スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その102 大菩薩嶺 ~島津悦子~

【場所】
山梨県甲州市、北都留郡丹波山村

【山】
大菩薩嶺(標高 2057m)

【登山ログ】
2017年7月16日(日) 曇り
大菩薩嶺に登らせて頂きました。

4:48 ロッヂ長兵衛
大菩薩嶺01
登山口の近くにある『ロッヂ長兵衛』
朝早くから朝食の準備などを行っている人達が居ました。

4:49 登山口
大菩薩嶺02
『ロッヂ長兵衛』の横から登山口へと進み
一礼をして入山します。

大菩薩嶺03
暫くは、なだらかに登っていきます。

5:09 福ちゃん荘
大菩薩嶺04
『福ちゃん荘』へ到着
ここは2002年に皇太子殿下と雅子 様が御休憩された場所とか。

大菩薩嶺05
福ちゃん荘からは『唐松尾根』と『表登山道』2つのルートに分かれます。
今回は直登する『唐松尾根』へと進みました。

大菩薩嶺06
なだらかな登りが続きます。

大菩薩嶺07
やがて急登に差し掛かりました。

大菩薩嶺08
後ろを振り返ると、大菩薩湖(上日川ダム)が見えました。

大菩薩嶺09
上に来るほどガスっていました。

5:59 雷岩
大菩薩嶺10
急坂を登り『雷岩』に到着です。
ここは広々した場所なのでテント泊をしている人達が居ました。

大菩薩嶺11
『雷岩』から左へ、平坦な道を進み山頂を目指します。

6:07 大菩薩嶺(標高 2057m)
大菩薩嶺12
雷岩から僅かで『大菩薩嶺』山頂に到着です。
ここには展望が無いですが、3人の仲良し中年ハイカーが自撮り棒で記念写真を撮っていました。

大菩薩嶺13
達成感に浸る事も無く『雷岩』へと戻りました。

6:15 雷岩
大菩薩嶺14
『雷岩』から先へ大菩薩峠を目指し足を進めます。

大菩薩嶺15
「なんにも見えないなぁ」そう言いながら仲良し中年ハイカーが追い越して行きました。

大菩薩嶺16
僕も心の中で『そうだねぇ』っとつぶやきました。

大菩薩嶺18
とても歩きやすい尾根道、しかし真っ白で展望が無いのが本当に残念でした。

大菩薩嶺19
残念がっていたら
突然、大菩薩湖と富士山が姿を現しました。

大菩薩嶺20
富士山 キターーーーーーーーーー(゜∀゜)ーーーーーーーーーーーッ!

大菩薩嶺21
これは、談合坂サービスエリアで購入した『昆布巻き しめ鯖ずし』
このタイミングで頂くしかないと、富士山を眺めながら頂きました。\(^o^)/

大菩薩嶺22
まるで海の潮が引くように、サーっと雲が引いていきます。

大菩薩嶺23
『こりゃ、いぃ~眺めだぁ』っと
30分ほど景色を堪能して歩き出しました。

大菩薩嶺24
ホントいぃ~眺め、ここが大菩薩嶺で最大の魅せ場コースですね。

大菩薩嶺25
気分は上々です。

7:27 賽ノ河原
大菩薩嶺26
『賽ノ河原』に到着です。
奥に見えるピークは『妙見ノ頭』かなぁ?でも、今回はパスしました。

大菩薩嶺27
『賽ノ河原』にある避難小屋
昔は、ここから下るルートもあったようです。

大菩薩嶺28
この青空なら、どこまでも登れそうな気分です。

7:30 親不知ノ頭
大菩薩嶺29
あっと言う間に『親不知ノ頭』に到着です。

大菩薩嶺30
『親不知ノ頭』を過ぎれば『大菩薩峠』は、もう直ぐです。

大菩薩嶺31
『雷岩』~『大菩薩峠』は見晴らしが良く、天国の尾根コースです。

大菩薩嶺32
下に『介山荘』が見えてきました。

大菩薩嶺33
『介山荘』は、多くの登山者で賑わっていました。

7:42 大菩薩峠、介山荘(標高 1897m)
大菩薩嶺34
恋 恋々 山が哭いている 大菩薩峠~♪
ここが島津 悦子さんが歌う『大菩薩峠』です。

大菩薩嶺35
『介山荘』ではアイスコーヒーを頂き、そろそろ下山です。

大菩薩嶺36
天気も良くなってきました。

大菩薩嶺37
このコースは『介山荘』の人が車で上がって来るようで
道幅も車が通れるようになっています。

大菩薩嶺38
『(お菓子の)きのこの山』っぽいキノコが生えていました。

8:33 勝縁荘
大菩薩嶺39
『勝縁荘』に到着、ここはやっていないのかな?

