スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その98 川木沢ノ頭、剣ヶ峰、堂平山 ~ハルノ泡沫~

【場所】
埼玉県比企郡小川町、比企郡ときがわ町、秩父郡東秩父村

【山】
川木沢ノ頭(標高 874m)
剣ヶ峰(標高 876m)
堂平山(標高 875.8m)

【まえがき】
正月に山を歩いてから4ヶ月が経ちました。
例年1月~3月は、スノーボードへ行っているので山を歩く機会は無いのですが
季節が変わり、4ヶ月間も山歩きをしないのは初めての事です。

【登山ログ】
2017年5月5日(金) 晴れ
川木沢ノ頭~堂平山(どうだいらさん)に登らせて頂きました。

10:10 白石峠 付近の駐車場
堂平山01
ここは駐車場の目の前にあるパラグライダーの発進地
これから飛び立とうと準備している人がいたので暫く見ていましたが
風が安定しなかったので諦めたみたいでした。

堂平山02
空を見ると別の発進地から飛び立った人がいました。
5月の連休、こんな晴れた日に空を飛ぶのは気持ちが良いでしょうね。

10:30 白石峠
堂平山03
駐車場から10分弱歩き白石峠に到着しました。
一礼をして入山します。

堂平山04
いきなりの木段はキツかったです。

堂平山05
分岐です。
後で合流する道になるようですが
ここは、緩んだ心と体のネジを締め直す為、急坂を進むことにしました。

堂平山06
しかし、本当にキツかったです。

堂平山07
山頂までもう少しです。

10:49 川木沢ノ頭(標高 874m)
堂平山08
鉄塔が立ち並ぶ山頂。
でも、どうやら登る山を間違えたようです。(*´Д`)
4ヶ月も山を登っていなかったから、山の登り方を忘れたみたいです。

堂平山09
木々の間から景色は良かったのですが、急坂で体力を消耗したのでチョット休憩しました。

11:26 白石峠
堂平山10
白石峠まで戻って来ました。
さて、目指す山への入口は、さっき登った山の向かい側にありました。
→気が付かなかったぁ。。。

堂平山11
穏やかに登り上げると、そこには新緑の美しい風景がありました。

堂平山12
しばらく歩くと、また鉄塔が見えました。

11:43 剣ヶ峰(標高 876m)
堂平山13
『剣峯大神の石碑』が祀られているので、今度は間違っていないようです。
なお、鉄塔の立つ山頂は、とても狭いです。

堂平山14
剣ヶ峰を後にして、堂平山へ向かいました。

堂平山15
堂平山の山頂までは車でも行くことが出来る為、車道もあります。

堂平山16
車道から山道へ進みます。

堂平山17
これは、東京大学の地震研究所です。

堂平山18
『明治百年記念林の石碑』です。
昔は日本の近代化を祝って、明治百年の記念式典を行っていたんですね。

堂平山19
空が開けてきて、山頂はもう少しのようです。

12:10 堂平山(どうだいらさん)(標高 875.8m)
堂平山20
たくさんの人で賑わう堂平山の山頂に到着しました。

堂平山21
展望も素晴らしいです。

堂平山22
穏やかな日和に、里山の風景を見て癒されました。

堂平山23
芝生の上でお弁当を食べたり、いぃ~雰囲気です。

堂平山24
堂平山の山頂には、歴史ある天文台があります。

昭和37年に東京大学東京天文台「堂平観測所」として開設。
後に国立天文台として活躍したそうです。

55年も経っているのでガタは来ているようですが、まだまだ現役だそうです。

堂平山25
天文台からの風景も素晴らしいです。
→夜は夜景が楽しめるとか\(^o^)/

堂平山26
天文台の下にキャンプ場もあります。

堂平山27
そして宿泊施設「モンゴル式テント」はエアコン付き!
→堂平のキャンプ場、めちゃ良い場所です。

【堂平天文台(星と緑の創造センター)】

宿泊施設(複数あり)(テント持ち込みOK)

施設利用料 (一人1,000円)
→施設には、炊事場、トイレ、風呂etc

(例)写真のモンゴル式テント 
定員 6名
金額 レギュラーシーズン(10,300円)オンシーズン(12,360円)ハイシーズン(14,420円)

