スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その61-1 男体山 ~家族の繋り・父~

【場所】
栃木県日光市

【山】
男体山(標高 2486m)、大真名子山(標高 2375.4m)、小真名子山(標高 2322.9m)
☆日本百名山が一山
☆栃木百名山が一山

【消費アイテム】
おにぎり 3個
チーかま 4本
ラムネ1ヶ
カロリーメイト(チーズ味) 1箱
水 1L
アクエリアス 1L

【まえがき】
日光表連山ファミリー最終話は、偉大なる父の山である男体山と日光三険が一つ千鳥返しを目指しました。

その昔、沙門勝道が山頂を極めたとされるこの山は、二荒山(ふたらさん)と呼ばれ
のちに二荒は「にこう」と読まれるようになり、今の「日光」という地名が出来たと言われています。

そんな事から男体山は日光の山を語る上で重要な山だと思い、日光白根山を目指す前に
まず男体山へ登り挨拶をしておきたかったのです。

今回は、15時間以上の山行となり帰りは真っ暗になってしまいましたが
後半は長い林道と国道を歩くだけなので危険はありませんでした。

≪ミッション≫
危険な山歩き3(日光三険を越えて 3/3)
→鎖と梯子の登り方を習得しよう!

【登山ログ】
2014年7月29日(火) 晴れのち曇り
男体山、大真名子山、小真名子山に登らせて頂きました。

4:08 日光二荒山神社中宮祠
男体山01
ここは、国道120号沿いにある二荒山神社の鳥居です。
すぐ目の前には中禅寺湖が広がり、男体山への道はこの鳥居を潜るところから始まります。
しかし男体山の登拝時間は6時からなので、この時間、登拝門は閉ざされていました。

~ 日光二荒山神社中宮祠 ~
【登山期間】平成26年は5月5日~10月25日
【登拝受付】6時~午前中のみ
【登拝料】大人500円
【男体山登拝大祭】平成26年は7月31日~8月7日 ※参加は大人1000円
【その他】トイレあり、自動販売機あり、駐車場(無料)あり

4:29 一合目
男体山02
この日は長時間の山行になる為、6時からでは山を下りられなくなります。
仕方がないので、まわり道をして一合目まで来ました。
正式な方法ではありませんが登拝料を納め、一礼をして入山します。

男体山03
真っ暗だった登山道は、すぐに明るくなってきました。

男体山04
しばらく登ると舗装された作業用の林道に出ます。

男体山05
日光猿軍団があらわれました。
笹原から道路を跨ぎ笹原へと進む大きな群れでした。

写真は群れと別行動をとった一匹の猿です。
僕がカメラをじぃーっと向けていると「あれ?みんな行っちゃうの?」みたいな顔をして
まったくトボけたおさるさんです。(´ω`)

5:20 四合目
男体山06
しばらく林道を歩くと再び登山道があり、ここからが本格的な山道になります。

男体山07
小ぶりの岩がゴロゴロしていますが歩きやすい方です。

5:43 五合目
男体山08
五合目には小屋があり、小屋の中にはベンチもあります。

男体山09
所々に鉄パイプの手すりが設置されています。
※鉄パイプを素手で触ると、手が鉄臭くなりますよ。

5:58 六合目
男体山10
この辺りは木々に覆われていて展望はないです。

男体山11
少し道が荒れていますが整備されています。

男体山12
このマークは何でしょう?
近くに駐車場なんかありませんよ。

男体山13
徐々に岩が大きくなり、空が開けてきました。

男体山14
後ろを振り返ると中禅寺湖がよく見えました。

6:28 七合目
男体山15
景色を楽しみながら七合目に到着です。

男体山16
段々と険しさが増してきますが、この辺りからお楽しみがありますよ!

