スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その91-2 三宝山 ~Higher Ground~

1日目へ

2016年5月6日(金) 曇りのち

5:00 起床
三宝山54
朝は少し寒かったです。
トイレに行って、朝飯の仕度をして、テントをたたんで、準備をして出発しました。

6:56 十文字小屋
三宝山5 5
荷物は小屋に預け、アタックザックを背負って三宝山へと向かいました。

三宝山5 6
いきなり険しい尾根道でした。
でも荷物が軽いので、すいすい登れました。

三宝山5 7
平坦な所もありますが、まだまだ険しい道は続きます。

三宝山5 8
最初のピーク、大山への鎖場です。

三宝山5 9
次の鎖場、この鎖場が一番難しいと思いましたが、普通に登れました。

7:35 大山(標高 2221m)
三宝山60
見晴らしの良い大山の山頂、ここならご来光も見れたでしょう。

三宝山61
どこまでも続く山のグラデーション 壮大な風景です。

三宝山62
この森は広く大きい
一歩間違えればラビリンスへの入口となるでしょう。

三宝山63
西側には川上村と、その向こうに八ヶ岳連峰が望めました。
『次に目指すのは、あの峰々と言うことか』そう感じました。

三宝山64
しかし、まずはコチラ!
ドーム状に穏やかな山容は、埼玉県の最高峰 三宝山です。
→まだまだ遠いなぁ~

三宝山65
自然の美を感じました。

三宝山66
大山から下ります。

三宝山67
暫く険しい道を辿ると、苔の森に入りました。

三宝山68
そして、また登り上げます。

三宝山69
『いぃ眺めだなぁ~』
風景を眺めていると、一人の若人ハイカーが登ってきました。

若人ハイカーは、写真を撮ってくれと頼んできました。
そして、三宝山には残雪があるのでアイゼンがないと危険だと教えてくれました。

三宝山70
ゴツゴツとした岩の険しい道が続きます。

三宝山71
アップダウンも多いです。

三宝山72
そして、また鎖場です。

三宝山73
登り上げると、だいぶ三宝山が近づいていました。

三宝山74
急な斜面を下ります。

三宝山75
しばらく下って鞍部に入りました。
先ほどまでとは違い、この辺りの石は丸い形をしています。

三宝山76
ここから先が、三宝山への登りになります。

三宝山77
まずは、穏やかに登り上げます。
しかし、この先の残雪は登れるだろうか?不安でした。

三宝山78
沢の流れのように、残雪っと言うよりアイスバーンでした。
事前に十文字小屋へ確認した時は、雪は無いと聞いていましたが、どうやら誤っていたようです。

三宝山79
試練は続きます。

三宝山80
やがて残雪も無くなり、明るく開けてきました。

9:55 三宝山(標高 2483.3m)
三宝山81
ヤッター!
埼玉県で一番高い場所 三宝山の山頂に到着です!

なんだか凄く嬉しくて感動しました。(/_;)

去年の10月、この山頂を目指そうとしたのですが、天候が悪く断念
そして、長かった道のり、数々の試練を思い返すと喜びはひとしおでした。

長野県側の毛木平(もうきだいら)から登れば、甲武信ケ岳と合わせて日帰りで登れる山です。
でも埼玉の最高峰は、やっぱり埼玉県側から登るのが粋ってヤツでしょう。
その方が喜びも大きいです。

三宝山82
標柱の反対側は広々としています。
僅かな時間でしたが感激に浸っていましたぁ(*´ω`*)

三宝山83
この写真は、この旅一番のお気に入りです。

左手前が三宝石、その右横は日本百名山の甲武信ケ岳、さらに右横に日本一の山富士山です。
三宝山は展望が無いと聞いていましたが、この素晴らしいスリーショットが望めるのは三宝山だけでしょう。