テント持ち込み
1区画 (3,090円)

詳しくはWebで! 「堂平天文台」で検索

堂平山28
キャンプ場を色々と調査して下山しました。

堂平山29
新緑が気持ち良いです。

13:56 白石峠
堂平山30
一礼をして出山しました。

 堂平山の花コレクション 
今回は、春の花が楽しめましたょ。

堂平山31
ハナモモです。駐車場にて

堂平山32
マムシグサです。駐車場~白石峠の林道にて
これ花じゃないですね。

堂平山33
ムスカリです。白石峠にて
別名「ブドウヒヤシンス」やっぱブドウに見えますよね。

堂平山34
ヤマブキです。川木沢ノ頭にて

堂平山35
ミツバツツジです。堂平山にて

堂平山36
ノジスミレです。堂平山にて

堂平山37
タチツボスミレです。剣ヶ峰にて

14:50 古民家カフェ 枇杏
堂平山38
2年前のGWにこの店をみつけて、すっかり気に入ったので今年も来ましたぁ。
とっても、いぃ~雰囲気のお店です。

堂平山39
これランチメニューだったかなぁ~?忘れちゃいましたぁ(*ノωノ)
でも、とても美味しかった事は覚えてます。(*´▽`*)

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

その97 天覧山と多峯主山 ~ヤマノススメ~

【場所】
埼玉県飯能市

【山】
天覧山(標高 197m)
多峯主山(標高 270.8m)

【まえがき】
やっと2017年の山旅のお話です。

今回は、お正月の記事です。
季節感がなくて、すみませんm(__)m

【登山ログ】
2017年1月7日(土) 晴れ
天覧山と多峯主山(とうのすやま)に登らせて頂きました。

7:56 三峯神社
天覧山01
2017年の登山が、山運に恵まれた素晴らしいものになるよう祈りました。

8:06 遥拝殿
天覧山02
遥拝殿(ようはいでん)より、妙法ケ岳にもご挨拶しました。

天覧山03
青空の下、素晴らしい風景です。

14:12 タイムズマート
天覧山04
奥武蔵自然公園の向かいにあるコンビニ『タイムズマート』
天覧山へ行った事のある人なら皆さん知っているかと思います。

僕が来た時「ヤマノススメ」Tシャツを着たおっちゃんが、BOSSのベンチに座ってたんですよ。
誰だか知らなかったので『ぉゃぉゃ、シニアなアニヲタかぁ~(笑)』って思ったんですが
実は、アニメの主人公が通う高校『聖望学園』の先生のモデルになった新井先生って方でした。

