スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その92 堂岩山、白砂山、八間山 ~サイコロの中~

【場所】
群馬県吾妻郡中之条町、長野県下水内郡栄村、新潟県南魚沼郡湯沢町

【山】
堂岩山(標高 2051m)
白砂山(標高 2139.7m)
八間山(標高 1934.5m)
☆日本二百名山
☆群馬百名山

【登山ログ】
2016年6月18日(土) 晴れ
堂岩山、白砂山、八間山に登らせて頂きました。

白砂山01
AM1:33 家を出発して4時間、随分と時間がかかりました。

この日、満月までには2日早かったのですが
それでも月が眩しくて、風に揺らぐ湖面には月明りが映りとても綺麗でした。
月の下に見える赤い点は、月に接近中の土星が大きく見えました。

4:23 白砂山登山口(駐車場)
白砂山02
翌朝4時には日が昇り、風が強かったですが準備をして出発しました。
一礼をして入山します。

【施設情報】
野反湖(のぞりこ)展望台の駐車場、登山口は駐車場にあります。
付近には、野反湖展望台(売店・案内所)、トイレ、自動販売機、キャンプ場、バス停などがあります。

駐車場は無料、50~60台ほど駐車が可能かと思いますが、大型バスも来ます。

野反湖展望台(売店・案内所)お食事処あり
営業時間8:00~17:00、営業時期:4月下旬~11月下旬

白砂山03
登山口に入るとわずかで広々とした木段を登り、その後いったん沢へと下ります。

4:38 ハンノキ沢
白砂山04
がっちりと固定された橋でハンノキ沢を渡ります。

白砂山05
ここは若干、粘土質の滑りやすい土なので注意して渡りましょう。

白砂山06
ちょっと一登りすれば広々とした笹の道にでます。

5:00 地蔵峠
白砂山07
緩やかに登り壊れた小屋を過ぎれば、やがて地蔵峠の分岐です。
ここは右へと白砂山を目指し登り上げます。

白砂山08
朝日が差し込む美しい森へと入りました。

5:24 シラビソ尾根
白砂山09
シラビソ尾根に登り着き、朝日がとても眩しかった事を覚えています。

白砂山10
所々で開ける展望を楽しみながら30分ほど登ると
そこは真っ直ぐに伸びる山道で、遠近感ある美しい場所でした。

6:02 小広場
白砂山11
明るく見えた場所は、水場のある小広場でした。

白砂山12
展望も良く山の右側の平地は、天下の名湯草津の温泉街のようです。

白砂山13
小広場から先は、若干荒れ気味の急坂を暫く登り上げます。

白砂山14
やがて明るい尾根に辿り着きます。

6:28 堂岩山(標高 2051m)
白砂山15
明るい尾根に出れば、すぐに堂岩山の山頂です。
ここは通過するだけのピークのようです。

白砂山16
堂岩山の山頂から、やけにぬかるんだ道を少し進むと展望が開けます。
太陽の下ひときわ高い山が、目指す白砂山です。

白砂山17
さらに、ぬかるんだ道を進みます。

6:41 八間山分岐
白砂山18
少し下って白砂山(左)と八間山(右)の分岐に出ます。

白砂山19
ここからは素晴らしい尾根道が続きます。
まるで四国徳島の太郎笈(たろうぎゅう)を思い浮かばせるほどの素晴らしい尾根道です。

白砂山20
誰もが声をあげるほどに山間の風景も美しいです。

白砂山21
美しい尾根道、ただアップダウンは多いです。

白砂山22
水溜りです。

白砂山23
尾根道の木々の間から白砂山を覗きます。

白砂山24
最初のピークへの登り上げです。

7:10 猟師の頭(標高 2042m)
白砂山25
最初のピークは『猟師の頭』もちろん展望は抜群です。

白砂山26
北側に見える山は何でしょう?

白砂山27
白砂山が、だいぶ近くなってきました。

白砂山28
若干険しい場所もあります。

白砂山29
でも、慎重に進めば問題はないです。

白砂山30
白砂山への最後の登り上げは結構キツイです。

白砂山31
登り上げれば山頂まであと少しです。

7:53 白砂山(標高 2139.7m)
白砂山32
360度の展望が素晴らしい白砂山の山頂に到着です。

白砂山33
歩いて来た西側の尾根道です。

白砂山34
南側には、おそらく榛名山でしょうか?

