その89 桜山 ~コノハノサクヤヒメ~

【場所】
群馬県前橋市、藤岡市

【山】
桜山 (標高 591m)
☆群馬百名山

【消費アイテム】
アクエリアス 500ml
水 1L
ラムネ 1ヶ

【まえがき】
レベルアップへの挑戦中ですが、桜の季節になったので
今回はチョット一休みして、お花見ハイキングへ行ってきました。(*'▽')

【登山ログ】
2016年4月10日(日)曇り
桜山に登らせて頂きました。

6:28 駐車場
桜山01
駐車場付近には案内板やお休み処などがあり、かなり整備されていました。

6:40 御倉御子神社
桜山02
なかなか険しい参道を登り、桜の花が綺麗な『御倉御子神社』に着きました。

【ご祭神】
倉稲魂命(うがのみたまのみこと)

桜山03
神社より先は、車での進入は出来ないようです。

6:49 登山口付近
桜山04
一礼をして入山しました。

7:06 いっぷく平
桜山05
登山道へ入り、穏やかな山道をわずかで『いっぷく平』に着きました。

7:09 弁天山 展望台(標高 364m)
桜山06
『いっぷく平』のすぐ先に立派な展望台があります。

桜山07
展望台からは関東平野が広がり
空気が澄んでいれば、赤城山や日光連山、筑波山が望めるようです。

桜山08
展望を楽しんでから先へと進みました。

7:24 弁財天
桜山09
ツツジやサクラの花々に彩られた場所に弁財天が祀られていました。

桜山10
春の彩りに包まれた山の風景です。

桜山11
『がんばれの坂』を登ります。

7:56 かたくりの花園
桜山12
ちょっとだけカタクリが咲いていました。

8:00 鬼の踊場
桜山13
山道より左手を見ると開けた窪地が『鬼の踊場』です。
この辺り昔は沼があったと思います。

桜山14
開けた場所は、道に迷いやすいので注意です。

桜山15
『鬼の踊場』から暫く歩くと作業用の林道にぶつかります。

8:13 山の神
桜山16
作業用の林道を突っ切っり直ぐ進むと右手に『山の神』が祀られています。

桜山17
『山の神』から少し先で、また林道とぶつかります。

8:39 雲尾
桜山18
雲尾まで来ると車道に出ました。
コースの続きは奥に見えるカーブの辺りです。

桜山19
車道を歩き、カーブの先でコースの続きがあります。

桜山20
単管で作られた階段、よく整備されたコースである事が伺えます。

桜山21
山道を抜けると公園のような雰囲気になってきました。

9:00 県立 桜山森林公園
桜山22
公園には大きな駐車場があり、既に多くの観光客が来ていました。

桜山23
桜並木の中、まずは山頂を目指して進みます。

桜山24
展望台には目もくれず進みました。

桜山25
長い階段は息を切らせて進みました。

9:11 桜山山頂(標高 591m)
桜山26
山頂に到着です。

桜山27
さぁ~お花見を楽しみましょう。
眼前は満開の桜の花で凄い景色です。(*'▽')

桜山28
『また雪山にでも来たのか?』って思うぐらい桜の花で真っ白でした。

桜山29
ここで見られる桜は冬桜、国指定の名勝・天然記念物です。

桜山30
空は曇っていましたが、それでも桜は美しいです。

桜山31
日本の国花とされる桜
「さ」は田の神を表し、「くら」は神が鎮まる座を表し、桜は「田の神が宿る木」と言われています。

桜山32
あまくて優しい香りに包まれていました。

桜山33
冬桜です。
別名をコバザクラ(小葉桜)といい、山桜と豆桜が交配して生まれた雑種のようです。

桜山34
こんなに沢山の桜は、今まで見た事がありませんでした。(δωδ)
桜山では、7000本の冬桜と3000本のソメイヨシノが見られます。

桜山35
10月~12月には、紅葉とコラボしてもっと凄いらしいです。

桜山36
木の寿命って、何百年も続くものだと思っていました。
でも、桜の木の寿命は60年だと最近になって知りました。

~ 木花開耶姫のお話し ~
古来、桜の花は木花開耶姫(コノハノサクヤヒメ)が種を蒔き花を咲かせたと言われています。
→花咲かじーではありません。(*´ω`)

