FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その84 大霧山 ~大太坊の昼飯~

【場所】
埼玉県秩父郡皆野町、東秩父村

【山】
大霧山(標高 766.6m)

【消費アイテム】
水 500ml
アクエリアス 500ml
菓子パン 1個
インスタントスープ 1個
カロリーメイト(フルーツ味) 1箱
カイロ(小) 1コ

【装備アイテム】
スパイク

【登山ログ】
2016年1月31日(日) 晴れ
大霧山に登らせて頂きました。

7:19 西武鉄道・西武秩父駅
西武秩父駅に到着すると、秩父の街は朝靄に包まれていました。

7:52 西武観光バス・栃谷バス停
道路は除雪されていましたが、秩父の街は雪が多く残っています。

8:21 林道入口
大霧山01
バス停から歩いて約20分ほどで林道の入口に着きました。
林道入口は、この石標が目印です。

大霧山02
入口付近は除雪されていましたが、ちょっと登ると雪が積もったままでした。

大霧山03
里山の景色がとても良いです。

8:37 定峰神社
大霧山04
切餅がお供えしてありました。

8:57 時計台
大霧山05
これが噂の時計台です。
集落の旅人を思う心の表れのようです。

9:15 登山口(白山大権現の石碑)
大霧山06
登山口は白山大権現の石碑が目印です。
一礼をして入山しました。

大霧山07
登山者の杖を手に入れて、太陽の日差しを浴びながら雪の上を進みました。

大霧山08
足元には凍った枯葉が落ちていました。

10:15 旧定峰峠
大霧山09
気が付けば一時間ほど黙々と歩いていました。

大霧山10
里山とは言え雪山はとても魅力的です。

雪の上を歩くのはとても辛くて、時に命を落とす事さえ知っていても人は雪山を歩きます。
雪山はその魅力で更なる過酷な環境へと人を誘うのです。

大霧山11
美しい風景が眼前に広がりました。
強烈な風景です

大霧山12
キラキラと輝いて、とても綺麗です。

大霧山13
これは、まさに氷の芸術でござるなぁ~(σωσ)

大霧山14
『早くも三峰神社のご利益があったかなぁ~』っと思いました。

大霧山15
目の前には牧草地がひろがって、その奥には大霧山とともに『比企三山』と呼ばれている笠山と堂平山が望めました。

~ 大太坊のお話し ~
大霧山には『定峰峠』と『粥仁田峠(かゆにたとうげ)』と言う峠があります。

その昔、大太坊は武蔵野から羽黒山へ行く途中で『定峰峠』に腰を下ろし
かぶっていた笠を『笠山』に置き『粥仁田峠』で粥を煮て昼メシを食べたと言う伝説があります。
そして昼メシを食べ終わったあと、粥を煮た釜を伏せて『釜伏山』、箸を立てた所が『二本木峠』
荒川の水を含んで吹いたのが『大霧山』と呼ばれるようになりました。

大太坊はデイダラボッチなどと各地で色々な呼び方や伝説があります。
何故そんなにも各地で知られているのか気になっていましたが
実は大太坊と呼ばれている巨人は、一人ではなく大勢いたようなのです。

大霧山16
ずっと見ていても飽きる事がない風景でしたが
上からカラカラと氷の破片が雨のように降ってきて体に当たって痛かったです。
これが自然の営みなんだなぁ~っと思いました。

大霧山17
山頂まであと少しの所までくると急坂があります。
ここは少し難しかったです。

11:22 山頂
大霧山18
山頂にはベンチが置かれています。
誰も居ない山頂をしばし独り占めできました。

大霧山19
抜群の見晴らしです。
所々で雪の積もっている場所は牧草地です。

大霧山20
中央の一番遠くに見えるのは浅間山だそうです。

大霧山21
こちらは、お馴染み両神山です。

大霧山22
盆地には、秩父の街が広がっています。

大霧山23
こちらは、お馴染み武甲山です。

大霧山24
30分ほど景色を堪能して下山しました。
下山は、スパイクを装着しました。

大霧山25
数名のグループとすれ違った時、雨傘をさしている人を見ました。
氷の破片が落ちてきた時の事を思い出し『あっ!傘させば良かったんだぁ~』っと思いました。

大霧山26
左へオススメの巻道があったので、そちらに進みました。

大霧山27
なんとも心地よく歩けました。

12:25 粥仁田峠
大霧山28
あっと言う間に『粥仁田峠』に到着、後は林道を歩きます。
一礼をして出山しました。

大霧山29
林道から眺めた景色、真っ白な牧草地が広がって綺麗でした。

大霧山30
牧草地から大霧山を望みました。

大霧山31
ピラミッドのような山容の武甲山です。

大霧山32
暖かな日和、のどかな風景を見ているとなんだか眠くなってきます。

大霧山33
氷の上を歩くように、スーッと足を滑らせながら雪の上を歩けば沈みません。

13:40 西武観光バス・高原牧場入口バス停
バスを待ちながら『あ~気持ちの良い登山だったなぁ~』そう思っていました。

14:40 西武鉄道・西武秩父駅
西武秩父駅で遅めの昼食です。

大霧山34
前回の記事で、このブログを見に来て下さる目目連さんから
『わらじカツ丼』をオススメされたので食べてみました。
西武鉄道のCMでお馴染みの女優 吉高由里子さんもオススメです。

