スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その61-2 大真名子山と小真名子山 ~家族の繋り・姉と妹~

以下『その61-1 男体山』の続きです。

10:03 志津乗越(標高 1785m)
大真名子山01
志津行屋から林道に出たら左へ、志津乗越はすぐ目の前に見えます。
※仮設トイレあり。

『駐車禁止 二荒山神社』の看板がありますが
裏男体山や女峰山を目指す方は、皆さんココに車を止めています。
駐車スペースは8台程度、林道を富士見峠の方へ進んだ先にもスペースはありますが
作業用の車が通るため利用しない方が良いです。

10:03 大真名子山 登山口
大真名子山02
『駐車禁止』看板のすぐ後ろに登山口があります。
一礼をして入山します。

大真名子山03
いきなりササ漕ぎだったので、登山口を間違えたかと思いましたが
ガイドブックに『ササ道を登っていく』と書いてあるので間違ってなかったです。

大真名子山04
ササ道をしばらく登ると石碑が見えてきます。

10:11 八海山神
oomanago05.jpg
八海山神です。
石碑がある場所の岩の上に立っています。

大真名子山06
荒れていて、かなり登り応えのある登山道です。
八海山神より先は、ずっと急坂が続きます。

大真名子山07
約1時間ほど急坂を登ると大きな岩が見えてきます。
『もう直ぐ山頂か?』と思いましたが、まだまだ先がありました。

11:18 三笠山神
大真名子山08
三笠山神です。
山頂を目指してグルグル回るように登ってくると突然あらわれます。

大真名子山09
三笠山神より先へ、もう少し登ります。
こんなハシゴが所々にあります。

大真名子山10
最後のひと登り、この先で見晴らしの良い場所があります。

大真名子山11
見晴らしの良い場所からは男体山が望めます。
雲が多いですが、なかなか景色の良い場所でした。

11:35 千鳥返し
大真名子山12
日光三険が一つ千鳥返しです。

景色の良い場所から『千鳥返し』まで10m程の細い巻道があります。
実は、その細い巻道で滑落しました。
ずっと一人で登ってきたはずなのに、突然『こんにちわ』と声をかけられ
足元から注意を逸らした瞬間、足を踏み外しました。

登ってきた急坂を考えれば、ここはモノ凄い急斜面です。
後ろ向きに倒れて『やばい』と思った瞬間、木にぶつかり助かりました。
ザックがクッションとなり幸い怪我は無かったです。

もしここが何もない崖や岩場だったら、大怪我をするか最悪は命が無かったです。
気を抜いていた訳ではありません?が『もう少し周囲に目を配らなければいけない』と知りました。

11:40 大真名子山神社
大真名子山13
危ういところでしたが、何とか山頂に到着しました。
ちなみに『千鳥返し』は、さほど危険もなく登れます。

11:41 大真名子山(標高 2375.4m)
大真名子山14
大真名子山は、男体山と女峰山の長女です。
山頂に鎮まるは蔵王権現です。

大真名子山15
この時は雲があって景色は良くなかったですが
雲のない日は、尾瀬や会津の山々が一望できるようです。

大真名子山16
おっ!隠れたお地蔵さんを発見しました。

大真名子山17
マルバシモツケです。
山頂に沢山さいていました。

先ほど声を掛けてきたシニアハイカーが休憩していました。
突然、僕が目の前から消えてビックリしたそうです。

しばらくシニアハイカーと話をしました。
話の中で、その方は百名山を70座ほど登ったと言いました。
オニ/「へぇ~凄いですねぇ!全国を歩いているんですか」
・・・
よくよく話を聞いてみると日本百名山ではなく、栃木百名山だそうです。。。
ぃゃ勘違いするでしょ~
だって、さっきまで男体山の話をしてたんだから、、、(´Д`;)

大真名子山18
シニアハイカーは先に小真名子山へ行きましたが
僕は腹が減ったので、山頂でお昼を食べてから小真名子山へ向かいました。

大真名子山19
ガスっていますが、なかなか雰囲気が良いですねぇ。

13:06 鷹ノ巣
大真名子山20
ここは、大真名子山と小真名子山の鞍部にある『鷹ノ巣』と呼ばれる場所です。
木々に囲まれていて気持ちの良い場所ですよ。
この先はキツい急坂なので、ちょっと休憩していくと良いでしょう。

小真名子山21
さぁ~本日最後の登り、気合を入れて登りましょう。

小真名子山22
空が開けてきたので、まもなく山頂です。
→『鷹ノ巣』からココまでのキツい急坂は、だいぶ(写真を)省いています。

13:51 小真名子山(標高 2322.9m)
小真名子山23
小真名子山は、男体山と女峰山の次女です。
山頂は木々に囲まれて展望は無いですが、少し先に開けた場所があります。
シニアハイカーは、ここでお昼を食べていました。

小真名子山24
小真名子山のシンボル電波反射板です。
開けている場所なので、本来はとても見晴らしの良い場所です。

小真名子山25
一息ついて下山しました。

小真名子山26
山頂から少し下ると、後は富士見峠までずっーとガレ場です。
確かに地図にガレ場と書いてありましたが、ここまでとは思いませんでした。

小真名子山27
かなりの急坂、あたりはガスで見通しが悪く、歩くのは僕一人だけ。
どこまでこの状況が続くのか?不安でした。

大真名子山で滑落して、臆病風に吹かれたのか?
参考タイム30分のところを1時間半もかけて歩きました。

しかし見通しが悪いうえに浮石が多く、もし落石して下に人がいたら大変な事になる。
時間には余裕があったので、ゆっくりと下りる事にしました。

おかげて『転倒ゼロ』、『落石ゼロ』っとCOOLに決めましたよ。v(`^´)
→って言うかココ30分じゃ無理、天気が良い時でも40分~50分は見ておきましょう!