コノハノサクヤヒメは、山の神オオヤマツミの娘でありイワナガヒメの妹です。
本名をカムアタツヒメと言い、花のように美しく、花のように儚い命だとされています。

桜の木の寿命が短いのは、そんな言われからかも知れないなぁ~と思います。

桜山37
こちらは、桜とモクレンの花のコラボです。

桜山38
1時間半ほど、お花見を堪能して下山しました。

10:45 展望台
桜山39
展望台からも沢山の桜が見れますが
それよりも『あの山は何だろうか?』って気になります。

桜山40
こちらの山も気になります。

桜山41
桜並木の中を歩き、とても心地が良かったです。

桜山42
枝垂桜です。

桜山43
色々な花が咲き園内は良い雰囲気でした。

桜山44
あっ!人面魚だぁ( ゚д゚)懐かしいですね。

桜山45
ソメイヨシノです。
第1駐車場周辺ではソメイヨシノが満開でした。

11:10 やまぶき
桜山46
春の桜まつり限定 ざるうどん

第1駐車場には売店などがあり、ここで昼飯にしました。

桜山47
道標を見ると『冬桜山』と書かれていました。
桜山は、冬になると『冬桜山』に名前が変わるんですね。

13:17 弁天山 展望台
桜山48
来た道を下山しているだけなので、かなり写真を割愛しています。

桜山49
休日の午後に清々しい山道、こころ穏やかです。

14:00 お休み処
桜山50
一礼をして出山しました。

桜山の花コレクション
桜以外にも春の訪れを感じさせてくれる花が満載でした。

桜山51
白モクレンです。(山頂にて)【花言葉】自然への愛

桜山52
若椿です。(園内にて)

桜山53
乙女椿です。(園内にて)【花言葉】控えめな美

桜山54
藪椿です。(山道にて)【花言葉】控えめな優しさ
なぜ花言葉に『控えめ』が付くのか?それは、椿の花には香りが無い事に由来するそうです。

桜山55
山サクラです。(弁天山の展望台にて)【花言葉】純潔

桜山56
山ツツジです。(弁天山の展望台にて)【花言葉】燃える思い

桜山57
ミツバツツジです。(弁天山の展望台にて)【花言葉】自制心

桜山58
ユキヤナギです。(園内にて)【花言葉】愛らしさ

桜山59
たんぽぽです。(園内にて)【花言葉】神託
たんぽぽを占いに使っていた事が花言葉の由来のようです。

桜山60
シバザクラです。(園内にて)【花言葉】忍耐

桜山61
ハルリンドウです。(園内にて)【花言葉】高貴

桜山62
タチツボスミレです。(園内にて)【花言葉】小さな幸せ
日本には55種類のスミレが有り、変異に付けられた品種を加えると200種以上もあるそうです。

桜山63
アカフタチツボスミレです。(山道にて)
葉に紅紫色の斑が見られるのがタチツボスミレとの違いのようです。

桜山64
エイザンスミレです。(山道にて)【花言葉】茶目っ気
葉の形がタチツボスミレとの違います。

桜山65
エイザンスミレ(白)です。(山道にて)
花の色が違いますが上と同じエイザンスミレです。

桜山66
ヒナスミレです。(山道にて)
→2016/5/10 ヒナスミレである事を教えて頂きました。
側弁に多少の毛があるか全く無く、葉の形が長いのが特徴です。

桜山67
ノジスミレです。(園内にて)【花言葉】気難しい

桜山68
ニオイタチツボスミレです。(山道にて)【花言葉】つつましい幸福
芳香があるようです。

桜山69
アメリカスミレサイシン(プリセアナ)です。(駐車場付近にて)【花言葉】豊かな恋
これは、いかにも外来種であり園芸種ですね。
細辛(サイシン)って、その根や根茎を乾燥させて生薬にしたもののようです。