白砂山35
北側には、佐武流山が望めます。

白砂山36
さらに東側へと尾根は続きますが、登山道は白砂山までのようです。

一人風景を楽しんでいると・・・

三脚を杖に物静かな『カメラ好きシニアハイカー』が登ってきました。
『カメラ好きシニアハイカー』は山頂での記念撮影を終えると、静かに朝飯を食べていました。

すると今度は『おしゃべりシニアハイカー』が登ってきました。
『おしゃべりシニアハイカー』は一呼吸つくと、、、
僕の方を見て「あんた大宮ナンバーだなぁ」、次に『カメラ好きシニアハイカー』を見て「あんたどっから?」っと、気さくに話しかけます。
さらに続けて、昨日の出来事やら色々な話をしていました。

やがて、この先の尾根が気になったようで行きたがっていました。
この先へ行かないかと勧められましたが、僕は他の目的地があるのでお断りしました。

今は朝8時、ここは標高2000m、朝からテンションの高い人がいたものだなぁ~('ω')
なんだか賑やかな山頂でした。

白砂山37
賑やかな山頂を離れ、次の山へとまずは『八間山分岐』まで戻ります。

白砂山38
向かいから自転車を担いだ2人が歩いて来ました。
『こんな所で自転車なんかどーするんだろうぉ?』疑問に思いました。

白砂山39
『猟師の頭』への登り返しは、なかなかキツかったです。

白砂山40
しかし登り上げれば、また素晴らしい風景が広がります。

9:49 八間山分岐
白砂山41
途中で転んで手のひらを怪我して、どうにか分岐に到着です。

白砂山42
今度は分岐から八間山(はちけんざん)へと進みます。

白砂山43
さらに素晴らしい世界が続きます。

強い風は疲れた体に心地よく
まるで乾いた喉に、つめたく冷えた三ツ矢サイダーを飲んでいる時のような心地でした。

白砂山44
人工的に作られた園地のように美しい風景が広がります。
けど、もちろん自然の風景です。

白砂山45
さっきの自転車の人だぁ!
なるほど!ここなら自転車で行けますねぇ~(*'▽')

白砂山46
振り返った風景、やっぱり素晴らしいです。

10:12 中尾根の頭(標高 1944m)
白砂山47
この先、一旦下りとなり森の中へと入っていきます。

白砂山48
日も高くなり、だんだん暑くなってきましたぁ。(;´д`)
いつもながら、鬱陶しいハエどもが寄ってきます。

白砂山49
さっきまでの風がなくなり暑かったです。

10:50 黒渋の頭(標高 1895m)
白砂山50
どうやら一山越えたようです。

白砂山51
『黒渋の頭』の少し先で展望が開けます。

白砂山52
八間山まで1.2kmどの山でしょう?
手前のピークでは、ちょっと近すぎるでしょうか?

白砂山53
どうやらこのピークではなさそうです。

白砂山54
2つ目のピークも違うようです。

白砂山55
2つ目のピークの先に、もう一山見えました。
あれが八間山でしょう。

白砂山56
綺麗な尾根道が、八間山まで伸びていました。

11:18 キャンプ場への分岐
白砂山57
やがて分岐に辿り着き、八間山の山頂は目の前です。

11:20 八間山(標高 1934.5m)
白砂山58
沢山のハイカーがお昼休みにしていました。

白砂山59
ここも素晴らしい展望です。
歩いてきた道、白砂山を振り返ります。

白砂山60
東側、とおく(多分)榛名山が望めます。

白砂山61
南側、草津の街が見えました。

白砂山62
北側、あの丸い頭の山は何でしょう?

白砂山63
八間山は、この朽ちた避難小屋が遠くからでも見えて目印です。

白砂山64
30分ほど昼休憩をして下山しました。
帰りは、一旦『キャンプ場への分岐』へと戻ります。

白砂山65
暫く急坂を下ると、後は出口まで穏やかな道が続きます。

12:18 野反湖見晴
白砂山66
ここで『野反湖』が見れるようです。

白砂山67
確かにチラッと見えました。

白砂山68
いつの間にか、鬱陶しいハエもいなくなり、心地よさが戻ってきました。(*´ω`*)

12:38 八間山登山口
白砂山69
一礼をして出山しました。

白砂山70
帰りは、駐車場まで車道を歩きます。
車道より野反湖の展望が素晴らしいですよ。
→もちろん近くまで見に行くことも出来ます。

野反湖を見ながらタランタラン♪っと車道を歩いていると
一台の車が止まり、あっ『おしゃべりシニアハイカー』だぁ(゚д゚)!