新井先生は、製作スタッフの方を実際に(飯能市の)案内された方とか。(*´Д`)マジッ
すみません大変に失礼しました。m(__)m

天覧山05
店員の方が店内の写真を撮っても良いというので一枚頂きました。
→実は、僕もヤマノススメのファンで~す。(*´▽`*)あのTシャツいいなぁ~

14:16 奥武蔵自然公園
天覧山06
『タイムズマート』で買い物もしたので、2017年の初登りへ向かいました。
一礼をして入山します。

14:23 中段
天覧山07
正月明けの穏やかな公園、静かで良い雰囲気です。

天覧山08
今回は、十六羅漢を通らず右へ進んでみましょう。

天覧山09
富士山じゃなくてもゴミは持ち帰りましょう。
世界の皆さん、これグローバルスタンダードですょ。

14:32 天覧山(標高 197m)
天覧山10
前回に続き、天覧山も4年ぶりの登頂です。

天覧山11
この場所、飯能市の初日の出スポットだそうです。

天覧山12
今回も、ゆるやかな木段を下ります。

14:38 高麗峠分岐
天覧山13
今回は、右へ高麗峠の方へ進みました。

天覧山14
しばらく歩くと、広々とした場所に出ました。

天覧山15
落ち葉の道を進みます。

天覧山16
穏やかに登り返します。

天覧山17
この石段を登れば多峯主山の頂上です。

14:30 多峯主山(標高 270.8m)
天覧山18
多峯主山の山頂も4年ぶりです。

天覧山19
良い眺め、空にはシュっとした雲が冬らしさを表しています。

天覧山20
2017年の初登り大成功って感じです。

天覧山21
逆光で、シルエットも綺麗です。

天覧山22
帰りも4年前とは別のルートを歩いてみました。

天覧山23
あれ?あっと言う間に出口っぽいです。

15:49 登山道入口
天覧山24
一礼をして出山しました。

続きを読む

テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

その96 茶臼岳、南月山 ~九尾と源翁和尚~

【場所】
栃木県那須郡那須町

【山】
茶臼岳(標高 1915m)
南月山(標高 1775.8m)
☆日本百名山が一山
☆栃木百名山が一山
☆関東地方で唯一の活火山

【まえがき】

~振り返りの時 2016年、秋~

四国からもどり、賑やかだったオリンピックも終わり、夏の日が過ぎた。

秋には、BBQやミュージックフェス、ハロウィンなど様々なイベントに参加した。

何より、この時の僕はストーリーテイラーとして物語を作るのに夢中だった。

たのしかった想い出

でも気が付けば、もう2ヶ月もの間、山へは行っていなかった。


【登山ログ】
2016年11月5日(土) 晴れ
茶臼岳と南月山に登らせて頂きました。

6:57 那須ロープウェイ山麓駅近くの駐車場
茶臼岳と南月山01
だいぶ足腰が弱ってしまったので、どこか安全に登れる山を探して
一度、登った事のある茶臼岳に決めました。

4年前は天候が悪く、景色を見る事ができなかったけど
この日は絶好調の青空!

よし!リベンジ登山の開始です。

7:03 入口
茶臼岳と南月山02
4年前もこの場所から登りました。

7:17 登山道入口
茶臼岳と南月山03
一礼をして入山します。

7:19 山の神
茶臼岳と南月山04
今回も無事に帰ってこれるよう、お祈りしました。

茶臼岳と南月山05
相変わらず歩きやすい山道です。

7:34 中の茶屋跡
茶臼岳と南月山06
4年前は何も見えなかったけど、この場所から茶臼岳の山頂が見えるんですね。

茶臼岳と南月山07
そして北側には、朝日岳もバッチり見えました。

茶臼岳と南月山08
視界良好です!