桜山70
ラッパスイセンです。(雲尾にて)【花言葉】尊敬

桜山71
ツルニチニチソウです。(雲尾にて)【花言葉】優しい思い出
繁殖力が非常に強い花です。

桜山72
カタクリです。(かたくりの花園にて)【花言葉】初恋
カタクリって、日が出てくると花が反り返ってくるんですね。

桜山73
カキドウシです。(山道にて)【花言葉】享楽

桜山74
クサイチゴです。(林道にて)【花言葉】幸福な家庭

桜山76
ハナニラです。(林道にて)【花言葉】星に願いを

桜山77
ハナダイコンです。(林道にて)【花言葉】知恵の泉

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

その88 赤城山(黒檜山と駒ヶ岳)~赤城姫と淵名姫~

【場所】
群馬県前橋市、桐生市、沼田市

【山】
黒檜山(標高 1828m)
駒ヶ岳(標高 1685m)
☆日本百名山
☆花の百名山
☆群馬百名山
☆上毛三山

【消費アイテム】
アクエリアス 500ml
水 1L
カロリーメイト(フルーツ味) 1箱
ラムネ 1ヶ

【まえがき】
『裾野は長し赤城山』広く緩やかな裾野は富士山に続き日本で2番目の長さを誇ります。
今回は赤城山最終章として、赤城山の最高峰 黒檜山を目指したエピソードです。

→2013年6月30日 赤城山(荒山、火起山、竈山、鍋割山) 登頂
→2014年4月7日 赤城山(地蔵岳、長七郎山、小地蔵岳) 登頂
→2015年5月23日 赤城山(鍬柄山、鈴ヶ岳) 登頂

【登山ログ】
2016年3月28日(月) 晴れのち曇り
赤城山(黒檜山と駒ヶ岳)に登らせて頂きました。

武尊山の山行を終えたあと
まずは、前橋駅近くの『まえばし駅前天然温泉ゆ~ゆ』で風呂や食事をして寛ぎ
23時には閉店してしまう為、そのまま赤城山を目指しました。

夜間、赤城神社の駐車場までの道は凍結していました。
駐車場に到着したら、そのまま車中泊をして朝を迎えました。

5:50 赤城神社の駐車場
黒檜山01
本日、最初に目指す黒檜山です。

黒檜山02
そして駒ヶ岳です。

6:15 最高峰 黒檜山登山口
黒檜山03
一礼をして入山しました。

黒檜山04
やはり登山道は雪に覆われていました。
この坂は、わりとキツかったので軽アイゼンを着用しました。

黒檜山05
暫く登ると大沼が見えました。
大沼の先に見える山は、長七郎山(左)と地蔵岳(右)です。

黒檜山06
大沼の上にワカサギ釣りの釣り人がいました。
赤城山は、関東では珍しく湖の上でワカサギ釣りが楽しめます。

6:47 猫岩
黒檜山07
えっと・・・なぜ猫岩なのか分かりません。。。(;´д`)