大霧山35
『開運わらじカツ丼』
金箔がのっています!(^o^)/

ボリュームが足らないですか?
いえいえ、私はそんなに食べれないので控えめにしましたが
もっと凄いボリュームのメニューもありますよ。
【まとめ】
大霧山に牧草地がある事は、事前の情報で知っていたので期待はしていましたが
まさか、これほどまで素晴らしいとは想像を越えていました。

雪山を歩くのは本当に辛いです。
でも雪のある山が季節の中で最も美しいと思います。

以上

【取得ステータス】
・経験値(登った山数) 163
・スキル(習得した知識) 0
・満足度 100
・勇気(危険度)★☆☆☆☆
スポンサーサイト

テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

雪山

こんにちは、オニオン/さん
同じ秩父の山なのにひとつまえの
風景とは違って、一面まっしろな雪山ですね、
”大太坊”の話興味深く読ませていただきました
日本各地に残るでいだらぼっちの一種のようで
山にこしかけて峠で粥をたくなんてなんとも
豪快な光景ですなぁ~昔の人の
想像力ってすごいです(^-^

霧氷が綺麗ですね!

こんばんは!オニオン/さん

大霧山前々から気になっていましたが、自分はまだ登っていませんでした。オニオン/さんの写真を見るとスカッと視界の開けた気持ち良い山頂ですね!今年こそ登ります!
霧氷も綺麗ですね!大霧山という山名から霧が出やすい山だろうな?と漠然と思ってはいましたが、大太坊伝説の荒川の水を吹いて霧を作った話は夢があって楽しいですね♪
自分も丹沢大山で綺麗な霧氷見ましたよ♪

秩父は雪深いです

ishigeさん、こんばんわ

コメントありがとうございます。

前回の般若山と今回の大霧山は、さほど距離が離れていないのですが
初登山の後に降った雪でかなり積もったようで街中でも15cmほど積もっていましたよ。

山を歩いていると、変わった名前の地名や不思議な風景を見る事があります。
今はネットなどで調べれば様々な事を知る事が出来ますが
大昔は、不思議な風景や現象を見て色々と想像したんでしょうねぇ(^-^)
そんな想像が伝説となり今も語り継がれ、地名などで残されている事があります。

粥仁田峠は、江戸時代には秩父から江戸へと向かう峠道として
とても賑わっていたそうです。

そんな歴史や伝説をなぞりながら山を歩くのも一つの楽しみです。(^o^)/

比企三山を是非

ラッキー さん、こんばんわ

コメントありがとうございます。

比企三山と呼ばれる大霧山、笠山、堂平山を是非歩いてみて下さい。
僕も笠山と堂平山は、まだ歩いた事がありませんが、なかなか良さそうです。

大霧山は牧草地があるので、新緑の頃も綺麗でしょうね。(^-^)
その頃には、時間があったら高原牧場に寄ってみるのも良いかも知れませんよ。

真っ白な牧草地の風景も良かったですが、霧氷はとても綺麗でした。
霧氷とは、この辺りの低山では珍しいかも知れません。

大山の霧氷も綺麗なんですよね!(*'▽')
僕も2年前、関東では45年ぶりに降った大雪の翌日に行きました。
でも、その時は残念ながら霧氷は見れなかったです。(;^ω^)
あと、あの辺りは豆腐が名物なんですよね。

大山のレポ楽しみにしています。

No title

オニオン/さん

私も前の週に飯能の山に初心者をつれてハイキングに行ってきました。
稜線は膝下くらいまで雪があったので、初心者たちは喜んでましたね。
オニオン/さんって、結構通な山旅をされますね。
見ていて『ほー』になります。

もっとボリューム??(涎)
西武秩父駅ですね。
わかりました。
ごっくん。

飯能へ!

目目連さん、こんばんわ

コメントありがとうございます。

目目連さんも、飯能の山へ行かれたりするんですねぇ~(*'▽')
どちらの山へ行かれたんでしょう?

飯能からなら『比企三山』大霧山や笠山、堂平山も
展望の良い所では望めたかも知れませんね。

『わらじカツ丼』いつからでしょうか?
秩父の名物として盛り上げようとしていますねぇ~
チョット前まで、あんなポスター無かったのに、、、
多分、吉高由里子さんがCMやるようになってからかなぁ~!?