男体山17
滝尾神社の鳥居が見えてきました。ここは撮影ポイントの一つですね。

6:54 八合目-滝尾神社
男体山18
ここにも小屋がありますが、小屋の中は見ていません。
滝尾神社は小屋の奥にひっそりとあります。

男体山19
岩が大きいです。
ゆっくりと歩いた方がいいですね。

男体山20
天然記念物ヒカリゴケです。

お楽しみとはコレ!この辺りの岩の隙間を覗くと見られますよ。
実はフジ男くんから事前に、この辺りでヒカリゴケが見られると聞いていました。
昔はもっと沢山見られたようですが、今は少なくなたようです。

男体山21
八合目より先は、徐々に大きな岩がなくなり木段が整備されています。

男体山22
だいぶ山頂が近づいてきたのか、パーっと空が開けて気持ち良かったです。

男体山23
最後の登りはキツいとフジ男くんが言っていましたが
この黒い砂地は足が取られて歩き辛いです。

男体山24
山頂が見えてきました。

男体山25
ついに到着です。

7:33 二荒山神社奥宮
男体山26
まずはお参りをしてから、神社の右手にある山頂へと進みました。

7:35 男体山(標高 2486m)
男体山27
キタ―――(゚∀゚)―――― !!
男体山のシンボル二荒山大神御神剣です。

2012年(平成24年)の春ごろに折れてしまった神剣ですが
同年10月、新たに奉納されピカピカの姿で復活したようです。
山頂にある為「避雷針になってしまうのでは?」と心配する声もあるようですが
稲妻が落ちる瞬間を見れたらカッコイイなぁ~(゚∀゚ )

男体山28
景色も抜群に良いです。
太郎山から帝釈山と女峰山、手前は大真名子山です。

男体山29
青空の下、遠く山々の風景が素晴らしかったです。
ひときわ高い山は、もちろん日光白根山です。

男体山30
男体山と日光白根山は兄弟です。

弟・男体山は言いました「もっと高みを目指してみろ」と
兄・白根山は言いました「お前に来れるものか?」と
僕は思いました『もっと高く飛べたなら』と

男体山31
別の景色を見に、いったん神社の方へ戻りました。

男体山32
眼下には、中禅寺湖が広がります。

男体山33
二荒山大神です。

男体山34
大きく鐘を鳴らして、次は日光白根山に登りたいと願いました。
きっと、想いがあれば道は開けるものです。

男体山35
時間が無いので早く出発しようっと思っていましたが
結局50分も景色を堪能してしまいました。

男体山36
山頂から暫くは、気持ちの良い尾根道です。

8:31 裏九合目
男体山37
景色が良いのは、この辺りまでです。

男体山38
徐々に樹林帯へと入っていきます。

8:43 裏八合目
男体山39
樹林帯に入ってからは、いきなり急坂で悪路でした。

男体山40
ここは『鼻毛ノ薙』と言われている場所です。
来た道を振り返り男体山を望みました。

男体山41
立派ですね。何て言うキノコでしょう?

9:09 裏五合目
男体山42
裏八合目からずっと急坂の悪路は続きます。

9:20 裏四合目
男体山43
深く掘られた溝が沢山あって歩き辛いです。

9:26 裏三合目
男体山44
この辺りで、あるご夫婦ハイカーと出会い
この日、男体山に『田中陽希 氏』が来ると教えてくれました。
『誰だぁそれぇ~???』

~ 田中陽希 氏 ~
今年(2014年)4月より鹿児島県を出発し
日本百名山(100座)を人力のみで繋ぐプロジェクトに挑戦している人。
これを成した者は未だおらず、前人未達の全く新しい挑戦だとか。
2014/08/16(土)現在、新潟県は越後駒ヶ岳付近
※詳細は田中さんのブログ→田中陽希で検索!

男体山45
裏三合目より先は、また雰囲気が一変しました。
ここはザレていて歩き辛いです。

9:32 裏二合目
男体山46
この辺りは、ダムのような物がありました。

9:39 裏一合目
男体山47
裏一合目に到着です。
この時、田中 氏は山頂に到着したようです。
なんでも中禅寺湖から1時間で山頂に着いたとか。
いやはや凄いです。

男体山48
登山口には石仏が立ち並んでいました。

9:43 志津行屋 避難小屋
男体山49
小屋の中でチョット休憩、汗をふきました。

9:57 志津乗越 登山口
男体山50
一礼をして出山しました。
【まとめ】
男体山は、登山口までのアプローチも簡単で誰でも登れる簡単な山
5時間もあれば十分に登って下りて来れるでしょう。
あのフジ男ちゃんも小学生の頃に遠足で登ったそうです。
→その時、男体山の山頂にあった石を持って帰ってきてしまったとか。。。
ダメって書いてあるのに、いけませんねぇ~