黒檜山08
いぃ~感じの霧氷です。

黒檜山09
朝日に照らされてとても綺麗でした。

黒檜山10
しばし、美しい風景の中を歩きました。

黒檜山11
険しい岩場もあります。

黒檜山12
面白いところから氷柱が伸びていました。

8:00 駒ヶ岳分岐
黒檜山13
思っていたより長い道のりを歩いた気がしましたが、やっと尾根に出ます。

黒檜山14
尾根に出れば、まるで楽園のような美しい風景が広がっていました。

8:04 黒檜山(標高 1828m)
黒檜山15
狙い通り、誰も居ない山頂へ到着です。

黒檜山16
山頂から2分程のところに展望台があるようなので行ってみました。

8:10 展望台
黒檜山17
展望台には、小さな祠が一つありました。

黒檜山18
眺めがとても素晴らしいです。

黒檜山19
ちょっと雲がありますが、こちらは荒山の方ですね。

黒檜山20
前橋の街も望めました。

黒檜山21
遠くにうっすらと連なる山が見えます。

黒檜山22
30分ほど景色を堪能して駒ヶ岳へと歩きだしました。

黒檜山23
綺麗な霧氷も今年はこれが見納めでしょう。

黒檜山24
山頂から展望台の間は、本当に気持ちの良い尾根です。

8:48 駒ヶ岳分岐
黒檜山25
分岐を真っ直ぐ駒ヶ岳の方へと進みます。

8:49 御黒檜大神
黒檜山26
ここで人の足跡を発見、誰か登ってきたみたいです。

黒檜山27
ここは、ガイドブックに『歩にくい木製の階段』と書いてありました。
確かに登ってくると歩きにくそうです。

黒檜山28
これから目指す駒ヶ岳、徐々に雲が出てきました。

黒檜山29
開けた場所、晴れていれば気持ちの良さそうな場所です。

黒檜山30
振り返って見た黒檜山は、まるで舞台の終演のように雲の幕が下りてゆきます。

9:19 大ダルミ
黒檜山31
ここから駒ヶ岳への登りとなります。

黒檜山32
さぁ、気を取り直して進みましょう。

黒檜山33
ここを登れば駒ヶ岳の山頂です。

9:35 駒ヶ岳(標高 1685m)
黒檜山34
空も地も真っ白な風景に、僕は何となく喜びを感じました。
『白き山 赤城山』3年間言い続けてきた事が証明できたのですから
最後まで期待を裏切らなかった赤城山に感謝します。

黒檜山35
でも、ちゃんと眼下には大沼が見下ろせました。

黒檜山36
そろそろ赤城山とお別れの時です。
下山しましょう。

黒檜山37
山頂より少し下がった尾根から見た景色
赤城山が最後に見せてくれた景色に少し感動しました。

黒檜山38
この尾根もいぃ~尾根です。
もし今度きた時は、良く晴れた日に心地よい風を感じながら歩いてみたいです。

黒檜山39
ここも広々として景色がよかったです。

黒檜山40
ちょっと離れた場所に小沼が望めました。

黒檜山41
ナカナカの風景です。

黒檜山42
晴れていれば、そうとう良さそうな場所ですね。

黒檜山43
長い鉄製の階段を下ります。

黒檜山44
鹿の足跡です。
鉄製の階段を下っていると2頭の鹿が横切りました。

黒檜山45
プチ尾瀬と言われる『覚満淵』が見えました。
なんで『覚満淵』は凍らないのでしょう?

11:00 駒ヶ岳・黒檜山登山口
黒檜山46
一礼をして出山しました。

11:05 大沼(オノ)
黒檜山47
大沼より黒檜山を眺めました。

~ 赤城姫と淵名姫のお話し ~
高野辺大将家成は、都を追われて上毛野国にやってきました。
家成には、たいへん美しい二人の姫がおりました。
名を赤城姫と淵名姫といい、その美しさと気立ての良さは誰もが憧れるほどでした。
都を追われたものの、家成一家は上毛野国で仲睦まじく幸せに暮らしていました。

ところが、姫たちの母は突然の病に倒れ急逝しまいます。
家成は残された子供たちを不憫に思い側室の柱御前を新しい母親に迎えます。

新しい母、柱御前と家成の間にも二人の姫が生まれます。
しかし、この二人の姫の容姿と性格は赤城姫、淵名姫たちには
到底太刀打ちできるものではありませんでした。

柱御前は、家成の赤城姫と淵名姫への愛情と、姫たちの美しさに嫉妬し
憎悪の念をたぎらせ時あらば二人を亡きものにしたいと考えておりました。

そんなある日のこと、都より「家成の罪を許し、上毛野国の国司に任ずる」という報せがまいります。
家成は国司任官のため、大勢の従者を連れて都に向かいました。

すると柱御前はこの時とばかり、二人の姫を襲い淵名姫を殺してしまいます。
しかし、赤城姫はかろうじて追っ手を振り切り赤城の山へとたどりつきました。

この報を聞いた家成は、急ぎ上毛野にとって返し、柱御前を捕らえ姫を求めて赤城山へ出向きました。
大沼の辺りまで来ると、大沼の東岸より一羽の鴨が泳いできます。

そして、翼を広げたその背には、赤城姫と淵名姫の姿がありました。
二人の姫は赤城大明神に召されて赤城の神様になったのです。
また二人の姫を乗せた鴨は大沼の東に戻り、小鳥ヶ島になったのだそうです。