大菩薩嶺40
『勝縁荘』の前にある沢、綺麗な流れです。

大菩薩嶺41
緑眩しく『秋には紅葉が綺麗だろうなぁ~』っと思いました。

大菩薩嶺42
『福ちゃん荘』を目指し進みます。

大菩薩嶺43
登山道の脇には美しい森が広がっていました。

8:44 福ちゃん荘
大菩薩嶺44
たくさんのハイカーが登山準備を行っていました。

大菩薩嶺45
陽が射し心地よかったです。
この辺りから続々と登山者が登ってきました。

9:08 登山口
大菩薩嶺46
一礼をして出山しました。

大菩薩嶺47
皆さんこのバスに乗って来られんですね。

 大菩薩嶺の花コレクション 

大菩薩嶺17
ニョホウチドリ
花を探したのですが、この花しか見当たらずガッカリ。。。
っと、この花を後から調べてみると、鹿の食害や笹の増殖で絶滅寸前の花
この花に偶然出会えたなら、かなりの幸運だとかッ\(^o^)/ヤッタ

花の名は、日光の女峰山で最初に採集されたことに由来するようですが
同じ時期に女峰山でも見なかった花です。
【まとめ】
天候も悪く、日本百名山としても納得いかない事から
今回は、久しぶりに満足度が低です。

-日本百名山としての大菩薩嶺-
名山連なる山梨県で日本百名山の冠が付いた山、そりゃ~期待に胸が膨らみます。

百名山の選定基準は、標高1500m以上で「品格・歴史・個性」を兼ね備えていること
でも、大菩薩嶺の山頂には展望が無く、コースも人工的で面白味が無い。

魅せ場は、天国の尾根から望む富士山
しかし、山梨県で富士山が見えたって普通の事にしか思えない。
まさかそれだけで百名山としたなら深田久弥 氏を残念に思う。

この山を百名山とするなら、完全絶対に秋田駒ヶ岳の方が百名山にふさわしい!

秋田県には百名山が1座しかない、それも岩手県の県境にある八幡平だけだが
それに対して山梨県には、霊峰富士を筆頭に11座もある。

もはや日本百名山であるか否かの差はデカい。
百名山の名は、一般の市販地図や旅のガイドブックにも表記され知名度が高い。
故に観光客や登山者の数が圧倒的に増えるのです。

そう考えれば、いささか秋田県が可哀そうにも思える。
また、百名山を目標にするハイカーは多くいるが百名山で無い事を理由に
秋田駒ヶ岳を知る事ができないハイカーがいたとしたら不憫に思う。

っま、秋田駒ヶ岳は素晴らしい山だって皆さん知っていますけどね。

-僕的な名山としての大菩薩嶺-
歩きやすくて初心者でも手軽に登れ、絶景を楽しめる良い山でした。
天候が良い花の時期に天国の尾根から望む富士山は、きっと素晴らしいでしょう。
今回は、タイミングと登るコースを誤ったかもしれないけど
次に登る時は、良いタイミングで別のコースも歩いてみたいです。

-最後に-
今回のコメントは、山梨県や大菩薩嶺を批判したり、秋田県に同情した訳ではありません。
むしろ山梨県の山には憧れを抱いていますし、これから多くの事を学ばせて頂くつもりです。
単純に自分がこれまで登らせて頂いた山への想いをコメントしました。