15:12 富士見峠
小真名子山28
ゴールです!ホッと一安心しました。
一礼をして出山しました。

小真名子山29
後はどれだけ歩くのやら、長い長い林道(志津林道)をひたすら歩きます。

17:15 志津乗越
小真名子山30
途中で休憩したものの『富士見峠』から2時間かかりました。
あれだけあった車は1台もありませんでした。

ここからは舗装された林道(裏男体林道)をひたすら歩きます。

いったい何時に着く事やら、、、
考えるのも面倒なので、ただただ歩きました。

18:40 三本松茶屋
ここには、お土産物が売っている茶屋が3件あります。※営業時間19時まで
とりあえず休憩、缶コーヒーをがぶ飲みしました。

休憩したら少し肌寒くなってきました。
『っま、歩けば温まるかなぁ』と思い男体山を眺めながらトボトボと歩き始めたころ
湯元温泉へ向かうバスを見かけました。

『おっ!まだバス走ってるんだぁ~ラッキー♪』
きっと日光方面へ向かうバスがじきに来ると思いバス停まで急ぎました。

19:19 赤沼バス停
時刻表を見ると最終のバスが20分後に来るようなので待ちました。

19:48 二荒山神社バス停
赤沼から10分程で到着、1時間以上は短縮できました。

Mission Complete
【まとめ】
大真名子山と小真名子山は、日光表連山の中で最も難しい山だと思います。
まず、登山口へのアプローチが難しいです。
『志津乗越』の駐車スペースは、正式には駐車禁止の為、地図上には表記されていません。
男体山と同様に1本しか無いコースは、急坂で荒れています。
日光表連山は、所々で崩れている場所(薙)がありますが
まさか本当にそんな場所を歩くとは思いませんでした。
最後は、長い林道歩きです。
ほとんどの人は林道歩きを嫌うのでピストンするでしょうね。

今回は3週に渡り日光三険『新薙』、『馬ノ背渡り』、『千鳥返し』を歩きました。
大真名子山と小真名子山には、この3つ全ての要素が含まれていたと考えて良いと思います。
本当に難しい姉妹でしたぁ~

大いなる母に抱かれ、偉大なる父に見守られ、その子供達と遊んでもらった。
さぁ~これで高山への挑戦権は得ました。
多少危うい場面もありましたが、それもヨシ!経験は、明日の糧になる。
これから僕は、次の夢に向かって旅立ちます。

以上

【取得ステータス】
・経験値(登った山数) 130
・スキル(習得した知識) 1
→鎖と梯子の登り方
・満足度 100
・勇気(危険度)★★★☆☆
スポンサーサイト

テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

美しい森林ですね!

こんばんは!ラッキーです

今回も美しい森林を歩かれましたね!
自分は人気のない樹林帯を歩いていると仕事仲間の顔が浮かびます。そんな時は思わず『羨ましいだろう!俺は今自然と一体だぜ』なんて口ずさんでしまいます(笑)
普段コンクリートジャングルにいるので、月に1~2回ですが山に入ると生き返ります。そして下山後は職場の仲間に良い笑顔で対応できます。(山のおかげですね)

日光周辺の美しい景色楽しませていただきました。オニオン/様の山の目標達成祈っています。

ラッキー

ラッキー

山深い場所です。

ラッキーさん、こんばんわ

コメントありがとうございます。

大真名子山と小真名子山の登山道はかなり荒れていました。
しかし鞍部にある『鷹ノ巣』は、美しい森の雰囲気を満喫できますよ。

日光表連山の中でも山深い場所に位置するのでアプローチが難しく
周辺には名山が多いので、ナカナカ登る人は少ないようです。
ただ、僕のように日光表連山を全て登りたい人は
大真名子山と小真名子山を無視する事は出来ないので登ってくるでしょう。
お目当ては当然『日光三険の一つ千鳥返し』でしょうね。

さてと、いよいよ今週は日光白根山を楽しんでこようと思います。(^▽^)
プロフィール

オニオン/

Author:オニオン/
【ステータス】
登山歴5年
・登山クラス:一般ハイカー
・Lv.20 堕落したハイカー
→もはや観光ハイカーになってしまった・・・
・経験値(登った山数) 201
・アルプス(縦走) 3
・スキル(習得した知識) 41
・満足度(トータル)1075
→満足度10000達成で何かが起きる!?

【進行中ミッション】
1.全国の山に登ってみよ~!(12/47)
青森県-岩木山
秋田県-秋田駒ケ岳
徳島県-剣山
東京都-雲取山
神奈川県-蛭ヶ岳
岩手県-岩手山
栃木県-日光白根山
茨城県-八溝山
宮城県-蔵王 屏風岳
埼玉県-三宝山
高知県-三嶺
福島県-燧ケ岳

2.日本のアルプスを歩いてみよう!(3/X)
栃木県-宇都宮アルプス
埼玉県-長瀞アルプス
兵庫県-須磨アルプス


にほんブログ村

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。