以来、赤城の神様にお願いした女性の願い事は必ず叶えられ
この神様にお願いすると美人の娘が授かると言われています。

黒檜山48
赤い橋は小鳥ヶ島へと渡る神橋です。

黒檜山49
ここは、かつて荘厳な厳島神社があり竜宮城と呼ばれていたそうです。

黒檜山50
神橋より地蔵岳を眺めました。

11:20 赤城神社
黒檜山51
真っ赤な社、とても綺麗な神社でした。

【ご祭神】
赤城大明神(あかぎだいみょうじん)
豊城入彦命(とよきいりひこのみこと)
磐筒男命(いわつつおのみこと)
磐筒女命(いわつつめのみこと)
経津主神(ふつぬしのかみ)

14:15 本家熊谷らーめん 梅丸
黒檜山52
梅丸ちゃーしゅーめん

わりとしょっぱめの味付けでしたが、美味しく頂きました。

続きを読む

テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

その87 武尊山 ~ヤマトタケル~

【場所】
群馬県利根郡みなかみ町、川場村、片品村

【山】
高手山(標高 1373.9m)
西峰(標高 1870.5m)
剣ケ峰山(標高 2020m)
武尊山(標高 2158.3m)
☆日本百名山
☆新・花の百名山
☆群馬百名山

【消費アイテム】
アクエリアス 1L
水 1L
あんぱん 1ヶ
納豆巻き 1ヶ
おにぎり 2個
ミートボール 1袋
カロリーメイト(フルーツ味) 1箱
大福 2ヶ
ラムネ 1ヶ

【装備アイテム】
軽アイゼン
ゲーター

【まえがき】
日本百名山が一山である上州武尊山
その山名の由来は、日本武尊の東征伝説にちなむと言われています。

今年は雪が少なかったものの、まだまだ雪がある積雪期の武尊山へ
そろそろレベルアップをしようと思い挑んだエピソードです。

~ 日本武尊(ヤマトタケル) ~
ヤマトタケルは12代 景行天皇の次男として、本名を小碓命(オウス)と言います。
オウスは、素手で人の手足をもぐ程の剛力でありながら美貌の持ち主でした。

オウスと天皇の仲は冷め切っていました。
それはある時、景行天皇が目を付けた美女の姉妹を朝廷に連れてくるよう兄オオウスに命じました。
しかしオオウスは、その美女に一目惚れし自分のものにしてしまいました。

それを知った景行天皇は、オウスに兄オオウスを連れてくるよう命じました。
しかし、オウスは兄オオウスを待ち伏せし素手で殴り殺してしまいました。

景行天皇はオウスの激しい気性を恐れ、都から遠ざけようと無茶な遠征を命じました。
オウスは父の冷たい仕打ちに涙しながら西へ東へと戦いの旅を続けます。

そして景行天皇は、九州の豪族 クマソタケル兄弟をたった一人で征伐するよう命じました。
天皇は無茶な命令でオウスが死ぬ事を期待していました。
しかしオウスは、見事にクマソタケル兄弟を打ち取り生還したのでした。
ヤマトタケルと言う名は、この時クマソタケル兄弟の弟よりもらった異名なのです。

【登山ログ】
2016年3月27日(日) 曇りのち晴れ
武尊山に登らせて頂きました。

4:34 武尊高原川場キャンプ場入口(標高 1130m)
150台ほどのスペースがある駐車場から目の前にあるキャンプ場の入口より
まずはキャンプ場を目指して進みました。
→真っ暗でシャッターが切れなかったため写真がありません。