大霧山

オニオンさん、

 こんにちは。

 青空の下の雪山、気持ちよさそうです。
 31日といえば先週ですね。 まだタップリと雪があるのですね。
 (当方は今シーズン雪の上を歩けそうにありません。)

 〆のカツ丼は卵とじではなくソース味の様にお見受け致します。
 美味しそうです。
 昔通っいた、皿からはみ出すトンカツを出していた店をわらじ屋
 と呼んでおりました。

六甲山探検隊

こんばんは☆

平地でさえも雪道を歩くのは大変ですが、
山道で雪の上を歩くのは本当に辛そうですね > <。

雪山を登ったことはないのですが、雪に包まれた
森を訪れることがあります。

辺りが静寂に包まれる中を、雪を踏みしめる音だけが聴こえ、
時折、風に吹かれて木々の囁きが耳に届きます。

何かとても心が落ち着き、新鮮な気持ちになれますね。

枝が凍り付いてる様子。
福島・猪苗代湖の湖畔で見られるしぶき氷と同じような風景、
まさに自然の芸術ですね☆

とても大変な登山だったと思いますが、今回もオニオン/さんの
おかげで素晴らしい山の風景を拝見させていただきました ^ ^

機会があれば、ぜひ今年も東北の山々を訪れてくださいね♪
オニオン/さんが写される故郷・東北の山の風景も楽しみに
しております☆

No title

オニオン/さん

目目連再び。

蕨山ですね。
蕎麦粒にしようかどうしようかで、こっちになりました。

わらじかつ丼のキャンペーン的なのはいつからでしょう?
吉高某嬢がポスターになっているって話ですね。

わらじカツ丼美味しかったです。

六甲山探検隊、隊長さん こんにちわ

コメントありがとうございます。

青空と雪、この日は本当に気持ちよく歩けました。(^o^)/

今日は、4月並みに温かい日でしたが
まだまだ2月なので、これから雪が降るかも知れませんよ。

わらじカツ丼、食べている時は気にしていなかったのですが
言われてみれば確かに卵とじでは無いですねぇ~
しかしソースもかかっておらず、下味のついたカツ丼でした。(^-^)

隊長さんも、何やら『わらじ』と『カツ丼』には思い出があるようですね。

心が落ち着きます。

らすかるさん、こんにちわ

コメントありがとうございます。

秩父辺りの低山ですと、さほど雪深く無いので
まだ寒い朝の内であれば雪が締まっていて歩きやすい時もあります。
しかし、雪の無い時期に歩くのとは違い、やはり時間はがかかります。

白く包まれた雪の中では、耳がキーンとするほど静かですね。
まるで何もない世界のような静寂の中にいると心が落ち着きます。
時々は、そんな時間も必要だなっと僕は思います。

冬の猪苗代湖、福島へボードをやりに行く時に通った事があります。
あの頃は、まだ福島に通い慣れていなかったので
随分と遠くまで来たものだなぁ~っと思っていました。
雪が降っている時には、寒々としていた事を思い出します。(^-^)

もちろん東北の山へは、まだまだお邪魔させて頂きます。
山形県、福島県、そして北海道の最高峰はまだ歩いていませんし
何より山形と福島の山を歩く事を楽しみにしています
そぉ~僕は、楽しみは最後に取っておく方なのです。(^o^)/

そぅ~でしたか!

目目連さん、こんにちわ

たびたび、ありがとうございます。

蕨山でしたかぁ~!
けっこう行かれている方が多いので人気の山なんですねぇ~(^O^)/

去年の最後は、お隣の有間山へ行ったので
今年は、蕨山も行ってみようかなぁ~っと思います。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

オニオン/

Author:オニオン/
【ステータス】
登山歴5年
・登山クラス:一般ハイカー
・Lv.20 堕落したハイカー
→もはや観光ハイカーになってしまった・・・
・経験値(登った山数) 201
・アルプス(縦走) 3
・スキル(習得した知識) 41
・満足度(トータル)1075
→満足度10000達成で何かが起きる!?

【進行中ミッション】
1.全国の山に登ってみよ~!(12/47)
青森県-岩木山
秋田県-秋田駒ケ岳
徳島県-剣山
東京都-雲取山
神奈川県-蛭ヶ岳
岩手県-岩手山
栃木県-日光白根山
茨城県-八溝山
宮城県-蔵王 屏風岳
埼玉県-三宝山
高知県-三嶺
福島県-燧ケ岳

2.日本のアルプスを歩いてみよう!(3/X)
栃木県-宇都宮アルプス
埼玉県-長瀞アルプス
兵庫県-須磨アルプス


にほんブログ村

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。