スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その88 赤城山(黒檜山と駒ヶ岳)~赤城姫と淵名姫~

【場所】
群馬県前橋市、桐生市、沼田市

【山】
黒檜山(標高 1828m)
駒ヶ岳(標高 1685m)
☆日本百名山
☆花の百名山
☆群馬百名山
☆上毛三山

【消費アイテム】
アクエリアス 500ml
水 1L
カロリーメイト(フルーツ味) 1箱
ラムネ 1ヶ

【まえがき】
『裾野は長し赤城山』広く緩やかな裾野は富士山に続き日本で2番目の長さを誇ります。
今回は赤城山最終章として、赤城山の最高峰 黒檜山を目指したエピソードです。

→2013年6月30日 赤城山(荒山、火起山、竈山、鍋割山) 登頂
→2014年4月7日 赤城山(地蔵岳、長七郎山、小地蔵岳) 登頂
→2015年5月23日 赤城山(鍬柄山、鈴ヶ岳) 登頂

【登山ログ】
2016年3月28日(月) 晴れのち曇り
赤城山(黒檜山と駒ヶ岳)に登らせて頂きました。

武尊山の山行を終えたあと
まずは、前橋駅近くの『まえばし駅前天然温泉ゆ~ゆ』で風呂や食事をして寛ぎ
23時には閉店してしまう為、そのまま赤城山を目指しました。

夜間、赤城神社の駐車場までの道は凍結していました。
駐車場に到着したら、そのまま車中泊をして朝を迎えました。

5:50 赤城神社の駐車場
黒檜山01
本日、最初に目指す黒檜山です。

黒檜山02
そして駒ヶ岳です。

6:15 最高峰 黒檜山登山口
黒檜山03
一礼をして入山しました。

黒檜山04
やはり登山道は雪に覆われていました。
この坂は、わりとキツかったので軽アイゼンを着用しました。

黒檜山05
暫く登ると大沼が見えました。
大沼の先に見える山は、長七郎山(左)と地蔵岳(右)です。

黒檜山06
大沼の上にワカサギ釣りの釣り人がいました。
赤城山は、関東では珍しく湖の上でワカサギ釣りが楽しめます。

6:47 猫岩
黒檜山07
えっと・・・なぜ猫岩なのか分かりません。。。(;´д`)

黒檜山08
いぃ~感じの霧氷です。

黒檜山09
朝日に照らされてとても綺麗でした。

黒檜山10
しばし、美しい風景の中を歩きました。

黒檜山11
険しい岩場もあります。

黒檜山12
面白いところから氷柱が伸びていました。

8:00 駒ヶ岳分岐
黒檜山13
思っていたより長い道のりを歩いた気がしましたが、やっと尾根に出ます。

黒檜山14
尾根に出れば、まるで楽園のような美しい風景が広がっていました。

8:04 黒檜山(標高 1828m)
黒檜山15
狙い通り、誰も居ない山頂へ到着です。

黒檜山16
山頂から2分程のところに展望台があるようなので行ってみました。

8:10 展望台
黒檜山17
展望台には、小さな祠が一つありました。

黒檜山18
眺めがとても素晴らしいです。

黒檜山19
ちょっと雲がありますが、こちらは荒山の方ですね。

黒檜山20
前橋の街も望めました。

黒檜山21
遠くにうっすらと連なる山が見えます。

黒檜山22
30分ほど景色を堪能して駒ヶ岳へと歩きだしました。

黒檜山23
綺麗な霧氷も今年はこれが見納めでしょう。

黒檜山24
山頂から展望台の間は、本当に気持ちの良い尾根です。

8:48 駒ヶ岳分岐
黒檜山25
分岐を真っ直ぐ駒ヶ岳の方へと進みます。

8:49 御黒檜大神
黒檜山26
ここで人の足跡を発見、誰か登ってきたみたいです。

黒檜山27
ここは、ガイドブックに『歩にくい木製の階段』と書いてありました。
確かに登ってくると歩きにくそうです。

黒檜山28
これから目指す駒ヶ岳、徐々に雲が出てきました。

黒檜山29
開けた場所、晴れていれば気持ちの良さそうな場所です。

黒檜山30
振り返って見た黒檜山は、まるで舞台の終演のように雲の幕が下りてゆきます。

9:19 大ダルミ
黒檜山31
ここから駒ヶ岳への登りとなります。

黒檜山32
さぁ、気を取り直して進みましょう。

黒檜山33
ここを登れば駒ヶ岳の山頂です。

9:35 駒ヶ岳(標高 1685m)
黒檜山34
空も地も真っ白な風景に、僕は何となく喜びを感じました。
『白き山 赤城山』3年間言い続けてきた事が証明できたのですから
最後まで期待を裏切らなかった赤城山に感謝します。

