スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その63 八幡平 ~極楽浄土~

【場所】
岩手県八幡平市
秋田県仙北市、鹿角市

【山】
八幡平(標高 1613.5m)
☆日本百名山が一山
☆東北百名山が一山

【消費アイテム】
ラムネ1ヶ
水 500ml

【装備アイテム】
雨がさ

【登山ログ】
2014年8月28日(木) 曇りときどき晴れのち
八幡平に登らせて頂きました。

11:17 頂上入口
八幡平01
ここは岩手県と秋田県の県境になります。
頂上入口の道路をはさんだ正面にはレストハウスがあります。

一礼をして入山します。

~ 八幡平山頂レストハウス ~
【営業時間】(9:00~17:00)
軽食コーナー、観光情報コーナー、物産売店ホールetc...あり
※軽食コーナー名物の源太カレーは1日50食限定!!!
その他にトイレ、自動販売機あり
駐車場あり(駐車料金500円、30分無料)
※詳細は八幡平山頂レストハウスのHPを確認して下さい。

八幡平02
頂上入口からすぐに分岐があります。
ここは左へ進み、まずは山頂を目指しました。

11:28 不思議な凹地
八幡平03
一見ただの穴のように見えますが、なぜ穴ができたのかは謎のようです。
火口跡などの説もあるそうですが確証がないそうです。

11:31 鏡沼
八幡平04
火口に水がたまってできた火口湖です。
まわりの美しい風景を写すことからこの名がつけられたそうです。

11:36 めがね沼
八幡平05
写真では分かりづらいですが、奥の火口湖と合わせて『めがね沼』の名がつけられたそうです。

八幡平06
美しい森の中を石畳が整備されていて歩きやすいです。

八幡平07
しばらく歩くと分岐があり、山頂へはあと少しです。

11:49 山頂
八幡平08
ここに展望台ができるようですが工事中でした。
っと言うより工事業者が潰れてしまい、今年完成の予定が手付かずのようです。

八幡平09
八幡平の美しい景色が見られるのはココからです。

11:58 ガマ沼
八幡平10
誠に幻想的な風景でござるなぁ~

12:16 陵雲荘
八幡平11
右手に『八幡沼』を見ながら進むと、『陵雲荘』と言う避難小屋が見えてきます。

八幡平12
『陵雲荘』から先は、美しい湿原の風景が広がります。

八幡平13
穏やかで美しい風景でした。

八幡平14
なだらかな斜面に、雲の間から陽の光が差しこみます。

八幡平15
風景を楽しみながらしばらく歩くと、また分岐があります。
右へ進むと八幡沼への寄り道コースです。

八幡平16
大きな八幡沼、その大きさは一枚の写真では収まりきりません。

八幡平17
湿原のプール『池塘』です。

八幡平18
八幡沼より先へ、もう暫く散歩してみる事にしました。

八幡平19
この先は『源太森』、『黒谷地』方面です。
鬱蒼としていて木道も無くなるので観光客の方は来ない道です。

八幡平20
『黒谷地』へ進む途中で分岐になり道標が不明瞭だった為、ここで引き返しました。

八幡平21
この木段の道は良い雰囲気で歩いていて気持ちが良かったです。

八幡平22
『源太森』の分岐まで戻ってきたのでチョット寄ってみました。

13:52 源太森(標高 1595m)
八幡平23
『源太森』の分岐から30秒で山頂に到着です。
ここは、とても見晴らしのよい場所ですよ!

八幡平24
八幡平でしょうか?
『こんなにも平らな山があるものなんだなぁ』と思いました。

八幡平25
眼下には八幡沼が広がります。

八幡平26
しかし辺は、あっと言う間に雲に覆われました。
山の天気は変わりやすいとは、こう言う事です。

八幡平27
十分に景色は堪能したので下山する事にしました。
→その間に、この日見たお花の紹介をさせて頂きます。

八幡平28
エゾオヤマリンドウです。
リンドウは、秋をつげる花でしたかね。
もぅ秋なんだなぁ~と思いました。

八幡平29
コウメバチソウです。

八幡平30
サワギキョウです。

八幡平31
アオモリアザミです。

八幡平32
ミヤマアキノキリンソウです。
八幡平に秋を知らせる黄金花だそうです。

八幡平33
チングルマです。

八幡平34
タチギボウシです。
たくさん咲いていました。

八幡平35
オクトリカブトです。
全体が猛毒だそうです。

八幡平36
花を観察していると雨が降りだしました。
虫や鳥たちの声は無くなり森は静寂に包まれました。

八幡平37
シトシトと降る雨に、草木が歓喜しているかのようでした。
『こうして森が潤っていくものなんだな』と感じます。

14:51 見返峠
八幡平38
ここは『見返峠』本来は素晴らしい景色が望めるようですが、今日は残念。
でも、十分に満足ですよ。

15:00 頂上入口
八幡平39
一礼をして出山しました。
【まとめ】
この日も天候は優れず、朝の時点では『八幡平へ行こうか』迷っていました。
盛岡市から八幡平市へ向かう途中で晴れ間が見えたものの、最後は雨が降ってしまいました。
でも、雨が降る中での湿原歩きは悪くなかったです。

実は、八幡平が日本百名山だとは知りませんでした。
→この記事を書いていて気が付きました。。。ヾ(´▽`;)
だってガイドブックに書いてなかったし、、、

八幡平は観光地です。
観光客の方も、ふらっと散歩が楽しめる素晴らしい場所でした。
あと『八幡平アスピーテライン』もドライブするには良い道でした。
ただし期間や時間帯で通れないようなので注意が必要です。