やはり最後までご縁があったようで
ちなみに、僕の2台横に車を止めていたのが『おしゃべりシニアハイカー』でした。


上信越高原国立公園の花コレクション

群馬県、長野県、新潟県の県境に位置する三国山脈は『上信越高原国立公園』に指定されています。
太平洋と日本海からの海風がぶつかり合う中央分水嶺では、降水量(降雪量)が非常に多い地域であり
厳しい環境は深い渓谷と豊かな草原を作り出しました。

『上信越高原国立公園』ここではシーズン中(7月~8月)300種類もの高山植物を望む事が出来るようです。

白砂山71
イワカガミです。堂岩山にて
久しぶりに見たイワカガミ、たくさん咲いていました。

白砂山72
ミツバオウレンです。尾根道にて

白砂山73
ハクサンシャクナゲです。尾根道にて
まだ、ちょっと早かったです。

白砂山74
ハクサンチドリです。尾根道にて
こちらもちょっと早かったです。

白砂山75
ナエバキスミレです。尾根道にて
はじめて見ましたが、すぐに名前が分かりました。

白砂山76
ツバメオモトです。尾根道にて
はじめて見ました。

白砂山77
ツマトリソウです。尾根道にて
はじめて見ました。

白砂山78
コバイケイソウです。尾根道にて
葉っぱが特徴的で、すぐに分かりました。

白砂山79
マイヅルソウです。『黒渋の頭』への森の中にて
全く知りませんでした。

白砂山80
ゴゼンタチバナです。『黒渋の頭』への森の中にて
名前だけは聞いた事がある気がします。

白砂山81
ギンリョウソウです。八間山の森の中にて
まるで幽霊のような菌で咲く花ですね。
結構、広範囲に咲いていました。
【まとめ】
2000m級の名峰連なる三国山脈
白砂山は、平成4年に皇太子徳仁親王も歩かれた名峰です。

アプローチが遠く秘境と呼ばれているようですが
美しい自然が広がり、登山、ハイキング、釣り、キャンプなど、色々と楽しめる穴場の観光スポットです。
バスも出ており観光客もそれなりに来ていました。
ただ、まだまだこれから花のシーズンのようで今回はちょっと早かったようです。

この山域、まだまだ遊びどころ満載で、とても良い場所が見つかりました。

【消費アイテム】
アクエリアス 1L
水 1L
カロリーメイト(フルーツ味) 1箱
おにぎり 2個
のり巻き 1個
ラムネ 1ヶ

【取得ステータス】
・経験値(登った山数) 180
・スキル(習得した知識) 0
・満足度 100
・勇気(危険度)★☆☆☆☆
スポンサーサイト

テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

オニオン/さん

爽やか。

この辺の山って、密かに標高が高いんですよね。
で、人気が少なくて山に浸りたい時はいいんですよね。
でも、最近のGWは多いって聞いて敬遠してます。

野反湖は秋きれいですよ。
紅葉の時期もいいですが、その先の今にも雪が来そうな、どんより曇った寒々とした季節も味がありますよ。

No title

お疲れさまでした。
白砂山までは遠かったことと思います。
頂上も変わらずあるのを見て、
懐かしく思いました。
あそこに立ったのはいつだったかなぁ。
野反湖から西側の尾根もよいですよ。

朝の山

こんにちはオニオン/さん
トップの山野と夜空にうかぶ月とても幻想的デス♪
早朝からの山登りということで、写真からも徐々に
日が昇ってきて、山道の草や木々などが生き生きと
なんだか生命の息吹というのを感じます(^^
後半の高山植物の写真も奇妙な形の花びらの
草花でみつけると楽しくなりますね

No title

オニオン/さん こんばんは。

比較的近いところに行かれていたんですね。

なかなか気分が良くなりそうな稜線歩きだったようですね。
良い感じの道筋が見えて、良いですねぇ♪

野反湖は地元民が反対しているとかでカヤックやボートを浮かべちゃいけない湖らしいです。w
何の基準でなのか分かりませんが、釣りは良いらしいです。w

話は変わりますが、自分は夏休みが近くなってきているので
計画と妄想で頭が一杯です。w

んじゃまた。

2000m級の山々ですね

目目連さん、こんばんわ

コメントありがとうございます。

この辺りは2000m級の山が多いですねぇ~
風景も良く、まだまだ遊びがいのある山域だなぁっと思います。

キャンプなども楽しめる場所ですが、やはりアプローチが大変なので
大型連休を利用する人が多いんですかね?