感情的な書き方をしてごめんなさい。

以上

【消費アイテム】
アクエリアス 500ml
水 1L
ミンティア 1ヶ
昆布巻き しめ鯖ずし 1個
カロリーメイト(フルーツ味) 1箱

【取得ステータス】
・経験値(登った山数) 200
・スキル(習得した知識) 0
・満足度 75
・勇気(危険度)★☆☆☆☆
スポンサーサイト

テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは オニオン/さん

大菩薩嶺に登られましたか、自分の地元です。
擁護するようですが、11月頃麓の北斜面から登ると八ヶ岳にでもいるような美しい山です。ぜひ11月に下から登ってみて下さい。(地元民ラッキーからの願い、コースによっては秋田駒ヶ岳と同等に楽しめるはずです。)
たしかに上日川峠からの周遊では健脚のオニオン/さんには物足りないですよね。

ハイカーに神格化されている日本百名山ですが、自分は読んでみるとたいした本でもないと感じ一読してごみ箱に捨てました。
しかしながら、深田さんは百の頂に百の喜びと書いていました。百の頂が深田さんと一致している必要性はまったくありません。日本百名山は、自分百名山で良いのではと思いました。

No title

大菩薩嶺、懐かしかったです。
ずいぶん前にほぼ同じコースを歩いたようです。
再訪したくとも再訪できないお山がいっぱい。
時間と体力が足りませんねぇ。

No title

オニオン/さん

大菩薩からの富士山は有名ですね。
いまいちの天気のおかげで、雲上の富士山がかっこいいです。

ガスのかかった樹林帯を歩く時、吸い込む空気が気持ち良くて好きです。
紅葉の時期にのーんびり歩くと気分良さそうなルートですね。

おっしゃる通りです

ラッキーさん、こんばんわ

コメントありがとうございます。

昨年のラッキーさんの記事を拝見しました。
おっしゃる通り丸川峠から登れば十分に楽しめそうですね。(*'▽')
今回は、コースの選び方に失敗したっと思っています。

秋の雰囲気も良さそうですねぇ~
勝縁荘の前にある沢のモミジの彩づきも気になります。

冬も雪山歩きに良さそうですね。
雪化粧した富士山が楽しめそうです。

春には穏やかな日和に心地よく歩けそうです。
足元の花々も綺麗でしょう。

夏は青空の下で開放感の中歩いてみたいです。
キスゲが咲く頃に富士山の眺めが最高だと思います。

僕、日本百名山の本を読んだ事がありません。
読めば学こともあると思いますが
今は興味がないので読むつもりもありません。
だから、百名山だと知らないで山を歩いている時もあります。(笑)

でも、やっぱり百名山とされる山は、風格と凄みを感じますが
大菩薩嶺は穏やか過ぎて、それを感じる事ができませんでした。
今思えば、それが大菩薩嶺の個性だったのかな?っと思います。

ん、あれ?もしかしてその優しい山容が大菩薩の由縁ですか?
今、ふっと思いましたが、そうだとすると僕は勘違いしていたかも知れません。

僕もラッキーさんと同じように
自分が登った山は、どんな山でも素晴らしかったと思っています。
だって山にはそれぞれの素晴らしさがあるし、それが楽しみですからね。(^-^)

意欲的ですね

obtusaさん、こんばんわ

コメントありがとうございます。

obtusaさんも大菩薩嶺を歩かれた事があるんですねぇ~
どんな季節に行かれたんでしょうね?(^-^)

それにしても最近のobtusaさんは意欲的な感じがします。
僕も、まだまだ張り切って色々な山を巡りたいです。

流石ですね

目目連さん、こんばんわ

コメントありがとうございます。

えっ大菩薩からの富士山って有名だったんですか?(゜o゜)
→すみません、そんな事も知りませんでした。m(__)m

しかし、目目連さんほどの経験者になると
やっぱり山の雰囲気に対する捉え方が違いますね!