黒檜山35
でも、ちゃんと眼下には大沼が見下ろせました。

黒檜山36
そろそろ赤城山とお別れの時です。
下山しましょう。

黒檜山37
山頂より少し下がった尾根から見た景色
赤城山が最後に見せてくれた景色に少し感動しました。

黒檜山38
この尾根もいぃ~尾根です。
もし今度きた時は、良く晴れた日に心地よい風を感じながら歩いてみたいです。

黒檜山39
ここも広々として景色がよかったです。

黒檜山40
ちょっと離れた場所に小沼が望めました。

黒檜山41
ナカナカの風景です。

黒檜山42
晴れていれば、そうとう良さそうな場所ですね。

黒檜山43
長い鉄製の階段を下ります。

黒檜山44
鹿の足跡です。
鉄製の階段を下っていると2頭の鹿が横切りました。

黒檜山45
プチ尾瀬と言われる『覚満淵』が見えました。
なんで『覚満淵』は凍らないのでしょう?

11:00 駒ヶ岳・黒檜山登山口
黒檜山46
一礼をして出山しました。

11:05 大沼(オノ)
黒檜山47
大沼より黒檜山を眺めました。

~ 赤城姫と淵名姫のお話し ~
高野辺大将家成は、都を追われて上毛野国にやってきました。
家成には、たいへん美しい二人の姫がおりました。
名を赤城姫と淵名姫といい、その美しさと気立ての良さは誰もが憧れるほどでした。
都を追われたものの、家成一家は上毛野国で仲睦まじく幸せに暮らしていました。

ところが、姫たちの母は突然の病に倒れ急逝しまいます。
家成は残された子供たちを不憫に思い側室の柱御前を新しい母親に迎えます。

新しい母、柱御前と家成の間にも二人の姫が生まれます。
しかし、この二人の姫の容姿と性格は赤城姫、淵名姫たちには
到底太刀打ちできるものではありませんでした。

柱御前は、家成の赤城姫と淵名姫への愛情と、姫たちの美しさに嫉妬し
憎悪の念をたぎらせ時あらば二人を亡きものにしたいと考えておりました。

そんなある日のこと、都より「家成の罪を許し、上毛野国の国司に任ずる」という報せがまいります。
家成は国司任官のため、大勢の従者を連れて都に向かいました。

すると柱御前はこの時とばかり、二人の姫を襲い淵名姫を殺してしまいます。
しかし、赤城姫はかろうじて追っ手を振り切り赤城の山へとたどりつきました。

この報を聞いた家成は、急ぎ上毛野にとって返し、柱御前を捕らえ姫を求めて赤城山へ出向きました。
大沼の辺りまで来ると、大沼の東岸より一羽の鴨が泳いできます。

そして、翼を広げたその背には、赤城姫と淵名姫の姿がありました。
二人の姫は赤城大明神に召されて赤城の神様になったのです。
また二人の姫を乗せた鴨は大沼の東に戻り、小鳥ヶ島になったのだそうです。

以来、赤城の神様にお願いした女性の願い事は必ず叶えられ
この神様にお願いすると美人の娘が授かると言われています。

黒檜山48
赤い橋は小鳥ヶ島へと渡る神橋です。

黒檜山49
ここは、かつて荘厳な厳島神社があり竜宮城と呼ばれていたそうです。

黒檜山50
神橋より地蔵岳を眺めました。

11:20 赤城神社
黒檜山51
真っ赤な社、とても綺麗な神社でした。

【ご祭神】
赤城大明神(あかぎだいみょうじん)
豊城入彦命(とよきいりひこのみこと)
磐筒男命(いわつつおのみこと)
磐筒女命(いわつつめのみこと)
経津主神(ふつぬしのかみ)