しかし、これだけ大きな山なのにコースが1本しか無いのは不思議です。
もしかして日本百名山の中で男体山だけかも知れません。
→調べて無いので分かりませんが。。。

山全体が神社の敷地なので、色々とルールが面倒ですが
山頂からの景色は、とても素晴らしい山でした。

To be Continued →
スポンサーサイト

テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは☆

今回も素晴らしい青空の下での登山でしたね☆
空の青さに吸い込まれそうになります。

野生のおサルさん、日光の守り神でしょうか ^ ^

中禅寺湖は昨年の秋に訪れましたが、山の上から
見る景色も良いですねぇ☆

『もっと高く飛べたなら』
高いところは苦手ですが、鳥になってこんな景色の
上を飛べたら楽しいでしょうね♪

今回も素晴らしい風景にココロが躍りました ^ ^
心を込めてありがとうございます☆

日光の男体山

こんにちは、オニオン/さん
日光の男体山で野生のサルの群れに遭遇したのですか!?
しかもこっちを向いてカメラ目線、バッチリ写ってますね。
よく野生の猿に襲われる。という被害をきくので
自分だったら、群れでいたらおののいてしまうかも(^^;
また、男体山の頂上には刀や神像が奉られているのですか、
昔から信仰のあった山なのですね

男体山

オニオンさん、

 こんにちは。

 ザレ場、岩場、階段、、、とても変化にとんだコースですね。
 
 眼下の中禅寺湖はとても美しいですが、吸い込まれそうで
 ちょっと怖いです。

 お疲れ様でした。

六甲山探検隊

No title

オニオン/さん、こんにちは。

男体山お疲れ様でした、って続きがあるんですね?
楽しみにしています。
田中陽希氏の『百名山一筆書き』は最初から見ています。
すごいの一言ですね、ぜひ無事に最後まで行ってほしいと
思っています。
それで田中陽希氏には会えたんでしょうか?



そうでしたかぁ

らすかるさん、こんばんわ

コメントありがとうございます。

らすかるさんも日光へ旅行された事がありましたかぁ~(・∀・)
秋と言えば!やはり紅葉ですかねv-34

人気のスポットですから混雑していたかと思いますが
良い紅葉が見られたのではないでしょうか?ヽ(´▽`)

中禅寺湖も素晴らしいですよね。
また日光へ行った時は、ゆっくりと中禅寺湖の周辺を歩いてみたいと思います。
中禅寺湖から望む男体山も綺麗なようですよ^^

遭遇しましたぁ

ishigeさん、こんばんわ

コメントありがとうございます。

猿の群れに遭遇しましたぁ~v-14
日光は猿が多いですね。
夏も冬も普通に道路を走っているだけで見かけます。

わりと人間慣れしているようで、やはり襲ってきたりする事もあるようです。
ただこの時は、群れは直ぐに居なくなってしまったので大丈夫でした。
写真に撮った一匹だけ、僕の方へ走ってきたので上手く撮ることができました。
実はカメラ目線っと言うより、群れの方を気にしていたようです。

男体山の山岳信仰の歴史は古いですね。
日本百名山にも選ばれている山なので、名高い歴史ある山ですよ。ヽ(´▽`)

日光は良いところです。

六甲山探検隊 隊長さん、こんばんわ

コメントありがとうございます。

男体山は、本当に変化にとんだ山でした。
大きな岩がゴロゴロしている場所もありましたが鎖場はないです。
いや、コース上ではないですが八合目の滝尾神社にチョット鎖場がありました。

中禅寺湖は、男体山が噴火した時に川が塞き止められて出来た湖のようです。
周辺は、とても自然豊かな場所で美しいところですよ。ヽ(´▽`)
観光スポットになっています。
今度、日光へ行った時は、ゆっくり歩いてみたいなぁと思います。