今の時期は花畑も良さそうですが、秋も良さそうですねぇ~(*‘∀‘)
しかし『どんより曇った寒々とした季節』が似合うとは意外です。
人の少なさが孤独感を盛り上げてくれる感じですかね。

なるほど、四季折々に楽しませてくれそうです。(^-^)

興味深いです

obtusaさん、こんばんわ

コメントありがとうございます。

本当に遠かったです。4時間かかりました。
しかし、obtusaさんでも遠いと感じられるとしらた
やっぱりアプローチが大変な場所なんだなぁっと思います。

でも、苦労してでも行く甲斐のある山域だと思いました。
それほどに景色の美しい山でした。(^-^)
山道もよく整備されていますし、そこそこ人も来ていましたよ。

野反湖の西側も行ってみたいですねぇ~(^O^)/

良い山でした

ishigeさん、こんばんわ

コメントありがとうございます。

あと少しで目的地に到着と言うところで
ふっと辺りの景色を眺めた時、月の明りがとても綺麗で思わず写真を撮りました。(^-^)
風が強く吹く夜でしたが、本当に綺麗な夜空でした。

朝は早くて、1時間半しか寝れませんでした。
でも朝日に照らされた草木の輝きは、本当に綺麗で元気をもらいましたょ。
→帰りは眠くて仕方なかったですが、、、(;^ω^)

これからの時期は高山植物も豊富に咲くようで
パンフレットには300種類もの植物が観察できると書いてありました。
まだまだ、これから楽しめる時期のようです。(^O^)/

やはりですかぁ!

らぅめんちさん、こんばんわ

コメントありがとうございます。

やはり、お互い近くを歩いていましたかぁ~
こうやって付近の情報を交換できるのも楽しみの一つですね。(^O^)/

白砂山へ行ったのは、らぅめんちさんがカヤックを始めた後だったので
野反湖でも、やっている人が居るかなぁ~と思いましたが
確かにカヤック等を浮かべている人は居ませんでした。
おっしゃる通り、釣りはOKのようで案内所に釣りエサが売られていました。

多分、景観の問題だと思います。
野反湖のパンフレットには明確に記載されていませんが
釣りが出来るエリアも決められているかと思います。

らぅめんちさんは、もぅ~夏休みを取られるんですね!
そっか、7月ですからね。
いや~今、楽しみでしょうがないんじゃありませんかぁ?( *´艸`)

僕も、そろそろ夏休みの準備はじめよぉ~(^O^)/

こんばんは☆

太陽と一緒に上へ登っていく。

陽の光が優しくオニオン/さんの進む道を
照らしてくれているようでしたね ^ ^

今回も素晴らしい天気、そして素晴らしい山の風景。
とっても爽やかな気持ちになれましたよ♪

どのお写真の風景も素敵ですが、特に8枚目と
10枚目の光の風景がとっても好きな感じです ^ ^

実は先日、(車で)蔵王に行ってみましたが、雲に包まれて
真っ白な風景でした ^ ^;

光に包まれた緑輝く風景。
今度、蔵王を訪れるときにはそんな光景を見れたら
嬉しいです☆

遠く山々の雄大な風景。
そして、足元にそっと咲く花たちの風景。

オニオン/さんのおかげで今回も自然の美しさを
満喫することができました♪

今日も心を込めて、ありがとうございます♪

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

オニオン/

Author:オニオン/
【ステータス】
登山歴5年
・登山クラス:一般ハイカー
・Lv.20 堕落したハイカー
→もはや観光ハイカーになってしまった・・・
・経験値(登った山数) 201
・アルプス(縦走) 3
・スキル(習得した知識) 41
・満足度(トータル)1075
→満足度10000達成で何かが起きる!?

【進行中ミッション】
1.全国の山に登ってみよ~!(12/47)
青森県-岩木山
秋田県-秋田駒ケ岳
徳島県-剣山
東京都-雲取山
神奈川県-蛭ヶ岳
岩手県-岩手山
栃木県-日光白根山
茨城県-八溝山
宮城県-蔵王 屏風岳
埼玉県-三宝山
高知県-三嶺
福島県-燧ケ岳

2.日本のアルプスを歩いてみよう!(3/X)
栃木県-宇都宮アルプス
埼玉県-長瀞アルプス
兵庫県-須磨アルプス


にほんブログ村

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。