茶臼岳と南月山09
ここから避難小屋まで見えました。

7:53 峰の茶屋跡(避難小屋)
茶臼岳と南月山10
前回は寒くて避難した避難小屋、今回は寄らなくても大丈夫そうです。

茶臼岳と南月山11
避難小屋より朝日岳方面です。

茶臼岳と南月山12
でも今回は茶臼岳を目指します。

茶臼岳と南月山13
うっすらと雪化粧した岩肌は
もう間もなく訪れる長く深い眠りの時期を予感させていました。

茶臼岳と南月山14
それでも山は、ジューっと音を立て噴煙を上げていました。

茶臼岳と南月山15
仕事で茶臼岳の山麓に暮していたのは2年前のこと
月日が過ぎるのは早いものだと感じました。

茶臼岳と南月山16
山頂への核心部へと突入
息が上がり、これしきの斜面で苦しむ事になるとは情けない。

茶臼岳と南月山17
もう少し、山頂は眼前です。

茶臼岳と南月山18
4年前は、真っ白なガスの中で見た鳥居
「幻想的」なんて言葉で誤魔化したけど、やっぱ青空が一番です。

8:34 山頂(標高 1915m)
茶臼岳と南月山19
再び茶臼岳の山頂に立てた事、感謝の想いを祈りました。

茶臼岳と南月山20
いつ来ても茶臼岳は風が強いです。

茶臼岳と南月山21
4年前は見れなかった周辺の風景です。

茶臼岳と南月山22
こんなにも素晴らしい風景が望めるとは知りませんでした。

茶臼岳と南月山23
あの向こうの山は、もう白かったです。

茶臼岳と南月山24
30分ほど景色を堪能し、体が冷えてきたので歩きだしました。

茶臼岳と南月山25
本当に素晴らしい風景でした。

茶臼岳と南月山26
ロープウェイの山頂駅が見えました。
沢山の観光客がロープウェイから山頂へ歩いて来ます。

茶臼岳と南月山27
山頂駅の分岐から牛ヶ首へと進みます。

茶臼岳と南月山28
南月山へと続く穏やかな尾根が見えました。

茶臼岳と南月山29
牛ヶ首までの一登りです。

9:57 牛ヶ首
茶臼岳と南月山30
牛ヶ首からも山頂が、はっきり見えました。

茶臼岳と南月山31
前に来た時は、風が強くてこの岩の後ろで震えていたっけなぁ~

茶臼岳と南月山32
4年前、雲の切れ間から唯一見た景色
『天気が良かったら、いい景色なんだろ~ねぇ』って言ってたけど、その通りでした。

茶臼岳と南月山33
そして4年前は天候が悪く諦めた、南月山へと足を進めました。

茶臼岳と南月山34
足元はシャーベット状の雪で歩き辛かったです。

10:14 日の出平
茶臼岳と南月山35
平坦な場所です。

茶臼岳と南月山36
『日の出平』から少し進んだ場所、良い景色です。

茶臼岳と南月山37
ガイドブックに書いてあったとおり、快適に歩けます。

10:38 南月山(標高 1775.8m)
茶臼岳と南月山38
リベンジ成功しました。

茶臼岳と南月山39
なだらかな尾根は『日の出平』から『沼原池』への尾根かなぁ?

茶臼岳と南月山40
茶臼岳をバックにお地蔵様です。

茶臼岳と南月山41
山麓の穏やかな風景が広がっていました。

茶臼岳と南月山42
あれが『沼原池』だと思います。

茶臼岳と南月山43
南月山でも30分ほど景色を眺めていました。

茶臼岳と南月山44
再び『牛ヶ首』の近くへと戻ってきました。

11:53 無限地獄
茶臼岳と南月山45
そして『無限地獄』へと突入です。

茶臼岳と南月山46
もの凄い噴煙、長居は危険です。

茶臼岳と南月山47
『無限地獄』を抜けました。

12:10 峰の茶屋跡(避難小屋)
茶臼岳と南月山48
避難小屋まで戻ってきました。
沢山の人が避難小屋に集まっていました。
→何かあった訳ではなく、皆さん寛いでいるだけです。

茶臼岳と南月山49
避難小屋から先に進み、下山も登ってきた道を歩きました。
9月頃この辺りでは沢山のリンドウが花を咲かせます。

茶臼岳と南月山50
雪が溶け足元が滑りました。

12:36 登山道入口
茶臼岳と南月山51
一礼をして出山しました。

茶臼岳と南月山52
帰りは『殺生石』に立ち寄ってみました。
皆さん狐に憑りつかれ『殺生石』に引き寄せられています。

14:20 史跡 殺生石
茶臼岳と南月山53
この岩に『玉藻の前(たまものまえ)』こと『九尾』が封印されている事は有名ですが
殺生石は、しめ縄のある岩だけでなく周囲の岩も殺生石なのです。

ある時、岩に閉じ込められた『九尾』は岩から出してほしいと源翁和尚(げんのうおしょう)に
お願いをしました。
慈悲深い源翁和尚は、九尾の願いを聞き入れ金槌で岩を砕きました。
それが金槌を『ゲンノウ』と呼ぶ由来なのです。

続きを読む

テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

オニオン/

Author:オニオン/
【ステータス】
登山歴5年
・登山クラス:一般ハイカー
・Lv.20 堕落したハイカー
→もはや観光ハイカーになってしまった・・・
・経験値(登った山数) 201
・アルプス(縦走) 3
・スキル(習得した知識) 41
・満足度(トータル)1075
→満足度10000達成で何かが起きる!?

【進行中ミッション】
1.全国の山に登ってみよ~!(12/47)
青森県-岩木山
秋田県-秋田駒ケ岳
徳島県-剣山
東京都-雲取山
神奈川県-蛭ヶ岳
岩手県-岩手山
栃木県-日光白根山
茨城県-八溝山
宮城県-蔵王 屏風岳
埼玉県-三宝山
高知県-三嶺
福島県-燧ケ岳

2.日本のアルプスを歩いてみよう!(3/X)
栃木県-宇都宮アルプス
埼玉県-長瀞アルプス
兵庫県-須磨アルプス


にほんブログ村

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。