以上

【取得ステータス】
・経験値(登った山数) 133
・スキル(習得した知識) 0
・満足度 99
・勇気(危険度)★☆☆☆☆
スポンサーサイト

テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

八幡平

こんにちは、オニオン/さん
八幡平、天気は恵まれなかったようですが
風景はとても素敵な場所ですね。
とくにところどころに見られる沼や池の水の表情は
天候、季節によって違う顔を見せるのでしょう
それにしても時系列的に写真の空模様が
変わっているのをみているとたとえ観光地とはいえ
山の天気は変わりやすいんですね(^^

東北の山旅ですね・・・。

オニオン/さん、おはようございます。

岩木山、八幡平と東北の山を満喫されていますね。
オニオン/さんの写真を見ていると、
雨の湿原も何だかいいなあって思えてきます。
静寂に包まれていく感じがいいんですね。



八幡平

オニオンさん、

 とても素晴らしい所ですね。
 
 開けた景観で解放的です。

 沼あり、霧あり、花あり、、、湿原はまるで尾瀬のよう。

 点在する沼がとても印象的です。
 
 カレーの源太さんとは一体誰なのでしょうか?

 

六甲山探検隊
 

オススメの場所です!

ishigeさん、こんばんわ

コメントありがとうございます。

今回は生憎の天気でしたけど
それでも素晴らしい湿原でした。(^-^)/

ishigeさんのおっしゃるとおり
四季折々に景色は、まったく異なるようです。

冬は雪深く、場所によっては7月頃まで雪が残っているようです。
雪解けの後は、6月~8月まで花が咲き八幡平が最も賑わう時期でしょう。

山頂入口までは、バスも出ているのでアクセスも便利なようです。

八幡平は、とても美しい場所なのでオススメの場所ですよ。(^-^)/

満喫しました!

syuuさん、こんばんわ

コメントありがとうございます。

雨の中の湿原は、ナカナカ良いものでした。(^o^)/

もちろん晴天なら青空の下、清々しい気持ちで歩けるでしょうけどね。

でも、しっとりと降る雨の中
静寂に包まれていく湿原が、しだいに潤い草木が歓喜しているような雰囲気も良いものだなと思いました。

今回は、なんだか今まで以上に自然と一体になれた気がしました。

さすが百名山です!

六甲山探検隊 隊長さん、こんばんわ

コメントありがとうございます。

今回、始めて湿原っと言われる場所を歩きましたが、気持ちがいぃ~ですねぇ(^o^)v

歩きやすく、広々と開放的ですね。
風景も綺麗だし花も沢山咲いていました。

尾瀬も行ってみたいです。
隊長さんは行かれた事ありますか?

カレーの源太は、坂上田村麻呂の部下で、偵察 役の『霞源太忠義』って方のようですが、ちょっとピンときません(^^;

ただ、八幡平には『源太森』や『源太岩』など、源太と名のつく場所が色々ありました。

こんばんは☆

八幡平は私の友人の生まれ故郷です♪

私はまだ訪れたことはありませんが、石畳の道など
とても整備されている山道ですね☆

スッキリと晴れた青空も良いですが、シトシトと降る
雨の潤いに包まれた幻想的な雰囲気も素敵ですね ^ ^

今回も素晴らしいお写真をありがとうございます☆

毎日、御嶽山の悲しいニュースが流れています。
先日訪れた蔵王も火山活動が活発になっているとのこと。

自然の大きな力の前では人の力は無力ですね。。。

オニオン/さんの山登りがいつも無事でありますように
心から祈っています。

いつも、ありがとうございます。

らすかるさん、こんばんわ

コメントありがとうございます。

八幡平は、本当に素晴らしいところでした。(^o^)
夏の時期は短く3ヵ月ほどしかないようですが、その間に咲く花々は湿原を彩りとても美しいでしょう。
晴れていれば、さらに爽快な風景が楽しめると思います。

らすかるさんのお住まいの場所からは、ちょっと遠いかも知れませんが機会があれば是非、足を運んでみてください。

御嶽山の噴火で亡くなられた方々
同じ山を愛する者として、とても悲しく残念に思います。

おっしゃるとおり
自然の力には、とてもかないませんよね。

僕は、ただ悲しむ事しかできず
ブログの記事では、あえてコメントをひかえさせて頂いています。

でも、本当はもっと真剣になって
色々と語り合い、考えなければならない事だとも思います。
プロフィール

オニオン/

Author:オニオン/
【ステータス】
登山歴5年
・登山クラス:一般ハイカー
・Lv.20 堕落したハイカー
→もはや観光ハイカーになってしまった・・・
・経験値(登った山数) 201
・アルプス(縦走) 3
・スキル(習得した知識) 41
・満足度(トータル)1075
→満足度10000達成で何かが起きる!?

【進行中ミッション】
1.全国の山に登ってみよ~!(12/47)
青森県-岩木山
秋田県-秋田駒ケ岳
徳島県-剣山
東京都-雲取山
神奈川県-蛭ヶ岳
岩手県-岩手山
栃木県-日光白根山
茨城県-八溝山
宮城県-蔵王 屏風岳
埼玉県-三宝山
高知県-三嶺
福島県-燧ケ岳

2.日本のアルプスを歩いてみよう!(3/X)
栃木県-宇都宮アルプス
埼玉県-長瀞アルプス
兵庫県-須磨アルプス


にほんブログ村

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。