くで見ると、とても大きな建物でしたぁ

入館料:200円

愛称は、神怡舘(しんいかん)
神怡とは、心曠神怡(しんこうしんい)に由来し「心がひらけて気持ちが和らぐ」という意味
山西省の歴史、自然、文化等の資料の展示や交流事業などを行っているそうです。

建物の中に入ると、まず目に付くのは
大きな菩薩像や応県木塔(おうけんもくとう)と言う木造の塔でした。
その他にも仏像や天女像、書や画、写真、工芸品、兵馬俑(へいばよう)なども展示されていました。

今はイベントとして、1本のヒモを結んで色々な形を造りだす中国結びの作品が展示されています。
中国結び展 2016/1/2(土)~2016/3/21(月) まで

特に気に入ったのは、三国志の英雄、関羽将軍の木彫関公像と銅像です。
→かっこよかったです。(*‘∀‘)

関羽将軍は、山西省 運城市の出身だそうです。
義理堅い性格と生き様は、人々の信仰を集め、武神・商神として尊敬されており
今では神格化し『関帝(関聖帝君)』と呼ばれ世界中でも有名な偉大なる神となりました。
日本でも横浜、神戸、京都、長崎などに関帝廟があります。

17:00 北海道らぁめん 伝丸
四阿屋山60
濃厚ネギ味噌SP 野菜たっぷり定食

シメは、この日一日の出来事を思い出しながらラーメンを食べました。
非常に美味しかったです。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

オニオン/

Author:オニオン/
【ステータス】
登山歴4年
・登山クラス:一般ハイカー
・Lv.20 粋なハイカー
→粋とは意気がりの「粋」 粋に山を登りましょう。

・経験値(登った山数) 182
・アルプス(縦走) 3
・スキル(習得した知識) 41
・満足度(トータル)200
→満足度10000達成で何かが起きる!?

【進行中ミッション】
1.全国の山に登ってみよ~!(10/47)
・青森県-岩木山
・秋田県-秋田駒ケ岳
・徳島県-剣山
・東京都-雲取山
・神奈川県-蛭ヶ岳
・岩手県-岩手山
・栃木県-日光白根山
・茨城県-八溝山
・宮城県-蔵王 屏風岳
・埼玉県-三宝山

2.日本のアルプスを歩いてみよう!(3/X)
・栃木県-宇都宮アルプス
・埼玉県-長瀞アルプス
・兵庫県-須磨アルプス

カレンダー
02 | 2016/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。