僕なんか正直、ガスっててガッカリしていましたぁ~(;^ω^)
そもそも、今年の夏は期待外れでイライラが続き
今やすっかり秋の気配を感じるほど。。。

でも捉え方一つで素敵な山の雰囲気に変わるものなんですね。
→一つ勉強になりました。

僕も、もっと大人になって山をEnjoy出来るようになりたいです。
じゃないと、せっかくの楽しい登山が台無しですからね。(^-^)

大菩薩峠

こんにちはオニオン/さん
大菩薩峠、名前は聞いたことがあるのですが
こういう場所なんですね(雲やガスが多く遠くまでは
見えてませんけど雰囲気はつたわってきます(^^
それにしても貴重な「ニョホウチドリ」の花を
見つけるなんて幸運でしたね。
自分も旅先で何気なく見ておいたものが
後日調べていると、珍しいモノだった。
なんてことままあります。案外欲を出さない方が
そういうのに遭遇するのかなぁ(-∇-♪

No title

オニオン/さん こんばんは

大菩薩嶺に行かれたんですね。
私が行った時もガスで真っ白で何も見えなかったです。
眺望もなく頂き周辺の足元はグチョグチョ。
おまけに、私が行った時は標柱もボロで・・・。w

良かったのはロッヂ長兵衞で桃を箱で買えたことと、
蜘蛛の巣に付いている水玉がエラく綺麗に見えたことくらいでしょうか。w

晴れていれば満足のいく山なのかもしれませんが、
確かに物足りない百名山ですね。
他の山から見たときの山容はなかなかのモノなんですがね。

美ヶ原や霧ヶ峰も百名山の中に入っていますが、
曇天であれば同じような印象を受けるのではないかと思います。
まぁ今と昔では木々も成長し、登山道や小屋などの立地も変わっているでしょうから、
深田さんが選択した頃とは大違いなんだろうと思ってます。

苗場山の小屋で一緒になった仙人のような爺ちゃん先輩が
「あれは彼の百名山だからねぇ。」と言ったのを思い出しました。
日本百名山は深田さんの百名山。

私は自身の百名山を探してる最中であります。w

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

確かに!

ishigeさん、こんばんわ

コメントありがとうございます。

大菩薩嶺は、都心からのアクセスが便利で観光地的な山です。
また、ロープウェイなどはありませんが、歩いて楽しい山だと思います。

確かにishigeさんがおっしゃるとおり貴重な物って
探してもナカナカ見つからないけど、
何気なく見つけたものが珍しい物だったりする事ってありますよね。(^-^)

今回は、たまたま花を注意して見ていたので写真を撮りましたけど
もしかしたら、気が付かないで見過ごしている物って多いかも知れませんね。

同じです

らぅめんちさん、こんばんわ

コメントありがとうございます。

らぅめんちさんが行かれた時もガスってましたかぁ~
もしかして、大菩薩嶺ってガス率高いんですかね?(;^ω^)

僕が行った時もロッジ長兵衛で野菜など売ってましたぁ~
あれ、登山者に人気なんですね。(^-^)

確かに晴れていれば物凄く絶景を楽しめる山だと思います。
コース的には穏やかでしたが、難しい場所はありませんが
あれが大菩薩嶺の特徴なのかな?って思います。
もし今後、行った時は別のコースを歩いてみたいと思います。
晴れの日に。。。( *´艸`)

そうですか、らぅめんちさんも
自分なりの百名山を探していたんですね。
僕も同じです。

きっと僕は、これからも自分なりの山が見つかるまで
山を歩き続けるんだと思います。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

オニオン/

Author:オニオン/
【ステータス】
登山歴5年
・登山クラス:一般ハイカー
・Lv.20 堕落したハイカー
→もはや観光ハイカーになってしまった・・・
・経験値(登った山数) 201
・アルプス(縦走) 3
・スキル(習得した知識) 41
・満足度(トータル)1075
→満足度10000達成で何かが起きる!?

【進行中ミッション】
1.全国の山に登ってみよ~!(12/47)
青森県-岩木山
秋田県-秋田駒ケ岳
徳島県-剣山
東京都-雲取山
神奈川県-蛭ヶ岳
岩手県-岩手山
栃木県-日光白根山
茨城県-八溝山
宮城県-蔵王 屏風岳
埼玉県-三宝山
高知県-三嶺
福島県-燧ケ岳

2.日本のアルプスを歩いてみよう!(3/X)
栃木県-宇都宮アルプス
埼玉県-長瀞アルプス
兵庫県-須磨アルプス


にほんブログ村

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。