スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その43-2 甲武信ヶ岳 ~奥秩父のヘソ~

以下その43-1 甲武信ヶ岳の続きです。

5:20 出発
さぁ~今回の山旅のメイン、ご来光を拝みに出発です。
甲武信ヶ岳36
テント場から山頂までは10分~20分程度で行けます。

5:26 山頂の手前
甲武信ヶ岳37
山頂より手前にある見晴しの良い岩場です。
皆さん、ここでご来光を拝むようです。

甲武信ヶ岳38
日が昇る位置より少し南側にカメラを向けました。
あれは木賊山(とくさやま)かな?時々ピカピカとフラッシュのような光が見えました。

甲武信ヶ岳39
5時45分、皆が望んでいた太陽が昇ってきました。

甲武信ヶ岳40
ご来光 キタ―――(゚∀゚)――――ッ !!
この日、この国で何人の人がこの光に感動したのだろう。
僕としては、今年2度目のご来光です。

5:55 甲武信ヶ岳(標高 2475m)
甲武信ヶ岳41
ついに キタ―――(゚∀゚)――――ッ !!甲武信ヶ岳の山頂
記録更新!!!僕が登らせて頂いた山では一番高い山です。

甲武信ヶ岳42
ちなみに山頂でご来光を拝むと、こんな感じです。
木々が邪魔でよく見えません。

甲武信ヶ岳43
OH!Japanese Fuji

甲武信ヶ岳44
富士山より少し西側、雲海が見えます。

甲武信ヶ岳45
埼玉県が最高峰の三宝山です。
行こうと思えば行けますが、一気に行ってしまっては勿体ないので、また今度にしましょう。

甲武信ヶ岳46
感謝の気持ち、そして無事に下山できる事を願いました。

7:34 甲武信小屋(テント場)
甲武信ヶ岳47
山頂から下りてきて、朝食を食べました。(朝食は自分が持ってきた物です)
さぁ~下山です。今回は登ってきた道を下るピストン山行です。

甲武信ヶ岳48
テント場から30分ほど離れた場所で甲武信ヶ岳を振り返りました。

甲武信ヶ岳49
時間がないので、どんどん歩きました。

8:30 破風山避難小屋
甲武信ヶ岳50
正面に見えるのは西破風山です。
この辺りから徐々に風が強くなってきました。

甲武信ヶ岳51
西破風山の急坂を登っている途中で振り返ってみました。
南側より雲がもの凄い速さで迫ってきます。

10:38 木の墓場
甲武信ヶ岳52
あっと言う間にガスに巻かれ、立ち枯れた木々の森は異様な雰囲気でした。
※東破風山から雁坂嶺の間は立ち枯れた木が多いです。

11:10 雁坂峠
甲武信ヶ岳53
この日は流石に誰も居ませんでした。

甲武信ヶ岳54
富士山も見えず、景色はこんな感じです。

11:24 雁坂小屋
甲武信ヶ岳55
やっと雁坂小屋まで下りてきました。

甲武信ヶ岳56
ここまで下りてくると空も晴れてきました。
やはり雰囲気が良いので、ちょっと休憩しました。

甲武信ヶ岳57
なぜかスコップとクワが吊るされています。
雁坂小屋からだいぶ下りてきた場所です。

13:34 あせみ峠
甲武信ヶ岳58
登りでも紹介した本コース唯一のベンチ場です。
今回は、ちょっと休憩していきましょう。

14:26 雁坂峠入口(黒岩尾根登山道)
甲武信ヶ岳59
一礼をして出山しました。

14:55 出会いの丘
甲武信ヶ岳60
中央に見えるのは以前登らせて頂いた和名倉山(別称:白石山-ハクセキサン)です。

和名倉山 2013年5月25日登頂

Mission Complete
【まとめ】
日本三大峠の雁坂峠、日本百名山の甲武信ヶ岳は、素晴らしい場所でした。
台風26号の影響か?西破風山から雁坂峠までは雲の中でしたが
最後は雲が晴れて、無事に下山する事ができました。

今回は初めてのテント泊でした。
余計な荷物が多く、逆に足りない物もあったと思います。
まだまだ、次回のテント泊までに見直す必要があと感じました。

以上

【取得ステータス】
登山レベルが上がりました。

・Lv.12 ビーストハイカー
・経験値(登った山数) 41
・スキル(習得した知識) 1
→テント泊
・満足度 100
・勇気(危険度)★★☆☆☆
スポンサーサイト

テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

山頂での日の出、「ご来光」神秘的ですね(^0^
ページトップ写真では真っ暗だったので、何事だろうと
思いましたが、太陽が上がる前なのですね。
もう10月ともなると気温も寒かったのではないですか?
そして登頂高記録更新おめでとうございます

すばらしいです。

オニオン/さん、こんにちは。

すばらしいご来光ですね、
僕は太陽が出るまでのオレンジに染まる空も好きです。
テント泊ならではの絶景、うらやましい限りです。
⇒僕もテント考えてみます。


山の醍醐味です。

ishigeさん、こんばんわ

コメントありがとうございます。

山の上で、ご来光を観るのは登山の醍醐味です。
登山としては、初めてのテント泊とご来光でした。( ・∀・*)ノ

山の上は風もあり寒かったです。
出発時の前日、「出会いの丘」と言う駐車場付近では気温6度でした。
ここ甲武信ヶ岳は2000m以上ある場所なので、朝方は気温0度ぐらいだったと思います。
皆さんダウンジャケットを羽織っていました。

