FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その91-3 三宝山 ~関所チャレンジ~

2日目へ

2016年5月7日(土) 晴れ

5:00 起床
三宝山104
窓から射す朝焼けで目が覚めました。
どうやら晴れているようで良かったです。

6:13 四里観音避難小屋
三宝山105
朝飯を食べ、準備をして出発しました。

三宝山106
荷物は多少軽くなりましたがどれだけの時間で進めるか?不安がありました。

三宝山107
大山の巻道です。
今回のコースには『大山』と言う名前の山が2つあります。

三宝山108
砂防ダムのような場所、落石が多いです。

三宝山109
しかし見晴らしは良いです。

三宝山110
新しい道標が立つ開けた場所です。
ここは『大山沢林道』への分岐のようです。

三宝山111
ここは初日、倒木があって通れなかった場所
その事を十文字小屋の人に伝えたら、どうやら倒木を切ってくれたようです。
→対応が早いッ!

8:12 三里観音
三宝山112
手を合わせる三里観音です。
ここまでで2時間、少し遅いけど、まずまずのペースです。

三宝山113
ここは来る時に休憩した場所
ここから先の巻道が細くて結構な難所となります。

9:01 鐘乳洞入口
三宝山114
難所は越えましたが、まだまだ油断はできません。

三宝山115
不快なスズタケの茂り、ひたすらセイヤソイヤ登り上げます。

三宝山116
蒸し暑いスズタケの茂りを抜け尾根の上へ、そよ風が心地よかったです。

三宝山117
ここは初日に引き返そうと思った難所、でも難なくクリアできました。

三宝山118
避難小屋が見えてきました。
しかし、ここが今回のコース一番の急坂です。

10:45 二里観音(白泰山避難小屋)
三宝山119
何かの構えの二里観音です。
ここまでで4時間30分、遅めのペースです。

三宝山120
取りあえず『のぞき岩』で休憩していきましょう。
やはり、ここからの眺めは最高です。

11:44 白泰山 分岐
三宝山121
二里観音から先は難所も無いので楽しみながら歩きましょう。
今回も『白泰山』はスルーしました。

三宝山122
バイケイソウです。
栽培されているかのように生えています。

三宝山123
カントウミヤマカタバミです。【花言葉】決してあなたを捨てません
何故か『白泰山』に、たくさん咲いていました。

三宝山124
ヒメイチゲです。【花言葉】あなたを守りたい
こちらも『白泰山』の辺りだけに、たくさん咲いていました。

三宝山125
アセビです。【花言葉】旅に出よう

三宝山126
ミツバツツジです。【花言葉】抑制のきいた生活

三宝山127
この辺りだったか?6人ぐらいの若人パーティーとすれ違いました。
こんな時間から何処まで行くんでしょう?

12:49 一里観音
三宝山128
手を合わせる一里観音です。
『ただいま』って感じでした。

三宝山129
とても穏やかな山道、心地よく歩けました。

三宝山130
伐採地、ここはやはり歩きにくいです。

三宝山131
最後の見晴らしです。

13:02 栃本広場 分岐
三宝山132
写真には写っていませんが、写真の左側にスーツを着た白髪の人が黒い鞄を持って座っていました。
挨拶を交わしてきたので大丈夫だと思うのですが、こんな場所で何か怪しぃ~( ゚Д゚)

13:21 白泰山線 登山道入口
三宝山133
一礼をして出山しました。

13:36 ヘリポート
三宝山134
こんな所にヘリポートが、帰りはショートカットコースを歩きます。

13:48 森のテラス
三宝山135
「森林空間を浮遊する感覚を誰も共有してもらいたい」
というコンセプトで、建築家の石山修武 氏に設計したいただいたようです。
→この中に入れますが、若干錆びていて危険です。

13:57 栃本広場
三宝山136
栃本広場に到着、長かった旅も終わりです。

栃本広場は、星好きの間では名の知れた星空散歩のスポットです。
なので昼間は誰も居ませんが、夜になると望遠鏡を持って多くの人が集まります。

14:20 国指定史跡 栃本関跡
三宝山137
ここが栃本関跡です。
江戸幕府による「入り鉄砲と出女」の取締りがされていた時代
中山道と甲州街道の間道である秩父住環の通行人を取調べる為に設けられました。
中には入れないようです。

14:45 道の駅 大滝温泉
三宝山138
豚丼

久しぶりの温かい食い物、カッ込みましたぁ(; `д´)
うまいッ!

生きている証は、幸せの中にあります。
【まとめ】
重たい荷物を背負い長い距離を歩いてみれば
倒木や急坂に、際どく険しい道のり、三宝山は数々の試練を与えてくれました。

経験する事、考える事、気を付ける事、この3日間は本当に色々な課題があった。
この先、知らない土地へ行けば更に辛い事だってあるだろう。

今回、この山を乗り越えられて本当に良かった。
この山を乗り越えなければ、この先は見えなかったと思う。

今回は、始めての2泊3日と言う事で荷物を持ち過ぎた。
水は5Lもいらない、食料も全然多かった。
→多分、あと3日は山の中で過ごせたと思う。(;^ω^)

もう少し考えて軽量化しなくては
歩く距離も、始めの内はもう少し短い距離の方が良い。
テント泊なら1日10kmぐらいが良いだろうか。
何より、もっと経験する事が大切だ。