もぅ、これ以上に求めるものはありません。

三宝山84
15分ほど達成感に浸り下山しました。

三宝山85
残雪ゾーンを無事に乗り越え、気分上々で十文字小屋を目指しました。

10:47 尻岩
三宝山86
見事その名のとおり尻の形です。

三宝山87
本コース唯一の梯子です。

三宝山88
ホシガラスです。
しわがれた声で「ガァー ガァー」と鳴き、まるで警報音のようでした。
昔から登山者には岳鴉(だけがらす)の名で呼ばれているそうです。

三宝山89
あれは、武信白岩山ですかね。

三宝山90
ここは鎖を使わなくても下りられます。

三宝山91
武信白岩山の巻道でしょう。

三宝山92
大山です。

三宝山93
大山への登り返しはキツかったです。

三宝山94
大山より、振り返って望んだ三宝山です。
今日の日は、さようなら。

三宝山95
大山を下ります。

三宝山96
十文字小屋まであと少しです。

12:34 十文字小屋
三宝山97
十文字小屋に到着です。
小屋でコーラを買って、軽く昼食をとりました。

コーラ 500ml(400円)
缶ビール 350ml(600円)
水(小屋の前) 1L(50円)
テント1張り(500円)+一人(500円)=1000円
トイレ(小屋、テント利用者以外)(200円)
※20160506時点

13:18 十文字小屋
三宝山98
昼食の後は準備して出発しました。
十文字小屋よ、さようなら

三宝山99
帰りも同じ道、まずは苔の森を歩きました。

13:51 四里観音
三宝山100
立て肘をつく四里観音です。

三宝山101
ポツリ、ポツリと雨が降ってきました。
周りの景色も真っ白でした。

三宝山102
やれやれ、本当は二里観音の小屋まで行きたかったのですが
雨が降ってきては、仕方が無いので四里観音避難小屋に避難する事にしました。

14:20 四里観音避難小屋
三宝山103
30分待って雨が止まないようであれば、今日はココに泊まります。
(四里観音避難小屋、トイレ、水場あり。)

30分後・・・
雨が止まなかったので、ココに泊まる事にしました。

取りあえず明るいうちに
部屋の掃除をして、テントをたたみなおして、メシの仕度をしました。

外の様子を見に行こうと思ったら、土間にある台を踏み外して後頭部を強打
死んだかと思いました。

明日も雨が降っていたらどうしよう
そんな不安を感じているなか、静かに夜は更けていきました。

To be Continued
スポンサーサイト

テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

オニオン/さん

がーん。
私は甲武信とセットで毛木平から登ってしまいました。

では続きをお待ちしております。

大丈夫です!

目目連さん、こんばんわ

コメントありがとうございます。

普通は、毛木平から登りますよねぇ~(^-^)
でも僕の目的は、各都道府県の最高峰に登る事ですし
ましてや埼玉県民なので、やっぱり埼玉県側から登りたかったのです。
甲武信ケ岳は前回登ったのでパス、とにかく三宝山に登りたかったのです。

でも、誰もが経験する事だと思いますが
苦労して登った方が、やっぱり喜びが大きいのは本当の事でした。

もし、三宝山へまた行く機会があれば
次は、僕も毛木平から登るでしょう。!(^^)!

残雪

こんにちはオニオン/さん
5月初旬、ゴールデンウィークの頃でも
埼玉最高峰ともなるとまだ雪が
残っているんですね。あたりの景色は
新緑の森のようで歩いたら気持ち
よさそうですね(もう少し晴れたら
よかったかな?とか思ったり

奥山の雰囲気が良いですね♪

オニオン/さん こんばんは!