この日の山行は、まだ終わりではありません。
今、記事を作成中なので、またお暇な時に是非ご覧下さい。^^

ご存知でしたかぁ

syuuさん、こんばんわ

コメントありがとうございます。

syuuさんは、田中陽希氏をご存知でしたかぁ~(゚∀゚ )
いゃ~さすがです。僕は知りませんでしたァ。。。(´▽`;)

前人未達の挑戦と言うことで、10月か11月を目標にしているようですが
是非、無事に成功してもらいたいですね。

田中氏のブログを見れば今いる位置が分かるので
皆さん応援に駆けつける方が多いようですね。
この日、男体山に来ていた人も田中氏の応援に来ていたのかなぁ~と思います。

残念ながら僕は会えませんでしたぁ。。。
田中氏が男体山の山頂に着いた頃、僕は男体山の裏一合目にいたもので、、、

その後
田中氏は、日光白根山へ
僕は、大真名子山へ
それぞれの目標に向かい歩き出しました。

続きは、いま作成していますので
田中氏共々、コチラもぜひ応援してやって下さい。m(_ _)m

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

男らしい山

こんばんは!オニオン/様

男体山のレポ楽しく読ませていただきました。

素晴らしい景観、日本猿との遭遇、ヒカリゴケの観察、裏ルート、きっと充実した山行きだったんでしょうね!

私は男体山に登った事はありませんが、NHKの日本百名山という番組を毎回録画おり、男体山は10回位鑑賞しましたので記事中の写真なんか懐かしい感じがします。

しかし男体山はその名の通り、赤土や火山岩のゴロゴロした荒々しさを感じさせる男らしい山ですね!

いつか登りたい山です。

ラッキー





オススメの山です。

ラッキーさん、こんにちわ

コメントありがとうございます。

男体山は、日光表連山の中で最もオススメの山ですよ。ヽ(´▽`)
アプローチが簡単ですし、バリエーション豊かな登山道は楽しめます。

ただ記事にも書きましたが、色々とルールがあるので注意して下さい。
今の時期、日光は涼しくて道路も混まないと思うので良いかも知れませんね。

あと、もし男体山へ行かれる事があれば
毎年おこなわれる『登拝大祭』に参加してみるのも楽しいかも知れませんよ。
今回、僕も参加したいなぁ~と思ったのですが、日程が合わず断念しましたぁ。

詳細は、二荒山神社のホームページを確認して頂きたいのですが
例年7月1日~数日間おこなわれる『登拝大祭』は
午前0時から山頂を目指して歩き始め、山頂でご来光を眺めるようです。
行事の最後には、男体山のご聖水がもらえるとか!?

『登拝大祭』は、多くの人が参加するようなので
もし参加される時は、早めに現地に到着して駐車場を確保した方いいですよ。
→土日は、特に混むらしいです。

混雑と言えば、紅葉シーズンも避けたほうが良いですね。
男体山へは、いろは坂を必ず通るのでシーズン中は渋滞に巻き込まれますよ。

っと、まぁ~色々ありますが
登ってみれば楽しい山ですし、もちろん山麓周辺の景色も綺麗ですよ。
機会があれば、ぜひ男体山へ登ってみて下さい。ヽ(・∀・)
プロフィール

オニオン/

Author:オニオン/
【ステータス】
登山歴5年
・登山クラス:一般ハイカー
・Lv.20 堕落したハイカー
→もはや観光ハイカーになってしまった・・・
・経験値(登った山数) 201
・アルプス(縦走) 3
・スキル(習得した知識) 41
・満足度(トータル)1075
→満足度10000達成で何かが起きる!?

【進行中ミッション】
1.全国の山に登ってみよ~!(12/47)
青森県-岩木山
秋田県-秋田駒ケ岳
徳島県-剣山
東京都-雲取山
神奈川県-蛭ヶ岳
岩手県-岩手山
栃木県-日光白根山
茨城県-八溝山
宮城県-蔵王 屏風岳
埼玉県-三宝山
高知県-三嶺
福島県-燧ケ岳

2.日本のアルプスを歩いてみよう!(3/X)
栃木県-宇都宮アルプス
埼玉県-長瀞アルプス
兵庫県-須磨アルプス


にほんブログ村

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。