スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その74 高原山(鶏頂山から御岳山)~カーネル・サンダースに捧ぐ~

【場所】
栃木県日光市、塩谷郡塩谷町、那須塩原市、矢板市

【山】
鶏頂山(標高 1765m)
御岳山(標高 1655m)
☆日本三百名山
☆栃木百名山が一山

【消費アイテム】
アクエリアス 500ml
水 500ml
おにぎり 2個
カロリーメイト(フルーツ味) 1箱
ラムネ 1ヶ

【まえがき】
今回は、栃木県の山に登ったお話です。
その山は栃木県の山に登った時は、いつも美しい山容を見せてくれます。
鶏頂山01
度々ブログでもご紹介してきた高原山(鶏頂山)です。

栃木県民のフジ男くんは、この山を鶏頂山と呼びますが
鶏頂山は、高原山のピークの一つです。

【登山ログ】
2015年6月13日(土) 晴れ
高原山(鶏頂山から御岳山)に登らせて頂きました。

7:40 鶏頂山登拝口
鶏頂山02
一礼をして入山しました。

鶏頂山03
ここは昔『鶏頂山スキー場』のコースだった場所です。
スキー場は無くなってしまいましたが、その面影はありました。

7:57 枯木沼分岐
鶏頂山04
この辺りまでが旧ゲレンデだった場所です。

鶏頂山04
笹の道を穏やかに進んでいきます。

8:20 大沼入口
鶏頂山05
右へ進んだ所に大沼があるそうですが、寄り道せずに先に進みました。

8:35 弁天池
鶏頂山06
異臭漂う腐った水溜りの横に祠がありました。

えぇ~(゚Д゚;)
実は、この記事を書いていて気が付いたのですが
ここ弁天池の祠には、金運財運の守護神『金山彦命』が祀られているようです。

8:35 中宮
鶏頂山07
ここからは神域です。
改めて一礼をして入山しました。

鶏頂山08
神域では石碑が沢山あり、正面に見える岩も石碑でした。

鶏頂山09
神域では険しい道が続きます。
それは、まるでカーネル・サンダースが秘伝レシピを作り出す時のような
必死こいた思いで登らなければ、その頂きには立てないのです。