今現在2000m以上の山は、もう雪が降っていることでしょう。
今年は、これ以上高い山へは行けませんが
これからも更なる高みに向けて頑張ってみます。∩(´∀`)

楽しかったですよ!

syuuさん、こんばんわ

コメントありがとうございます。

オレンジ色に染まる空は綺麗ですよねぇ~僕も好きです。(●´∀`●)
この日は、運が良かったです。
もう少し雲の流れが早かったら、ご来光や富士山は見れなかったと思います。

山小屋泊でも良いかもしれませんが
せっかくアウトドアを楽しむのなら、やっぱりテント泊を経験したいですよねぇ!
テント泊は長年の夢だったので、本当に嬉しかったです。

そしてもう少し慣れてきたら、山メシなんかも楽しみたいと思っています。
→今年の冬は、山メシの修行しようかなぁ~( ´艸`)

甲武信ヶ岳

オニオンさん、

こんばんは。

甲武信ヶ岳のご来光、しっかりとゲットされましたね。
富士山が雲の上にふわーと浮いており、素晴らしいです!

いい経験のテン泊でしたね。

六甲山探検隊

No title

なかなか良い御来光ですねぇ。

画像では音が聞こえないから、おばちゃまの声が聞こえないのでばっちりですよ。w

富士山はどこからでも見えて良いですよね。
登るより眺めた方が良い山ですよねぇ。

3連休はどこに?w

本当に良い体験でした。

六甲山探検隊 隊長さん、こんばんわ

コメントありがとうございます。

ご来光と富士山が見れてラッキーだったと思います。
この後、甲武信ヶ岳は雲に覆われてしまいましたからね。
本当に綺麗な景色でしたぁ~

これが初めてのテント泊でしたが、良い経験ができました。∩(´∀`)

ですよねぇ~

らぅめんちさん、こんばんわ

コメントありがとうございます。

実は、おばちゃん3人は、朝4時に起きて、さっさと下山していきましたぁ。
→まぁ~朝4時に叩き起こされた感じです。。。

でも、ご来光が綺麗だったので、そんな事は忘れましたぁ~(*´∀`)ノ
おっしゃるとおり、富士山は見ているだけの方が綺麗ですよね~
僕もそう思います。

3連休は、奥多摩へ行こうかなぁ~と思っています。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

もう一つの秩父の味わい

オニオン/さん

秩父山塊はうっそうとした原生林がいいですね。
私は初冬のキンキンに冷えた空気の中の、んー、何と言うか、肺にしみわたる空気の中を歩く時期が好きです。
人影も少なくなるし、秩父の雄大さをさらに満喫できます。

おすすめですよ。

暁の山上

こんばんは!(^^)! オニオン/様

夜明け前の景色に感動しました!夜明け前を表す言葉いろいろありますが『暁』と言う言葉が似あいますね!他にも『東雲』『黎明』『彼誰時』と言う言葉もありますが今回は『暁』ですね!
この暁の写真を見ていると、本当に大切な事は何なの?と考えてしまいます。資本主義が破綻しかかっている現在、成長戦略って正しいの?もっと自然や人に優しい世の中を政府主導で創れないの?って考えてしまいます。

膝も順調に回復しているのでそろそろ低山から再開しようかと思っております。暁の甲武信ヶ岳『日本の夜明けぜよ!』て叫びたくなりますね。

分かります。

目目連さん、こんばんわ

コメントありがとうございます。

冬の冷たく澄んだ空気、肺にしみわたる感覚わかります。
いぃ~もんですよね。

やはり秩父の山は冬の方が歩きやすいですかね。
今シーズンは、アイゼンを装備して雪のある山にチャレンジしてみたいと思います。
オススメ情報ありがとうございました。

山の恵ですね

ラッキーさん、こんばんわ

コメントありがとうございます。

膝の方、順調に回復されているとの事で良かったです。
これから寒くなるので、登山前のストレッチなど欠かせないですね。

夜明け前を表す言葉には色々とあるんですねぇ~
ラッキーさんのおっしゃる通り『日本の夜明けぜよ!』と思わず叫びたくなりましたぁ

山は色々な恵をもたらせてくれますね。
美しい景色、その景色を見た時の感動や想いもその一つだと思っています。

豊かな自然を守る事と、豊かな国づくりは時に相反しますね。
これからの未来に向けてどちらも必要な事だと思いますが
バランスの取れた良い未来、良い国にしていければ良いですね。
そして時には、こんな事を考えるのも山の楽しみの一つだと思います。∩(・ω・)
プロフィール

オニオン/

Author:オニオン/
【ステータス】
登山歴5年
・登山クラス:一般ハイカー
・Lv.20 堕落したハイカー
→もはや観光ハイカーになってしまった・・・
・経験値(登った山数) 201
・アルプス(縦走) 3
・スキル(習得した知識) 41
・満足度(トータル)1075
→満足度10000達成で何かが起きる!?

【進行中ミッション】
1.全国の山に登ってみよ~!(12/47)
青森県-岩木山
秋田県-秋田駒ケ岳
徳島県-剣山
東京都-雲取山
神奈川県-蛭ヶ岳
岩手県-岩手山
栃木県-日光白根山
茨城県-八溝山
宮城県-蔵王 屏風岳
埼玉県-三宝山
高知県-三嶺
福島県-燧ケ岳

2.日本のアルプスを歩いてみよう!(3/X)
栃木県-宇都宮アルプス
埼玉県-長瀞アルプス
兵庫県-須磨アルプス


にほんブログ村

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。