まだまだ課題は多くあるけど、これにて初心者は卒業します。
この先、もっと多くのスキルを磨きたいと思います。

最後の山が、三宝山でよかった。

以上

【取得ステータス】
登山クラスが上がりました。
登山レベルが上がりました。


・登山クラス:一般ハイカー
・Lv.20 粋なハイカー
→粋とは意気がりの「粋」、粋に山を登りましょう。
・経験値(登った山数) 177
・スキル(習得した知識) 1
→初心者卒業試験
・満足度 100
→クラスアップにより満足度はリセットされます。
・勇気(危険度)★★★☆☆
スポンサーサイト

テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

オニオン/さん

北アルプスに背を向けられたりとかもありましたが、ずっとオニオン/さんのレベルアップを見続けているので、素直におめでとうと言いたいです。
オニオン/さんの良いところは、妙な背伸びをせずに、ひとつずつ自分のものにしていこうとする謙虚な姿勢がいいと思います。

これからも見続けて行きたいと思います。
がんばってください。

いつも、ありがとうございます。

目目連さん、こんばんわ

コメントありがとうございます。

昨年、北アルプスに登れなかった事、覚えていて下さったんですね。
あの時は、連日とても良い天候で、絶好の登山日和だったのに
登れないなんて、本当に悔しかったぁ~(/_;)

その後10月には、今回おこなった山行を目論んだのに、天候が悪く断念_| ̄|○
スランプの時期が続き、2ヶ月も山に登れませんでした。

しかし、今回の山行を終え思った事は
あの時の僕では、北アルプス、三宝山は越えられなかったかも知れません。
なぜなら、8月に行った蔵王山で右膝を捻って怪我をしていたからです。
歩く分に支障はありませんでしたが、途中で痛くなったら厳しかったかも知れません。

そんなふうに色々とありましたが
今回の山行で初心者を名乗るのは卒業しようと思います。
これから更に経験を積んで、登山スキルを高めていきたいです。

これまで登ってきた山々、そして、いつもブログを見て下さる目目連さん
本当に感謝いたします。<(_ _)>

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

こんにちは

四里観音避難小屋は魅力的ですね。
薪が積んであって良い雰囲気。
中で使えそうでした?
良い山旅になったようで良かったですね。

私もテン泊しようと、昨夜、家を遅く出てしまったのですが
忘れ物を二度して家に二回も戻り、
行く気が失せてビールと日本酒を飲み
気が付いたら今で冷えていました。w
あぁ~ついてない。w

ブログのトップが富士山のシルエットになってますが、
目指すは富士山ですね!
やっぱりオニオン/さんの場合は0合目からですかね。

梅雨前にどこかに行きたい。あ~ついてない。w

良い小屋でした

らぅめんちさん、こんばんわ

コメントありがとうございます。

四里観音避難小屋と白泰山避難小屋にも
蒔ストーブがあるので、ちゃんと使えそうでした。('ω')ノ

四里観音避難小屋には、水場とトイレもありますが
展望が無いのがちょっと残念です。

白泰山避難小屋には、展望がありますがトイレと水場がありません。
ただ、どちらも綺麗な小屋でした。

富士山!今日も会社の同僚ハイカーと話しをしていましたが
やっぱり0合目から登りたいですねぇ~( *´艸`)

テント泊、今回は断念されたようですが
しかし、らぅめんちさんが2回も忘れ物とは珍しいですね。

僕も梅雨前に、もっと山へ行きたいです。(^o^)/

こんばんは☆

可愛い花達との出逢い、そして素晴らしい眺め。
今日も美しい山の風景をありがとうございます ^ ^

険しい山道や急な坂道、本当に大変だったと思いますが、
それを乗り越えてこそ、その先の向こうに見える風景に
辿りつくことができる。

オニオン/さんが身を以て示してくれた教えが心に響きます。

レベルアップ、おめでとうございます☆
これからも素晴らしい山の風景を楽しみにしております♪

山登り楽しいです。

らすかるさん、こんばんわ

コメントありがとうございます。

長く険しい山道を歩いていると
『いつまで続くのだろう?』、『何でこんな道を歩いているのか?』
そんなふうに自分でも疑問に思う事があります。

でも、素晴らしい風景を眺めた時、目的の場所へ行けた時
『この瞬間の為に頑張って登ってきたんだ』と思えます。

きっと誰でも同じ経験をしているんだと思います。
いつだってその感動を味わえるから、山登りは止められません。!(^^)!
プロフィール

オニオン/

Author:オニオン/
【ステータス】
登山歴5年
・登山クラス:一般ハイカー
・Lv.20 堕落したハイカー
→もはや観光ハイカーになってしまった・・・
・経験値(登った山数) 201
・アルプス(縦走) 3
・スキル(習得した知識) 41
・満足度(トータル)1075
→満足度10000達成で何かが起きる!?

【進行中ミッション】
1.全国の山に登ってみよ~!(12/47)
青森県-岩木山
秋田県-秋田駒ケ岳
徳島県-剣山
東京都-雲取山
神奈川県-蛭ヶ岳
岩手県-岩手山
栃木県-日光白根山
茨城県-八溝山
宮城県-蔵王 屏風岳
埼玉県-三宝山
高知県-三嶺
福島県-燧ケ岳

2.日本のアルプスを歩いてみよう!(3/X)
栃木県-宇都宮アルプス
埼玉県-長瀞アルプス
兵庫県-須磨アルプス


にほんブログ村

カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。