8:57 稜線分岐
鶏頂山10
あと少しで尾根に登り出ます。

鶏頂山11
写真のように、数ヶ所に小さな梯子が設けられています。

鶏頂山12
いよいよ山頂は近いです。
たいした距離と時間でも無いのに、長い時間を歩いた気がしました。

9:10 鶏頂山神社(標高 1765m)
鶏頂山13
立派な神社が建つ山頂に到着しました。

鶏頂山は、約1700年前に金の鶏に導かれ開山した歴史のある山です。
別名を金鶏山と言い、山頂には『道祖猿田彦大神』が祀られ古代より人々の信仰を寄せる山です。

鶏頂山14
神社の裏には広いスペースがあります。

鶏頂山15
景色も抜群!
中央に見える丸い形をした山は、高原山の最高峰『釈迦ヶ岳』です。
その手前の小さいピークは、この後に登る『御岳山』です。

鶏頂山16
景色を少し南側へと移すと
『釈迦ヶ岳』の横にあるピークは『中岳』で、少し離れて『西平岳』です。

鶏頂山17
ウグイスです。
素早い動きのウグイスを始めて捉えました。
→実は、ウグイスは鳴きながらピョンピョンと移動するんですね。

鶏頂山18
山頂より少し進んだ所も景色が良いようなので行ってみました。

鶏頂山19
山間の風景が開け、とても良い見晴らしです。

鶏頂山20
1時間ほど景色を堪能して次の山『御岳山』へと向かいました。

鶏頂山21
シロヤシオです。
まだ若干、咲いていました。

10:22 稜線分岐
鶏頂山22
左は登ってきた道、まっすく進むと御岳山です。

鶏頂山23
御岳山への稜線が望めます。

鶏頂山24
先ほどまでいた鶏頂山です。

鶏頂山25
下は、もの凄い崖(薙)です。

鶏頂山26
笹が生い茂り、とても人の道とは思えません。

鶏頂山27
険しい山道を登ります。

10:45 御岳山(標高 1655m)
鶏頂山28
祠のある御岳山の山頂は、通過するだけのピークのようです。

鶏頂山29
山頂より少し進むと『西平岳』が望めました。
しかし今日は、ここまでで下山します。

鶏頂山30
少し戻った所でも鶏頂山が望めました。

11:04 弁天池近道 分岐
鶏頂山31
ここは弁天池への近道の分岐です。

鶏頂山32
だいぶ下って来ると、少し穏やかな道となります。

鶏頂山33
この先に、お助水があるようなので立ち寄ってみました。

鶏頂山34
途中、苔むした大木がありました。

12:03 霊泉御助水(平家隠れ家跡地)
鶏頂山35
この場所は、かつて源平合戦で敗れた平家の落人がひっそりと暮らしていたようです。

12:06 中宮
鶏頂山36
さぁ~神域を抜けたら、楽しかった山歩きもそろそろ終わりです。

12:45 枯木沼分岐
鶏頂山37
広々とした旧ゲレンデの風景に戻ってきました。

鶏頂山38
白い花をつけた美しい木が立っていました。

13:09 鶏頂山登拝口
鶏頂山39
この日は少し暑かったけど、とても良い登山日和でした。

鶏頂山40
カンボクです。
アジサイに似ていますが、カンボクはスイカズラ科の花のようです。
しかし梅雨の時期にはピッタリの花ですね。

13:26 大鳥居
鶏頂山41
一礼をして出山しました。

13:34 エーデルワイススキーリゾート
鶏頂山42
せっかくなので『エーデルワイススキーリゾート』を紹介しましょう。
高原山には、いくつかのスキー場がありますが、有名なのは『ハンターマウンテン』でしょうか?

エーデルは、僕が始めてスノーボードをやった場所で
フジ男くんの家からも近くて、昔は皆でよく遊びに来た思い出の場所なんですよ。

13:56 日塩もみじライン峠の茶屋
鶏頂山43
マイタケ天そば+味噌こんにゃく

お昼は美しい滝を眺めながら、そばを頂きました。

14:00 白滝
鶏頂山44
これが、茶屋から望める滝です。

16:00 名勝 太閤下ろしの滝
鶏頂山45
この滝は、あの太閤秀吉が美しさのあまり馬を下りて見入ったと言われている滝なんですよ。
【まとめ】
茶屋のおばちゃんが言っていたのですが、鶏頂山はナカナカ人気の山のようで貸切バスで来る人たちもいるようです。
今回は、元鶏頂山スキー場から登りましたが、この登山口まで行くには『もみじライン』と言う有料道路を通ります。
なので何人かで登った方がお得ですねぇ。('ω')ノ
もちろん有料道路を通らない別のコースもありますよ!

通行料金:普通乗用車で610円

鶏頂山は外から見ても綺麗な山ですが、登ってみれば歴史の深みがある素晴らしい山でした。
今度、高原山へ行った時は最高峰『釈迦ヶ岳』を目指したいと思います。

以上

【取得ステータス】
・経験値(登った山数) 147
・スキル(習得した知識) 0
・満足度 96
・勇気(危険度)★★☆☆☆
スポンサーサイト

テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

お詫び

コメントを頂けた方々へ

大変申し訳ございません。
誤って記事を削除してしまい、本記事へのコメントが消えてしまいました。

今後ともどうぞよろしくお願い致します。m(__)m

No title

オニオン/さん

良く思うのですが、
オニオン/さんって、隠れた『いい山』を見つけるのうまいですね。
結構と言うか、ほとんど足を伸ばしたことの無い山々です。

最後のお食事レポも定番ですね。

水500ml、アクエリアス500mlで大丈夫な所がすごい。
先日なんか7時間行程で、トータル4L+沢の水ゴクゴクでした。

No title

昔々その昔、歩いたことのあるコース。
懐かしく拝見しました。
あの頃はまだスキー場があったかしら…。
でも、山や社は変わらずありますね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こんにちは☆