14:15 本家熊谷らーめん 梅丸
黒檜山52
梅丸ちゃーしゅーめん

わりとしょっぱめの味付けでしたが、美味しく頂きました。
【まとめ】
我が街からもっとも近い百名山である赤城山、一旦は全てのピークを歩けたと思います。
始めて赤城山へ来たのは3年前の事、思い返せばどの山も素晴らしかったです。

また、いつの日か登りたいです。
その時は、別の風景が望めるといいなぁ(^o^)/

2日間に及んだ山旅、群馬県には素晴らしい山が多いです。

以上

【取得ステータス】
・経験値(登った山数) 171
・スキル(習得した知識) 0
・満足度 100
・勇気(危険度)★☆☆☆☆
スポンサーサイト

テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

黒檜山もやはり雪が少ないですね。
来年はぜひ、しっかり雪のある頃にお越しくださいませ。
また、違った顔を見せることと思います。

こんばんは☆

季節は春になりましたが、遠く見える蔵王の山々も
まだまだ雪に包まれています。

過ぎた冬を想うと、雪の白さが恋しくなります。
無いものねだりになってしまうのですが… ^ ^;

雪に包まれた白い世界。
また冬に戻ったようで、澄んだ空気の冷たさを
感じられるようでした ^ ^

山頂からの眺めは今回もとっても美しいですね♪
霧氷も青空にその白さが映えて、とっても綺麗に見えます☆

2人の姫の悲しい物語。
山々の歴史の奥深さ、神秘さを知ることができます。

今回も素晴らしい山の風景。
いつも素敵なお写真たちをありがとうございます ^ ^

どうなんでしょう?

obtusaさん、こんばんわ

コメントありがとうございます。

やはり雪は少ない方でしょうか?
2年前の同じぐらいの時期に地蔵岳へ登った時も
同じぐらいの雪の量だったので『こんなものかなぁ?』と思っていました。

もし、また赤城山へ行く時は、花の時期に行ってみたいですね。
混雑しているでしょうけど、覚満淵を歩いてみたいです。(^-^)

冬に行くなら山に登った後、ワカサギ釣りもやってみたいです。
まだ一度もやった事が無いですし、大沼の上を歩いてみたいです。

あと、以前obtusaさんにオススメされた輪山一周もやってみたいです。

さて、上毛三山では赤城山、妙義山の最高峰は登らせて頂いたので
今度は、まだ一度も行っていない榛名山を目指したいと思います。

赤城山は、名山でした。

らすかるさん、こんばんわ

コメントありがとうございます。

日本百名山と言われる山は、50年以上前に小説家であり登山家の
深田久弥(ふかだ きゅうや)氏が選んだ100の名山になります。

その選ぶ基準は3つありますが、その中の一つに『山の歴史』とあります。
美しい山容は昔から人々の憧れであり、また人々の集う山だったんでしょうね。
故に、伝説や民話などの昔話が多く存在しています。

もちろん蔵王山や磐梯山も日本百名山なので、色々な物語があるでしょう。(^-^)

雪のある白い山は、やっぱり魅力的でした。
次回は、春の山をご紹介しますので、ぜひご覧ください。m(__)m
プロフィール

オニオン/

Author:オニオン/
【ステータス】
登山歴5年
・登山クラス:一般ハイカー
・Lv.20 堕落したハイカー
→もはや観光ハイカーになってしまった・・・
・経験値(登った山数) 201
・アルプス(縦走) 3
・スキル(習得した知識) 41
・満足度(トータル)1075
→満足度10000達成で何かが起きる!?

【進行中ミッション】
1.全国の山に登ってみよ~!(12/47)
青森県-岩木山
秋田県-秋田駒ケ岳
徳島県-剣山
東京都-雲取山
神奈川県-蛭ヶ岳
岩手県-岩手山
栃木県-日光白根山
茨城県-八溝山
宮城県-蔵王 屏風岳
埼玉県-三宝山
高知県-三嶺
福島県-燧ケ岳

2.日本のアルプスを歩いてみよう!(3/X)
栃木県-宇都宮アルプス
埼玉県-長瀞アルプス
兵庫県-須磨アルプス


にほんブログ村

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。