4:50 武尊高原川場キャンプ場-登山口
武尊山01
雪は少なく、ときどき凍りついた舗装道を辿りキャンプ場に着きました。
一礼をして入山します。

武尊山02
突然の侵入者に動物達が騒ぎ立てていました。
野ウサギに導かれ、ヘッドランプの灯りを頼りに先へと進みます。

5:31 高手山(標高 1373.9m)
武尊山03
第一ピークの高手山に着く頃、辺りは明るくなっていました。

武尊山04
高手山からは、開けていて気持ちの良い尾根の上を進みます。

武尊山05
森の中へ入ると急坂が続き、やがて踏み跡も無く登山道は不明瞭になりました。

武尊山06
すぐ横にはスキー場のリフトが見えます。

武尊山07
登山道が分からなかったので、一旦スキー場にエスケープしました。

武尊山08
スキー場から第二ピークの西峰を目指しました。
登山コースから外れた為、もの凄い急坂を登る事になりました。

8:32 西峰(標高 1870.5m)
武尊山09
息を切らせ、なんとか西峰の山頂に到着しました。
途中コースに迷ったりと苦戦し、高手山から1時間のタイムオーバーです。

武尊山10
山頂からの景色、雲の切れ間から大きな岩塊が見えました。
『きっと、あの上へと進むのだろう』そう思いました。

9:00 川場スキー場-登山口
武尊山11
既にスキー場はオープンしていて、続々とリフトから登山者が登ってきます。
『僕もスキー場から来れば良かったかなぁ』一瞬そう思いました。
でも、それでは僕の登山スタイルでは無くなるのです。

武尊山12
真っ白な風景の中、先行者の後を追い進みます。
→白すぎて写真がうまく撮れませんでした。。。(;´д`)

武尊山13
第三ピークの剣ケ峰山まであと少しです。
→ちなみに写真はカラーです。

9:35 剣ケ峰山(標高 2020m)
武尊山14
第三ピークの剣ケ峰山に到着、真っ白で何も見えませんでした。
吹雪いて無かったので寒くはなかったです。

武尊山15
剣ケ峰山まで5時間、だいぶ苦戦しました。

予定時間は1時間以上もオーバー
景色は真っ白で、この先晴れ間は見込めるのだろうか?
帰りの体力も考えて、今日はココまでにしようか?

弱音を言い出したら、もぅ次々と湧いて出てきた。

危ぶめば道はなし!
曇っていても天候が悪い訳ではなく、目指す山頂まで後2km弱です。
あと少し、行けるところまで行ってみよう。

武尊山16
一瞬、雲の切れ間から目指す山頂が見えました。

ありがとう

武尊山17
この時期特有と言われるジェット気流のせいか
わずかな晴れ間はアッと言う間に真っ白な世界へと逆戻りしました。

武尊山18
また雲が切れ、空模様は目まぐるしく変化します。

武尊山19
そして・・・
雲が無くなり目指す山頂を眼前に臨んだ時
みんなが声を上げ、また一斉にシャッターを切りました。
感動の瞬間、一気に士気が高まりました。

武尊山20
今までの空模様が嘘のように真っ青な空、もの凄い開放感を味わいます。

武尊山21
しかし、逸る気持ちと裏腹に体力は限界でした。

もぅ足が上がらない
後から登ってきた人達に次々と先を越されました。
『誰よりも早く登ってきたのに・・・』悔しかったです。

慣れない雪道を長時間歩き何度も足がつりました。
連日の徹夜作業で不眠が続き、土曜日は昼過ぎまで寝ていたものの生活リズムはめちゃくちゃでした。
『ここまでか?』そう思いました。
でも、この山を越えてその先の景色を見る為に今日この山に居るのです。

武尊山22
下を見下ろすと、歩いてきた道のりが見渡せました。
あと少し『山頂からこの景色をみよう』頑張ってみました。

武尊山23
もう山頂は目の前です。
きっと多くの人で賑わっているのだろうっと思いました。

10:55 武尊山(標高 2158.3m)
武尊山24
最後のピーク、武尊山の山頂に到着です。
しかし皆どこへ行ったのか?不思議と山頂には誰もいませんでした。

武尊山25
少しの間ですが山頂を独り占め、素晴らしい景色を眺めました。

武尊山26
これは、武尊牧場スキー場の方でしょうか?

武尊山27
小さいけどスノーモンスターです。

武尊山28
雲の間から日光白根山でしょうか?