三宝山自分も狙っていましたが先をこされてしまいました。奥山の雰囲気が良いですね!オニオン/さんの記事を参考に登山計画作ります。

2日目の山小屋で後頭部を打たれたようですが無事で良かったです。山は完全に下山するまでは油断禁物ですよね!
自分もかつて、日原→鷹ノ巣山→奥多摩駅と歩いた際に、山歩きも99.99%終了した奥多摩駅直前の民家横の石段でこけてしまいました。打ちどころが悪ければ死んでいました。陳腐な言い方ですが帰宅までが登山ですよね。

No title

GWでも雪が残っていたんですね。

「四里観音避難小屋」は綺麗な感じですね。
水場もあるならバッチリですね。

さて雨宿りから一泊、どうなるんでしょ。
続きを待ちます。

確かに

ishigeさん、こんばんわ

コメントありがとうございます。

今年は雪が少なかったので、埼玉辺りじゃもう雪は無いかなぁっと思っていましたが
この時期でも朝の気温は3℃だったので、6月に入っても雪は残っているでしょう。

ただ日中は暖かかったので、風通りの良い尾根道などでは心地よかったですよ。(^-^)

この日は、生憎の曇り空だったので
天気が良ければ、もう少し富士山もくっきりと綺麗に見えたかなぁっと思います。

本当は、もう1日前に登る予定だったのですが
5/4が雨予報だったので1日延ばしたのですが、4日は晴れていました。(;´д`)
ちょっと残念かなっとも思いましたが、でも目的を果たせて大満足です。!(^^)!

おっしゃる通りです

ラッキーさん、こんばんわ

コメントありがとうございます。

一応、地元の山になりますので、お先に失礼しました。<(_ _)>

ラッキーさん家からなら、毛木平から登った方が良いかと思います。
甲武信ケ岳から三宝山を日帰りできる人気コースですよ。(^-^)
もし、一泊するなら甲武信小屋に泊まって、ご来光を眺めるのもいぃですね。
連休中は多くの方が、そうされたようです。

後頭部を打ったのは、単なる僕の不注意ですが
確かに休憩中などでも、周りに注意しないと痛い目にあいますね。(;´д`)
特に、こんな深山で怪我しても誰も助けてくれないので
『本当に気を付けなければ』と思いました。

おっしゃる通り『帰宅までが登山』大切な事だと思います。

意外でした

らぅめんちさん、こんばんわ

コメントありがとうございます。

僕も『雪は無いだろうなぁ~』 と思っていたのですが、ありましたね(;^ω^)
事前に確認したにも関わらず、、、
すれ違う人、皆さんに「アイゼン持ってますか?」って言われましたぁ
→持ってなかったです。(;´д`)

今回のコースは、あまり人気の無いコースだと思いますが
小屋はキレイでした。
ちなみにもう一つの『白泰山避難小屋』もキレイでしたょ。
あと、白泰山避難小屋、四里観音避難小屋どちらにも蒔ストーブがありました。
ただ、トイレと水場があるのは四里観音避難小屋だけです。
どうやら十文字小屋の仲間の方が、メンテしてくれているようです。

次回は、いよいよ最終回、どうぞご覧ください。<(_ _)>
プロフィール

オニオン/

Author:オニオン/
【ステータス】
登山歴5年
・登山クラス:一般ハイカー
・Lv.20 堕落したハイカー
→もはや観光ハイカーになってしまった・・・
・経験値(登った山数) 201
・アルプス(縦走) 3
・スキル(習得した知識) 41
・満足度(トータル)1075
→満足度10000達成で何かが起きる!?

【進行中ミッション】
1.全国の山に登ってみよ~!(12/47)
青森県-岩木山
秋田県-秋田駒ケ岳
徳島県-剣山
東京都-雲取山
神奈川県-蛭ヶ岳
岩手県-岩手山
栃木県-日光白根山
茨城県-八溝山
宮城県-蔵王 屏風岳
埼玉県-三宝山
高知県-三嶺
福島県-燧ケ岳

2.日本のアルプスを歩いてみよう!(3/X)
栃木県-宇都宮アルプス
埼玉県-長瀞アルプス
兵庫県-須磨アルプス


にほんブログ村

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。