緑美しい季節の登山。
山々が輝きに満ちているようですね ^ ^

『カーネル・サンダースが秘伝レシピを作り出す時のような』
険しい道を進む難しさが伝わってきました ^ ^; 笑

平家の落人の里、太閤秀吉の感動。
歴史の風を感じながら山の風景を楽しむのはとても素敵な
ことですね♪

美しい滝を眺めながら、美味しいそばをいただく。
この上ない幸せですね ^ ^

今回もオニオン/さんのお写真を拝見して、此処を訪れたく
なりました☆

いつも素敵なお写真と想いをありがとうございます ^ ^

いえいえ

目目連さん、こんばんわ

コメントありがとうございます。

高原山はメジャーでもないですが、なかなか名のある山ですよ(^O^)/
冒頭でも記載しているとおり、栃木県の山に登ると良く見かけますし
スキー場が多いので、登山をしない人でも名前は知っているかと思います。
→僕も登山を始める前から、この山には馴染みがありました。

水の量は、登山を始めてから今のところ間違える事もなく
だいたい、いつも余るかんじです。('ω')ノ
今回は、休憩1時間を入れても5時間程度だったので1L十分でした。
今の時期は僕の場合だと、7時間行程で(飲み水だけで)2.5Lだと思います。

水分切れやエネルギー切れに陥ると人の体がどうなるかは、平地でのトレーニングで経験済みなので
山に入る時は十分注意したいと思います。(;^ω^)

そうでしたか

obtusaさん、こんばんわ

コメントありがとうございます。

さすがはobtusaさん、高原山をご存知でしたか。
鶏頂山スキー場は、2000年に終わっていますので
その前に登られているんですね。

鶏頂山は、1700年もの歴史がありますし
今は鶏頂山造営奉賛会の方々が守られているようなので
社は、なくなりませんよぉ~(^O^)/

でも、この記事を見て懐かしさを感じて頂けたなら何よりです。(^O^)/
また、いつか歩いてみてください。

歴史ある山です

らすかる さん、こんばんわ

コメントありがとうございます。

いや~気付いて頂いて嬉しいです。!(^^)!
実は、いつも記事では簡単にまとめていますが
なかなか、キツイ思いをして登っているんですよ~(笑)

なのに、ナゼ山に登るかって言いますと
そこには達成感や感動、将来きっと思い出となる宝物が
たくさん詰まっているからです。

鶏頂山は、1700年もの歴史がある山です。
歴史を学ぶって言うと大げさですが
色々と見ながら山を登るのは楽しいです。('ω')ノ
プロフィール

オニオン/

Author:オニオン/
【ステータス】
登山歴5年
・登山クラス:一般ハイカー
・Lv.20 堕落したハイカー
→もはや観光ハイカーになってしまった・・・
・経験値(登った山数) 201
・アルプス(縦走) 3
・スキル(習得した知識) 41
・満足度(トータル)1075
→満足度10000達成で何かが起きる!?

【進行中ミッション】
1.全国の山に登ってみよ~!(12/47)
青森県-岩木山
秋田県-秋田駒ケ岳
徳島県-剣山
東京都-雲取山
神奈川県-蛭ヶ岳
岩手県-岩手山
栃木県-日光白根山
茨城県-八溝山
宮城県-蔵王 屏風岳
埼玉県-三宝山
高知県-三嶺
福島県-燧ケ岳

2.日本のアルプスを歩いてみよう!(3/X)
栃木県-宇都宮アルプス
埼玉県-長瀞アルプス
兵庫県-須磨アルプス


にほんブログ村

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。