武尊山29
尾根伝いに、とんがった一番高い山が剣ケ峰山です。

武尊山30
こちらは前武尊山です。

武尊山31
1時間ほど休憩をして下山しました。

武尊山32
振り返って撮った武尊山です。

武尊山33
まずは、剣ケ峰山を目指して歩きます。

武尊山34
小さいですが雪庇があります。

武尊山35
雪庇の上を歩かないよう慎重に歩きました。

武尊山36
エネルギーチャージしたものの登り返しもキツイです。

武尊山37
帰りは青空の下気持ちよかったです。
→日焼け止めが無く、後で顔が真っ黒になりました。
 今でも痛いです。。。(;´д`)

武尊山38
剣ケ峰山の山頂が見えてきました。

武尊山39
あと少しで剣ケ峰山の山頂です。

13:17 剣ケ峰山
武尊山40
今度は、見晴らし抜群でした。

武尊山41
武尊山が綺麗に見えます。

武尊山42
谷川岳連峰ですね。

武尊山43
高度感もバッチリでした。

武尊山44
振り返って撮った剣ケ峰山です。
→向こう側の方が迫力がありますね。

武尊山45
ゲレンデが見えてきました。

武尊山46
朝、リフトに乗ってきた人達はこれで武尊山とお別れです。
皆さん名残惜しんでいました。

武尊山47
この斜面は、ナカナカ手強かったです。

武尊山48
振り返って、もう一枚。
こうして見ると『凄いところに登ったもんだなぁ』と思いました。

14:12 川場スキー場-登山口付近
武尊山49
ゲレンデに到着です。
皆さんはこれで最後ですが、僕はもう少し先が長いのです。

hotakayama50.jpg
帰りこそは、尾根伝いに西峰に行こうと思いましたが
やっぱりコースが分かりませんでした。

武尊山51
なので帰りもゲレンデ内を歩きます。

武尊山52
このコースはリフトが動いていなかったので誰もいませんでした。
→ここ滑り下りたら気持ちいぃ~だろうなぁ~(*'▽')

武尊山53
何だかチョット芸術的だったので撮ってみました。

武尊山54
さて登山道に戻り、後は自分が登ってきた足跡を辿ります。

16:25 高手山
武尊山55
高手山の山頂からは、スキー場のコースが見渡せました。

武尊山56
日が傾きはじめ、激しかった一日の事を思うとシンミリします。

武尊山57
正面に見える小屋、朝見た時はトイレかと思いましたが雨量観測所のようです。

16:50 武尊高原川場キャンプ場-登山口
武尊山58
キャンプ場まで戻ってきました。
やっぱり朝は気が付きませんでしたが、沢山の小屋があるんですね。

武尊山59
血だらけの軽トラです。
これ朝みた時、ゾッとしました。(;´д`)
どうやらこのキャンプ場は、エアガンを使ったゲームが楽しめるようで
この軽トラは、そのオブジェのようです。

17:09 武尊高原川場キャンプ場入口
武尊山60
一礼をして出山しました。

続きを読む

テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

オニオン/

Author:オニオン/
【ステータス】
登山歴5年
・登山クラス:一般ハイカー
・Lv.20 堕落したハイカー
→もはや観光ハイカーになってしまった・・・
・経験値(登った山数) 201
・アルプス(縦走) 3
・スキル(習得した知識) 41
・満足度(トータル)1075
→満足度10000達成で何かが起きる!?

【進行中ミッション】
1.全国の山に登ってみよ~!(12/47)
青森県-岩木山
秋田県-秋田駒ケ岳
徳島県-剣山
東京都-雲取山
神奈川県-蛭ヶ岳
岩手県-岩手山
栃木県-日光白根山
茨城県-八溝山
宮城県-蔵王 屏風岳
埼玉県-三宝山
高知県-三嶺
福島県-燧ケ岳

2.日本のアルプスを歩いてみよう!(3/X)
栃木県-宇都宮アルプス
埼玉県-長瀞アルプス
兵庫県-須磨アルプス


にほんブログ村

カレンダー
03 | 2016/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる